楽して稼ぐ怠け者倶楽部

怠け者倶楽部 > <17>アンチ苦労

タカダ・サンタマリア


アジア・太平洋地域の
怠け者界を代表する男。
タカダ・サンタマリア

詳しいプロフィール

利用上の注意

当サイトは怠け者専用。


働き者の方、真面目な人は
これまでの価値観との矛盾に悩む、
強い不快感を感じる、
真剣に生きているのが
バカバカしくなるといった
問題が生じるので、
速やかに退出することを
お勧めしておく。


それでも怠け者の世界を
垣間見たいなら、
まずはここからどうぞ

【怠け者完全バイブル】


正社員の同年代よりも稼ぎ、
苦労や努力はしない。


そんな生活を送るための
具体的な方法を伝授。


今なら無料公開中


バイブル入手はこちらから

人気記事

人気ブログランキング
3冠達成!

■カテゴリー

<楽して稼ぐために何をすればいいか?>

×だめノウハウ

いまいちノウハウ

まあまあノウハウ

そこそこ優良ノウハウ

☆☆☆怠け者倶楽部一押しノウハウ


※最高評価の一押しノウハウを見る時は要注意。

楽して稼げることがわかってしまうので、
まともにサラリーマンやバイトをする気力が
なくなってしまう恐れがあるので。

稼ぎ方について考える

お金の稼ぎ方というと、バイトをするとか、正社員になるとか、自分で稼ぐとか、その辺がメジャーだと思う。あとは経営者になるとか。さすがに経営者になるのは難易度が高すぎるので無視するけど、それ以外の方法ならどれが効率良く稼げるかを考えてみようと思う。

まずバイトだけど、正社員に比べたら気楽な反面、将来性はない。30代とかになったら厳しくなってくるだろうし、そのへんのプレッシャーはある。年下の上司に頭を下げなきゃいけないし、何より時給が安い。

次に正社員だけど、バイトに比べれば将来性はあるし、収入も高くなる。まあ、若いうちはバイトと変わらないとか、ブラックな会社だとサービス残業が長くて時給計算するとバイト以下のこともあるみたいだけど。

自分で稼ぐというのは、どういう手法を使うかによっても変わってくるけど、軌道に乗っちゃえば圧倒的に楽。労働と呼べるようなことはしないという方法もあるし、月に数百万円とかを真剣に目指すという選択肢もあるので、将来性もある。

オイラは汗水たらして働いて、自分の収入を限界まで高めようという気持ちがないので、そこそこの稼ぎが入ってくればいいと思ってる。その時に重要なのは、いかにして楽して稼ぐか。これを追求した結果として、バイトよりも確実に楽なポジションを得ることができた。

何となくバイトや正社員を選択肢にする人がほとんどだけど、その選択肢を見なおしてみれば人生を大きく変わる可能性があるということは知っておいてもいいんじゃないかな。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



年末年始の郵便局のアルバイトの当たり外れの激しさ

年賀状の関係で、年末年始には郵便局が大量にアルバイトを募集してる。実は、オイラも高校の頃にやってみたことがあるんだけど、とにかくひどかった。

元々が年賀状要員としてアルバイトを募集しているぐらいなので、年末年始に休むことは厳禁。もちろん、雪が降っても。郵便局としても、1年で一番過敏になってる時期らしい。

で、前の年に郵便局でアルバイトした友達の話では、ノルマがゆるいから途中で自宅に寄って時間潰して、それから郵便局に戻れば大丈夫という話だった。別に人に接するわけでもないし、すごく楽な仕事だったと。

オイラが郵便局でアルバイトをした年って、雨は降るし、雪は降るし(すぐに雨に変わったけど)、とにかく寒くて仕方なかった。しかも、ノルマが全然ゆるくない。毎年、年末年始になれば同じ状況なわけだし、郵便局も採用状況が大きく変わるわけじゃないと思うんだけど・・・

結局、途中で家に寄って一息つくどころか、年末年始の寒空の下で、自転車で動きまわってようやく終わる量だった。手袋してるのに手の指先とかかじかんでるし、当時はちょっと真面目だったので、途中でバックレるわけでもなく、最後までやり通してしまった。

