楽して稼ぐ怠け者倶楽部

怠け者倶楽部 > <19>サラリーマンのままでいいのか?

タカダ・サンタマリア


アジア・太平洋地域の
怠け者界を代表する男。
タカダ・サンタマリア

詳しいプロフィール

利用上の注意

当サイトは怠け者専用。


働き者の方、真面目な人は
これまでの価値観との矛盾に悩む、
強い不快感を感じる、
真剣に生きているのが
バカバカしくなるといった
問題が生じるので、
速やかに退出することを
お勧めしておく。


それでも怠け者の世界を
垣間見たいなら、
まずはここからどうぞ

【怠け者完全バイブル】


正社員の同年代よりも稼ぎ、
苦労や努力はしない。


そんな生活を送るための
具体的な方法を伝授。


今なら無料公開中


バイブル入手はこちらから

人気記事

人気ブログランキング
3冠達成!

■カテゴリー

<楽して稼ぐために何をすればいいか?>

×だめノウハウ

いまいちノウハウ

まあまあノウハウ

そこそこ優良ノウハウ

☆☆☆怠け者倶楽部一押しノウハウ


※最高評価の一押しノウハウを見る時は要注意。

楽して稼げることがわかってしまうので、
まともにサラリーマンやバイトをする気力が
なくなってしまう恐れがあるので。

職場の人間関係の対処法が発展し過ぎ

仕事のストレスで職場の人間関係って大きな要素とは聞くけど、対処法が色々考案されすぎ。何かのニュースサイトに取り上げられてるのがきっかけで見てみたけど、どれだけ問題が多いのか。

いや、分かるよ。人間関係って、ある意味で最大のストレス源なわけだから。職場なんて、世代も性別も考え方も違うわけだし、しかも利害関係とか色々絡んでるし。

ただ、それだけの問題に対して、対処法が発達しているようで、あまり有効ではないような。「相手を避けると気まずくなっていくので、ちょっとした挨拶でもいいので声をかけましょう」とか、子供じゃないんだから。

そもそも論として、職場の人間関係への対処法が、その仕事を続ける前提になってること自体、どうなのかと思う。いっそのこと、退職するというのが根本療法だと思うんだけど。

あくまで職場にとどまって、その上で人間関係を改善するための対処法を求めるって、酒を飲みまくりながら肝臓をいたわるような発想じゃないかと。いくら何でも、無理がある気がする。ウコン飲むより、まずはアルコールを断たないと。

オイラがストレスフリーな生活を送れる大きな原因って、やっぱり仕事の面が大きい。職場なんてないし、人間関係も関係ない。小手先の対処法を考えるより、悩みの種を根本からなくしちゃうほうが、実は簡単なんじゃないかと思う。

下手すると、職場の人間関係が原因で体壊す人もいるぐらいだし。そうなると、何のための人生なのか分からなくなっちゃうからね。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



フレックス勤務がしんどいという話

友人がフレックス勤務の会社で働いているんだけど、自由がきいて快適などころか、むしろ辛いらしい。決まった時間に働かされる方がしんどそうだけど。

話を聞いてると、フレックス勤務の中でも皆が働く時間は決まってて、名目上はこの時間に会議や業務連絡を行うことになってるらしい。ただ、それ以外の時間にも人に話を聞かなきゃいけなかったり、判断を待ったりしなきゃいけないこともあるという話。

その結果として、誰かが勝手な時間に働いてると迷惑をこうむることになるらしい。たしかに、フレックス勤務だと足並み揃えてスタートじゃないわけだから、そういうことにもなるんだろうね。

サラリーマンとかやってると、そういう面倒な問題も多く出てくるんだろうな〜。フレックス勤務じゃなければ、人が多くて車内がゴチャゴチャしてるとか、通勤電車が混んでるとか、歯医者に行きたいのに勤務中でいけないとか、色々な問題があるだろうし。

結局、フレックス勤務アドセンス・ヘルパーからしんどいというよりは、勤務体制がどうであっても辛いような気がする。ちなみに、オイラは最初、フレックス勤務って夜中に仕事したりするのかと思ってたけど、ローテーションとは違うということに、その時初めて気がついた。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



腹芸をしているサラリーマン

てっきり腹芸って昭和の時代の風習とか、漫画の世界の出来事かと思ってたんだけど、まさかの実在を発見してしまった。

そこはチェーン系の居酒屋じゃなくて、個人経営の居酒屋なんだけど、座敷席がふすまで仕切れるようになってる。だから、そこを閉めれば周りとは遮断されるわけだけど、ふすま開けっ放しで40代後半ぐらいの小太りのサラリーマンが腹芸をしてた。

居酒屋に来る前に書いていたのか、人の顔が書かれた体を波打たせているんだけど、部下らしきサラリーマンの苦笑いぶりが(笑)。さすがにオジサンの体を見せられても嬉しくないだろうし、かと言って邪険にもできないという複雑さが痛々しい。

皆スーツを着てたから、きっと会社帰りで来てたはずなんだけど、もしかして出勤前にあの落書きはしていたのだろうか。夜の飲み会で腹芸をするために、スーツの下に落書きをして満員電車に揺られて、そのまま1日仕事をしてたんだとしたら、かなりシュールだと思うんだけど。

それだけのした準備をしていたかもしれないと考えると、あのオジサンなりの部下への気遣いなのかな。いや、気遣いで腹芸はやらないか。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



サラリーマンが節約って悲しくない?

サラリーマンって自由がないわけだし、せめて安定とかそこそこの給料が売りのはずなのに、節約しなきゃ生活ができないって何なんだろう?

平均給与が下がってるとか、昇進しづらいとか、リストラが当たり前になったとかあるけど、だからってサラリーマンが楽になってるわけでもないし。なのに収入が減って節約しなきゃいけないのに、何でサラリーマンを続けるんだろう。

もちろん、昔のサラリーマンだって節約はしてただろうし、子供とかいれば普通のコトなんだろうけど、独身のサラリーマンが節約しなきゃお金が残らないって、もう人に雇われてる意味がないと思う。

お金がすべてじゃないとか言うけど、サラリーマンやってて楽しいって言ってる人がどれだけいるんだろう?オイラの周りを見ても、ほとんど見当たらないけど。

サラリーマンとしてストレスに耐えながらお金をもらって、節約してどうにか暮らしていくのと、楽して収入を得てお金が自然に余る生活を送るのとどっちがいいんだろう?どう見ても答えは決まってるようなんだけど、学生は就活するし、就職してサラリーマンになれば現状維持するのが不思議だよな〜。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



新入社員のうちに辞めることを決めたら

会社に入って間もない新入社員の段階で辞めることを決意したのなら、あるいは退職したいと感じたのであれば、まずやっておきたいことがある。それは収入を確保するための副業と、サラリーマンのうちじゃないと作りづらいクレジットカード。

まずは副業だけど、要は会社を辞める前に稼げるようになっておけば、わざわざ転職したりしなくて済む。新入社員がすぐに辞めるというのは、どの企業にとっても悩みの種。当然、経歴を見て就職してから退職までの期間が短いと、敬遠されてしまう。

そんな中で転職活動をするぐらいなら、最初からサラリーマンとして少ない給料を得る道を断念したほうが賢い。実際、ネットで稼ぐのであれば、新入社員の年齢でも役員とか社長レベルで稼ぐこともできるし。会社を辞めるのなら、収入源は確保しておきたいところ。

退職後の方が時間は取れるけど、会社を辞める前の方が精神的なゆとりはある。副業で稼げなくても給料は入ってくるんだから。新入社員のうちはなおさら安月給だろうけど、0ではないわけだから。

こうして副業で少しでも稼げるようになってれば、後は辞めた後に稼ぎを大きくするだけだから、簡単になる。

もう一つのクレジットカードは、単純にサラリーマンじゃないと作りづらいから。無職にしても、自営業にしても審査に通りづらいので、新入社員でも何でもいいので、会社を辞める前に作っておくことは必須。これは買い物だけではなくて、今後様々な場面で役立つ。

たとえば、楽天カード だと、無料なのに旅行保険は付いてくるし、買い物に使えば楽天ポイントも付く。クレジットカードがないと海外とか行った時にホテルに泊まれないこともある。ネット通販でも必須になるし。そういう意味で、年会費とか初期費用無料のクレジットカードを1枚は持っておきたいところ。