こういう経験をしたら、年末年始の郵便局のアルバイトのリスクが分かった。前の年に仕事をした友達は、楽だったから別の年にまた働くかもしれない。でも、オイラ達のように雨や雪で体がコチコチになった経験を持つと、翌年も働こうとは思わない。

ある意味、辛い思いをした年のアルバイトは消耗品のようなもので、楽だった年のアルバイトはリピーターの候補。そう考えると、使い捨て感覚でしてやられた感じはする。

そんな経験もあるので、オイラは絶対に年賀状は書かない。わざわざ寒空の下で肉体労働を生み出してまで、手紙を届けたいと思わないし。いや、ただ単に面倒だから、というのもあるんだけど。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



地獄の無知無知ワールド


「死んださかなクンみたいな顔、いや、死んだ魚のような目だな。」

学生時代の同級生の友達と会うと、そんな風に感じることがある。特に仕事の話とか、収入の話になった時。

高校を卒業して働き始めていれば、もう10年以上、大学を卒業してても10年近くが過ぎてる。それなりに皆社会を知ってる。その上で話を聞いてると、悲惨でしかない。

最初は正社員になっても、その後フリーターに転向して30を迎えて、そろそろ後がなくなってきたけど、今から再就職先を探すのが厳しいとか、10年同じ会社に勤めてるのに、いまだに月収26万円とか。

なんでそんな生活を送ってるんだろう。楽なのか?そんなわけはない。サービス残業をして、毎朝同じ時間に鳴る目覚まし時計に叩き起こされて、フラフラしながらおっさん臭い満員電車に揺られて、うっとうしい上司の機嫌を見ながら仕事をしなきゃいけないんだから。

フリーターや正社員の友達に、「5年後とか10年後に希望があんの?」と聞いて、Yesと答えたのは過去に1人だけ。その1人は会社の仕事が順調らしくて、「同期の誰よりも出世する」と息巻いていた。3年前にその話を聞いたけど、今でも職場での自慢話をしてるので、あきらめてはいないらしい。ちなみに、彼が10年後(もう7年後か)の達成を目指してるポジションの収入が、オイラの今の収入とほぼ同じ。

今の収入が少なくて、将来に夢が持てなくて、苦労が少ないわけでもない。その生活の先に何があるんだろう?

オイラはそんな人生は送りたくない。お先真っ暗だし。経済的にそこそこ豊かな、少なくても同世代のエリートサラリーマンぐらいは稼げて、怠けてられる今の生活がいい。

もしオイラのようなグダグダに暮らしながら、収入はしっかり確保したいなら、こっちの世界へ。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



仕事(会社)から逃げたいと思ったら


運良く恵まれた場合でもない限り、会社や仕事から逃げたいと思うのは当然のこと。ワーキングプアとか報道されてるけど、そもそも将来が見えないという意味で、正社員でも大半はろくな環境じゃなくなってる。

昔みたいに長く会社に勤めれば報われる時代じゃないんだから、不毛な仕事から逃げたいと思うのは自然だし、むしろ正しいこと。何も考えずに会社に通える人の方が、思考停止状態で危険だと思う。

ただ、会社から逃げたいと思っていきなり仕事を辞めたところで、生活のために別の仕事を探さなきゃいけないから、根本的な解決にはならない。もちろん、勤めてる会社がブラックだとか、上司や同僚と激しく対立してるとか、そんな事態なら会社を辞めることが、とりあえずの解決にはなるけど。

大事なのは、そもそも会社に頼らないこと。逃げたいと思う仕事を押し付けてくるのが会社なわけで、どこに転職したって、従業員なんて使い捨ての駒なわけだから、そこに期待なんてしてはいけない。

結局、自分の人生をコントロールしたければ、雇われ人根性を捨てて、さっさと自分で稼げばいい。別に大金を投資して起業なんてしなくても、ネットで地味に小規模に始めても、サラリーマンの月給なんて余裕で超えられるわけだし。

会社から逃げたいと思ったなら、すぐに仕事を辞めてしまうなり、とりあえず副業を始めるなりすればいい。愚痴だけ言ってても何も変わらないわけだし、そうこうしてる間に人生は残り少なくなっていくわけだから。