会社を辞めた後だと、驚くほど審査が通りづらくなるので、面倒くさがらずに退職前に手続きをしておいたほうがいい。どうせ大して面倒でもないから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



会社員になるには人生を捨てること

会社員になるには、まず最初にやらなきゃいけないことがある。余計な希望とか理想を捨てて、他人の飼い犬のように生きる決意を固めること。人にぶらさがってるだけで、自分の能力なんて存在しない状態でおこぼれをもらってると思わないと、まともにやっていけない。

実力主義の評価の会社が増えてるとか言うけど、そんな話が出てくること自体、いかに日本の会社が実力主義じゃないかを物語ってる。会社員になるには、そうした理不尽を受け入れなければ話にならない。

頑張ったから給料やボーナスを増やせとか、雇用を守れとか、人に給料を恵んでもらってる身で言うことじゃない。だって、雇う側としては誰だっていいんだから。本当は手のかかるサラリーマンより、機械に仕事を任せたいと思ってる経営者もいるわけで、会社員になるのなら余計な我を捨てる必要がある。

日本人じゃなくても出来る仕事なら、そもそも外国人に任せた方が人件費も安くなるんだし、そんな中で日本人が会社員になるには多少の理不尽とか、そんなことに不平不満を漏らしてられない。だって、東南アジアの人に比べれば、何倍も給料もらってるんだから。安月給のつもりでも、世界的に見たら高すぎる人件費なのに文句を言ってるのはおかしいというのが、経営者側の視点。

オイラはと言えば、そんな会社員になるのは無理なので、早々に断念した。結果として、サラリーマン人生とは無縁に暮らしてるけど、別に幸せに暮らしてる。収入多いしね、会社員よりも。

フリーターとか派遣社員が定着して、会社員になるには厳しい時代だけど、わざわざそんな道を選ばなければ簡単に稼げる方法もあるわけだし、個人でやってく方が妥当だと思うんだけどね。まあ、会社の後ろ盾がほしいとか、世間体とかを気にするのなら、会社員になるしかないだろうから、仕方ないけど。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



退職を後悔する日は来るのか?

会社を辞めるということは、同僚達と別の行動を取るということなので不安に感じることは多いと思う。退職を後悔しそうだから、何となく残っているということもあるんだろうし。

実際、会社を辞めないように説得する上司や家族から、「退職すれば後悔するんじゃないか」と言われることもある。でも、これはそもそもフェアじゃない。

たしかに退職を後悔する可能性はある。でも、会社に残れば順風満帆な人生が待っているわけでもない。一方のリスクだけをクローズアップするのは、あまりにも浅はかなだましにすぎないんじゃないか。

個人的には辞めたいのに会社を退職せずに年を取って、にっちもさっちも行かなくなってから後悔することの方が怖いと思う。

どんな道を選んでも、多かれ少なかれ後悔はあるし、人と違う道を選ぶ時には心細さもあるはず。でも、実際にその道に進んでみると、どうってことないんだけどね。少数派だとしても、世の中には実は多くの人がそっちの道にもいたりするわけだから。

退職を後悔するリスクを恐れて会社にしがみついたとして、その選択を後悔しない保障はない。皆と同じ方向に進めば、世の中の変化にはついていけないわけだし、これからの時代には生き残れない可能性もある。何より、そんな人任せの生活が楽しいのかどうか。

後悔も何も、人生なんて選択の連続なんだから良いと思う方向に進んだらいい。別に失敗したって死ぬわけじゃないし、何もしなくても寿命が訪れるんだから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



副業で稼げない会社員って残念

会社員をやってるだけで副業もしていない、もしくは稼げていないって相当残念な能力だと思う。ここで言いたいのは、会社の就業規則で禁止されてるからできない、という意味じゃなくて、本人の能力の問題。こっそり稼いでれば、どうせばれないんだから。

空いた時間にアルバイトをするとか、やたら単価の安い内職(ジョブチャンネルとかでSOHOとして安い仕事をする場合も含む)をするぐらいの副業しかできない会社員なんて、明らかに何の能力も見に付いていない証拠。自分で稼ぐ能力がないから企業に依存して給料をもらってるのが、副業の結果に反映されてる。