逃げるっていうと聞こえは悪いのかもしれないけど、そもそも戦う場所じゃないところから逃げるのは正当な行為だとオイラは思う。どうでもいいところで意地張って、そのために会社に残ってムダな仕事を何年も続けても、そこに意味なんてないんだから。

オイラはこういう方法で自由に生きてる。誰に気兼ねするわけでもないし、会社や職場から圧迫されることもない。会社に行きたくないとか、そういう感情もないし、毎日健全な(見た目はいまいち不健康的かもしれないけど)精神状態で暮らしてる。

友達の話を聞いてても、会社で孤立してるのに、せっかく正社員になれたから辞められないとか、経歴に傷が付くとかいう。でも、収入はオイラの半分とかだったり。それって、本当にしがみつく価値のある地位なのかな?

会社組織だけが社会じゃない。自分で稼いでる人も世の中にはたくさんいるし、そっちのコミュニティの方がイキイキしてる人が多い気がする。朝まで遊んで通勤時間と重なったりすると、朝なのに疲れきった顔のサラリーマンとか大勢いるから。あれを見ると、人生台無し感が半端じゃなくて怖くなる。

少なくても、オイラは正社員としてスカウトされたりしても(されるわけないけど)、確実に逃げる。会社になんて行きたくないし、ストレスとか考えたら給料いくらもらっても嫌だ。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



結婚は後悔するもの?

結婚を後悔している友人が少なからずいる。式に出席したこともあれば、付き合っていた頃から知っていたこともある。ただ、結婚して2年、3年と経つと、多かれ少なかれ後悔することが多いらしい。

自分の周りを見渡しても、5年以上にわたって幸せな状態が続いている夫婦はほとんどいない。もちろん、例外的に何組かは思い当たるけど、結婚に後悔がないのか、それとも表面上を取り繕っているのかは定かじゃない。

個人的には結婚して幸せになれる確率は、それほど高くないと思ってる。ただ、必ずしも結婚否定派でもないし、後悔しない選択をするという観点で見ても、独身でいるのがベストだと言いたいわけじゃない。

結婚してもしなくても、生きていれば何らかの後悔は必然的に生じるもの。つまり、後悔のない人生なんて存在しないわけで、どっちの選択をするのがベターであるかを考えるしかない。

結婚したら後悔しないとか、独身でいれば何の不満もないとか、そんなことはありえない。だからこそ、バランス感覚が必要なんだと思う。

すでに結婚という制度は崩壊しかけているような気がするし、昔からの風習に縛られる必要もないけど、それを単純に否定するだけが能じゃないのも事実。何よりも後悔しないことは、自分自身の意思で選択することだと思う。仮に失敗しても、自分で選んだならあきらめもつくから。

長い人生の中で後悔を取り除くなんて不可能なんだし、結局は自己責任で選択するしかないわけだけど、それにしても結婚を後悔している人は多い気がする。やっぱり難しいんだろうな。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



通勤地獄からの解放

混雑したラッシュ時の通勤電車に乗って通勤しても、出るのは定期代ぐらい。その間の時給は0円。睡眠時間を削って会社に通おうと、当然の行為としか評価されない。

サラリーマンとして勤務してれば当然の感覚だろうけど、そこから離れた視点で見てみると不思議な話。だって、乗りたくもないラッシュの電車に乗って通勤してるのに、お金ももらえないんだから。

もちろん、通勤するだけじゃ何の仕事もしてないんだから当然だけど、ラッシュでぎゅうぎゅう詰めの電車に毎日揺られて、あんまりと言えばあんまりな話。

それに違和感を覚えないのは、サラリーマンとしての常識に捕らわれて、ある種盲目的になっているからだと思う。だって、普通に感じたら嫌だもん。定期代を出すってことは、通勤も仕事の一部だと会社も認めてるようなもんだいし。

でも、こんな搾取はサラリーマンならいたるところで受けているわけで、通勤電車だけに文句を行っても仕方ない。そもそも自分で稼げなかったら、不利な条件でも人に雇ってもらうしかないんだし。