それなりに会社員として経験を積んでいるのであれば、副業をする時にも能力を活かして効率良く稼げるはず。それができないということは、それまでのサラリーマン人生なんて大した意味を持っていないということ。

そもそも会社員は自分で稼ぐための能力を磨いてるわけじゃないし、給料を餌にして都合よく働く駒として教育されてるだけなわけだから、これは当然といえば当然。ただ、そんな状況で変にプライドとか持ってると、もう目も当てられないんだけど。

副業は人に雇われないで自力で稼ぐこと。これができない会社員は他人にしっぽを振って一生生きていくしかない。誰かに雇われるっているのは、結局そういうことなんだから。今は多少恵まれた境遇にいたとしても、一寸先はどうなることか。

まともに会社員が務まるだけの忍耐力があるなら、ネットを使って副業で稼ぐのなんて簡単。結果が出るまでの期間も短いし、会社員として稼ぐよりも副業の方がはるかに楽にお金を得られる。

ただ、人からお金をもらうことしか知らない人にとっては、自分で稼ぐこと自体が信じられないのかも知れない。だからこそ、会社員をいきなり辞めるのは難しいだろうから、まずは副業から始めてみたらいいと思う。そうすれば、安月給なんかで雇われ人をするバカバカしさがよく分かるから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



新入社員の悩みはチャンスの兆候?

会社になじみきっていない新入社員は悩みを抱えやすい。サラリーマンとしての生活は経営者に都合の良い習慣によって成り立ってるわけだから、厳しく感じるのは当然の話。

むしろ問題なのは悩みがなくなってしまうこと。新入社員の頃に必死に環境に順応していった結果、サラリーマンであることに疑問すら持たなくなる人もいる。これは会社で周りを見てみれば分かるだろうけど。

その結果、長時間の労働をして安月給しか稼げてないにも関わらず、自分の仕事やポジションにムダなプライドを持ってる人も。こんなの会社側が作った仕組みにはまってる残念極まりない人なんだけどね。新入社員が悩みを持つのは、そんな会社組織に染まってないから、当たり前の疑問や反発を感じるから。むしろ健全なことなんだよね。

せっかく入った会社をいきなり辞めるのはもったいなく感じるかもしれないけど、長い人生を会社に支配されて暮らすぐらいなら、新入社員のうちに見切りを付けるのがベストだと思う。とは言え、いきなりそんなことを言っても悩みの種になるだけだろうから、まずは副業でもやったらいいんじゃないかな。

オイラのやってるようなネットの稼ぎ方は、時間がかからないから副業でもできるし、指導役の先輩の給料なんて簡単に越えられるはず。新入社員でありながら、その部署のトップとか役員のレベルの収入も十分に実現できる。そうすると、仕事の悩みがいかにムラ社会の問題で、ささいであるかが分かるはず。

会社なんて閉じた組織の中だけに自分の居場所を求めてしまえば、悩みの尽きない生活になる。でも、実はその外にも世界は広がってる。せっかくサラリーマンに染まってない新入社員のうちに、疑問や不満を忘れずに行動しておいたら、偉そうな上司や先輩なんて足元にも及ばない収入と時間的な余裕を得られる。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



ハローワークに行けば貧乏に

求人情報を探しにハローワークに行くなんて完全に間違ってる。はっきり言って、そんなことしてたら一生貧乏になるから。

ハローワークには企業はただで求人情報を出せる。と言うことは、有料の求人サイト(リクナビとか)に出稿できない企業がハローワークに群がることになる。要するに、お金はないけど人は欲しい会社。

その実態がどんなものか想像してほしい。人を募集しているということは、景気が良くて人材不足なのか、単純に定着率が悪いのか。前者ならハローワーク頼みなわけはないので、必然的に後者になる。

定着率が悪くてお金のない会社、それを世間ではブラックと呼ぶことが多いわけだけど、そんな企業に再就職したところで、何の夢があるのか理解出来ない。ハローワークの職員だって、問題のある会社だと知りながら紹介しているんだし。

そもそもハローワークで求人情報を探すって、ある意味旧世代の転職先探し。ネットが使えないから、昔なじみのハローワーク(職安)にでも行けば、仕事が見つかるだろうという発想。こんなところに企業だって期待しないけど、それでも人を募集しなければならない事情があるということ。

はっきり言えばハローワークで良い仕事を見つけられる可能性なんて絶望的に低い。どうせまた辞める仕事を探すぐらいなら、失業保険をもらえるうちに自分で稼げるようになる方が、この先の人生でプラスになる。

まともな企業に就職するぐらいの努力をすれば、そもそも正社員の給料ぐらいはネットで稼げるようになる。それをしないで、ハローワークに紹介されたブラック企業に就職して文句を言っても、人生をムダにしてることにしかならない。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



単純労働に待ち受ける残酷な未来

工場で流れ作業とか、コンビニの店員とか、単純労働をしている人には残念だけどまともな未来は待っていない。この理由は簡単。

単純労働の多くは安い外国人労働者でも行えたり、個人に破格の値段で外注できたり、パソコンが代わりにやってくれたりする。

グローバル化とかIT化とか言っても、実際にはゆるやかにしか世の中は変わってない。だから工場でのバイトやパートがいまだに存在するし、総務や経理の中でも単純労働に近い作業を正社員が行ってる。

でも、ゆっくりだけど企業も海外に移転したり、業務の一部を人件費の安い東南アジア等に委託するようになってる。それは、日本人の10分の1の金額で働いてくれるなら、わざわざ単純労働しかできない人に仕事をあげる理由はなくなる。

コンビニの店員とかも、接客業としてのスペシャリストにでもならないかぎり、存在する意味がない。実際に外国人の店員でも成り立ってるし、感じの悪い店員より自販機の方が気分いいし。

自分で稼ぐ力がなくて、人に雇われるしか選択肢がないのに単純労働をしているということは、はっきり言えば代わりが日本中、さらに世界中にいるということ。あなたである必要なんてどこにもない。

単純労働を続けるとすれば、職を失うという末路をたどるか、報酬がどんどん下がるという危機に瀕するか、どちらか。これは不当なわけでも何でもなくて、当たり前の話。

だって、誰でもできる単純労働程度の作業しかできないのなら、毎日の食事にも困っている国の国民と同程度の生活水準になっても文句は言えない。その程度の能力なのに、住む部屋があったりご飯に困らない方がおかしい。

たまたま日本に生まれたから、単純労働でもそれなりの生活はできてるけど、未来は約束されてない。むしろ、時間の経過と共にジリ貧になっていくだけだから、早めに方向転換しておかないとまずい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



就活で祈られるのはチャンス?

就活をしていて祈られてしまう、要するに内定が取れずに落とされてしまうのはストレスだろうけど、冷静に状況を見渡してみると、本当に悲劇なのだろうか?

たとえ就活で祈られることなく就職できたところで、何が待っているんだろう?

生涯収入は2億円を切っているし、リストラの問題もある。就職先はブラック企業かもしれなければ、社内ではパワハラが横行しているかもしれない。

極端に不幸な会社に入ることはなくても、順当に行けば安月給のためにこき使われることになる。わざわざ就活で激しい競争をしているヒマがあったら、卒業までに自分で稼げるようになる方が楽だと思うんだけど。

勝手に今後のことを祈られるのは不愉快だろうけど、そんなレベルじゃないストレスが会社に入れば毎日のようにのしかかってくるんだし、そこに希望を見出していることの方が不思議。むしろ不幸なサラリーマンの未来でも就活する側から祈ってあげて、自分は採用担当の給料なんて超えた金額を個人で稼げばいい。

大きくビジネスをするのは難しい。でも、個人が年収1千万とかを稼ぐのは簡単な時代になってる。就活で祈られたのなら、ろくでもないサラリーマン人生をうっかりスタートさせなくて良かったと思ったほうがいいのかも知れない。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



対面営業なんて早く卒業したら?

家を戸別訪問したり、企業の担当者や代表者を相手に、わざわざ対面営業をしている人もサラリーマンには多いけど、なんでこんな非効率な仕事をしてるんだろう?だから給料が安いことに気づかないのかな?

特別に単価の高い案件ならともかく、1件数万円の売上にしかない商品を対面で営業したって、一日で行えるアプローチの数なんて限界があるし、断られたり嫌な顔をされたりして、ストレスも溜まるはず。

それなら、ネットを使ってメールで働きかけるとか、サイトやソーシャルメディアで教育するとか、色々な方法があるのに、わざわざ対面営業しなくても。

もちろん、ネットを活用しきれていない層もあるわけだから、対面営業が効果を持つ部分もあるのは認める。ただ、そんな非効率な仕事を自分がやってて、未来があるのかどうか、この点が問題。

効率の悪い部署に割り当てたのは人事の責任だとしても、要らない人材だと判断されることはあるわけだし、そのための対策は必要。何しろ、会社からの評価で運命が決まるのがサラリーマンなんだし。

対面営業に当てられた段階で、一日も早く未来のありそうな部署への異動のチャンスをうかがうか、そもそもサラリーマンを辞めた方が無難だと思う。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



離職の早い新入社員は見込みがある

会社に入ってすぐに離職する新入社員は我慢が足りないとか、社会が分かっていないとか非難されることが多いけど、実際のところは早々に退職する方が人生をトータルで見ると成功する可能性が高い。

会社の歯車になって働いたところで、どのみち幸せになれる可能性は低いのだから、その路線からドロップアウトするタイミングは早いほうがいいに決まっている。その意味では、離職という決断をした新入社員は可能性があると思う。

むしろ、大したスキルもつかずにいい年になるまで働いて、たかがリストラぐらいで路頭に迷う中年サラリーマンの方がはるかに悲惨。中途半端なプライドを持っていても、結局は何の価値もないことを離職してから思い知らされるんだから。

新入社員が離職する理由は、必ずしも前向きなものじゃないと思う。でも、それも含めて会社は早く辞めたほうがいい。会社の都合の良い方向に洗脳されるだけだし、結局得るものなんてたかが知れてるんだから。

東証1部に上場するような会社の役員になったところで、年収なんて数千万円レベルだったりする。ネットビジネスで成功している人なら、下手したら10代で稼いでしまう額を、激しい競争に勝ち残って(ほとんど期待できない確率で)勝ち取ろうとするよりも、見切りを付けて離職していく新入社員の方が、はるかに賢明な選択をしているはず。

まあ、社会のはみ出し者の方が意外に稼いでいたりするのが社会の常なので、右へならえで稼げていない人達のたわ言には、新入社員の人達は耳を傾けないでもらいたい。どうせ彼らも負け犬なんだから。離職したいと思ったら、さっさと離職して人生設計を改めてやった方がいい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



ブラック企業でも勤め続ける理由とは?

もうすっかりブラック企業なんていう言葉も定着したけど、何でそんな会社に勤め続けるのか疑問を持っている人も多いらしい。ネットを見てたら、そんな特集を組んでるサイトもあったし。

ただ、コレって不思議なことじゃないんだよね。だって、サラリーマンってブラック企業に勤めてなくても、ある程度の理不尽にさらされるのが当然なわけだし。

たとえば、サービス残業なんて違法なんだし、どう考えてもおかしいわけだけど、それを無視して働く。ブラック企業も程度の問題なので、それがひどくなっていっても、すぐに辞めるという発想がないのは、サラリーマンとしての当然の性質でもあると思う。

逆に言えば、ブラック企業に入ったらすぐに辞表を出すものだろうと思ってる人は、サラリーマンの特質を分かっていないのではないかと思う。

会社に飼い慣らされて惰性で生きていくのは辛いんだろうけど、現状を変えるには一時的にパワーがいるから、結局積極的な変化を望むよりも、昨日と同じ今日を望んでしまう。この心理は「今」に納得してない人すべてに言えることで、ことさらにブラック企業から抜けられない人だけが特殊なわけじゃない。

ブラック企業で働いたことがないから実態は分からないけど、必要なら人を辞めさせない仕組みも作ってるんだろうし、簡単にやめられないのは当然だと思う。それは普通のサラリーマンと同じなんじゃないのかな?

ブラック企業を辞めない理由を不思議がっているサラリーマンも、結局は同じような環境にいることに気づいたら、どう行動するんだろう?




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



サラリーマンの家庭に育つ子供の悲劇

日本人の大部分はサラリーマンか主婦だから、家庭環境として両親かその一方が会社員ということは多い。人数的に多数派になるのであまり問題にならないけど、これはかなり残念なこと。

何しろ、両親から学ぼうと思ったところで、お金持ちになる方法や稼ぐ方法を学び取れない。家庭にサラリーマンしかいないのだから、貧乏になるか中流にとどまるか、という選択肢しか学べない。

あえて両親から勉強しようと思う子供は少ないはずなので、実際にはサラリーマン家庭に育つ過程で、親に近い考え方をすりこまれてしまう。結果として、お金に縁のない考え方や価値観を知らず知らずのうちに叩きこまれてしまう。

サラリーマンや公務員の家庭に育った場合、お金の問題から自由になろうとした時に直面する問題として、両親の教育から解放されなくてはならないということがある。子供の頃から受けてきた教育をくつがえすのは、案外難しい。

何しろ、潜在意識のレベルですり込まれているので、自分でもそんな意識はないのに、価値観を作られてしまっていたりする。そう考えると、この問題は根深い。

自分がサラリーマンとして生きていくのは勝手だけど、家庭にかえって子供の教育をしようとした時に、その教えのほとんどが役にたたないどころか、しょせんは自分でお金を稼げない人間の片寄った物の見方を押し付けるという害悪でしかないということを考えておかなくてはならない。

サラリーマン家庭に育った子供がお金を稼げるようになるには、親の教えを乗り越えて行く必要がある。はっきり言って邪魔をしているのだから、偉そうに親ぶったところで、はた迷惑なだけということ。

子供の教育は難しいし、親が知らないことは教えられない。残念だけど、サラリーマンとしてお金を得る方法しか知らない家庭での教育なんて、たかが知れてしまう。

誰に責任があるわけでもないけど、家庭環境によって子供は大きな影響を受けるというのは厳然たる事実であることを忘れないでほしい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



サラリーマンとして最善を尽くす虚しさ

直属の上司はもちろん、役員以外では出世株とされている先輩ですら安月給だと友人が嘆いていた。せいぜい年収500万円代らしい。下っ端はその半分程度。

最善を尽くして仕事を行い、社内でもトップクラスの出世をしたところで、たかが年収500万円。こうなると、上を目指したところで金銭的には何の意味もない。何しろ、会社での仕事を適当に切り上げて副業をした方が効率が良いし、時給換算して考えてみれば、そもそもその会社でサラリーマンをやる意味もない。

もしオイラなら、すぐにその会社を辞めると思う。理屈で考えるより先に、感情的に退職してしまいそう。それが最善とは思わないので、人には勧めないけど。

現実的に考えると、その会社内で努力するのではなくて、もっと効率よく稼げるように最善を尽くすべき。そうじゃないと、いつまでたっても安い時給で労働することになる。

社内では安い給料も当然とされているわけだから、疑問を持たないのが普通だと思う。でも、その環境を気に入っているわけでなければ、そんなことは言い訳にならないし、いくらノルマやプレッシャーで頑張ったところで、最善を尽くしているとは言えない。ただ背中をせっつかれているだけ。

サラリーマンを続けるだけ、新卒で入社した会社を辞めずに定年まで勤め上げるだけの選択が最善だった時代はとっくに終わった。わざわざ力のない会社に勤めても、未来なんてない。

その場で最善を尽くして無意味な満足感にひたるよりも、長期的な目線に立って稼ぐ力を身に付けないと、株主や経営者においしい思いをさせるだけで、誰のための最善だか分からない結果になってしまう。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



宗教のような社内教育に気をつけろ

会社に入ると社内教育が行われるわけだけど、ここで教わる知識は偏ったもの。だって会社の手足として安い給料で働き続けることを正当化するためのものなんだから。

上司の言うことを聞いたところで、お金持ちにはなりえないし、多くの場合は幸せにもなれない。でも盲目的に従わせようとするのが社内教育。なかば宗教的な洗脳に近い。

サラリーマンの友人と話していても、本人は洗脳されてるつもりがなくても、サラリーマンとしての生き方や社内で当然とされている常識に染められているのを感じる。

会社に勤めていれば、それは避けようがない部分があるのは分かる。だって、そうじゃなきゃサラリーマンなんて務まらないだろうし、社内で浮いてしまって仕方ないだろうから。

でも、あくまで社内教育で叩き込まれることは、会社内で上手く渡り歩くものだということを意識しないと、人生観とかまで変えられてしまう。何しろ、起きている時間の大部分を仕事で使うわけだから、繰り返しの教育の効果は高い。

ここで言う社内教育は新入社員向けのセミナーとか研修とか、そうしたものに限ったものじゃない。社内に漂う空気であったり、暗黙の了解、使われている言葉なども含めたもの。つまり、会社に勤めているために受け取る影響の全てを指すと考えてほしい。

自由になることを考えれば、必然的に社内教育に反する思考や行動をしなきゃいけない。社内教育は会社に忠実なサラリーマンを作り出すために存在するのであって、個人としての幸せや所得の向上になんて配慮してないんだから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



サラリーマンがアルバイトをするのは無残過ぎる

副業としてアルバイトをするサラリーマンがいるけど、これは2つの方法で悲惨。

まず一つ目の理由としては、アルバイトの大部分は能力を必要としないので、そんな副業しかできない時点でサラリーマンとしての能力もたかがしれているという点。

やり手のサラリーマンならアルバイトなんてしなくても、もっと効率的な副業をすることができる。


アルバイトを副業にするサラリーマンが無残である2つ目の理由は、選択能力が低すぎること。

いくらアルバイトをしたところで、そんなものは時間を切り売りしてるだけ。いつまでたっても働き続けなきゃお金にならない。わざわざサラリーマンをしてるのに、プラスでアルバイトをするなんて何がしたいのか分からない。

普通に考えればネットで稼ぐ方が楽だし、短時間で稼げる。すでにサラリーマンをやってるなら、そこからの給料をセーフティーネットにして、ネットで稼ぐ方法を試すほうが賢い。

それなのに、わざわざ旧態依然としたアルバイトをする神経が分からない。たまたまネットで稼げることを知らなかっただけなのかもしれないけど、それは情報収集能力が足りないということだし、社会で生きていく上で大きな問題。

アルバイトなんて何の能力もない高校生とかにやらせればいいわけで、仮にも社会に出てサラリーマンになった人が行なってどうするんだろうと思う。

そんなことよりも、二度とアルバイトなんてしないことを決意して、もっと効率の良い稼ぎ方を身につけることに集中した方がいいのに。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



退職金の期待ができないサラリーマンの行く末

サラリーマンなら退職金をもらえるのがメリットの一つだと思うけど、勤続年数が短いともらえなかったり、金額が少なかったりするので、おいしい話と言えないケースも多くなってしまっている。

昔なら定年退職の時の退職金が数千万円になるサラリーマンや公務員も多かったらしいけど、今の現役サラリーマンのほとんどは、そんな金額を夢のまた夢に感じているはず。

しかも年金も下がっていったり、もらえなかったりするわけだから、サラリーマンを終えてからの老後なんてろくなものじゃないのは明白。退職金は期待できないし、年金もダメ。何だか踏んだり蹴ったりのようにも見える。

でも、解決策は驚くほど簡単。サラリーマンを辞めて退職金なんて最初から期待しないでおけばいい。自分で稼ぐのだって、ネットを使えば楽だし、会いたくなければ人に会う必要もない。

圧倒的に楽して稼げるのに、今だにサラリーマンにこだわる理由が分からない。退職金なんて未来のお金に期待を持つよりも、今稼ぐ方が簡単で現実的なのに。

目の前のお金の方が、未来のお金よりも価値は高い。投資しておけば増えていくし、貯金するだけでも利息がつくんだから。そう考えれば、退職金のためにサラリーマンを続けるより、今の稼ぎを増やすことに集中した方が合理的な行動なんじゃないかな。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



« 前のカテゴリ  |  次のカテゴリ »
 
外貨MMF