いくら会社に尽くしても唐突にリストラされるような時代、会社への忠義なんて意味がない。通勤ラッシュに耐えた経験なんて、誰も評価してくれないんだし。

そうなると、やっぱり自分で稼ぐしかない。人が通勤してる時に睡眠の中にいて、一日の少しだけお金を稼ぐために時間を使い、後は遊んで暮らすこともできるんだし。

不況なんて言っても、個人レベルならネットで簡単に稼げる。何の能力もないオイラですら稼げてるのが、その証拠。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



正社員で楽な仕事を探すより簡単な方法

世の中には正社員でも楽な仕事が存在する。それは否定しない。実際に簡単な業務しか行わなくて、大してストレスを感じてない人もいるわけだから。

ただ、それはごく限られた存在なわけで、砂漠の中でオアシスを探すようなもの。それよりは、普通に水のある地域で生活する方が楽ではないかと。

そんなわけで、正社員として楽な仕事を探すよりも、もっとポジションとして苦労の少ないものを選んだほうがいい。別にバイトやパートが良いとか言いたいわけじゃないので、そこは安心してほしい。

オイラは正社員でもバイトでもなくて、自分の家の中で簡単に稼いでる。仕事というほどじゃないけど、インターネットを通してお金を得るのは本当に楽だし、短時間で行える。

正社員ならいくら稼げる力があっても、会社にお金を持って行かれて少ない給料とボーナスしかもらえない。でも、自分で稼げば他人に奪われたりすることはない。

今やってる稼ぎ方って、ネットビジネスっていうほど仕事をしてる感じがないんだけど、楽なのに正社員よりも稼げる。顔を踏みつけたくなるような上司に頭を下げる必要もないし、そもそもストレスを感じる要素がない。

その意味では、本当に楽な仕事なんだと思うけど、世間ではいまだに正社員として就職するのが最善の策のように言われてるから不思議な話。たしかにバイトや派遣社員に比べたら将来性があるのかもしれないけど、正社員だって明日は我が身の時代なのにね。


そもそも論として、必死になって楽な仕事を見つけたとする。同じような考え方を持った人は多いはずなので、狭き門かもしれない。

そこをくぐり抜けた後、全然楽じゃない職場に変わったらどうするんだろう?上司が変わるとか、会社の方針が変わるとか、配置転換されるとか、普通にありえることだし。

正社員の場合、バイトみたいに簡単に職を変えるわけにもいかない。それを続けると、後が苦しくなるし。そうなると、結局は楽な仕事を探したところで、不毛な努力な気がする。

オイラがやってるのは、こういう生き方。どんなに楽な会社であっても、ここまでストレスフリーで、自由であることはないと思う。まあ、能力的にいっても、オイラなんて普通に正社員が務まるとは思えないし。

ただ、正社員という社会的な信用だけを捨ててしまえば、収入を増やして労働時間を大きく減らすなんて、意外に簡単。実際、オイラでもエリートサラリーマン並の年収になっちゃってるわけだから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



精神的に楽な仕事


苦労なんてしたくないから、精神的な意味でも楽な仕事を探してきた。ストレスで体を壊したり、欝になるような職場なんて絶対に嫌だから。

そんなわけで、今は精神的に楽な仕事ができるようになってるんだけど、何をしてるのかというと、ネットビジネス。しかも、自分一人でやってるから、上司がどうとか、同僚がむかつくとか、一切関係ない。

精神的に楽な仕事には必要な要素がいくつかあると思う。そのすべてを、今は満たしてると思うんだけど。

1つ目の要素として、人間関係。どんなに仕事の内容が楽で簡単であっても、自分の嫌いな相手と毎日会わなきゃいけないとか、尊敬できない上司に指図されるのとか、精神的に耐えられない。今はそういう関係がまったくないから、気分も楽。

2つ目は、自分が働きたい時に働けばいいこと。たとえば、サラリーマンなら体調を崩しても出社しなきゃいけなかったり、遊びにもいけない。これはプレッシャーなので、精神的に楽な状態ではない。仕事なんて本当はしたい時にすればいいわけだから、ナンセンスな話。

3つ目の要素は、仕事の内容が嫌じゃないこと。たとえば、クレーム対応なんて精神的に参ってしまう。電話を通してでも、コールセンターの仕事って辛いし、座ってるだけの楽な仕事なんかじゃない。こういうのは、やっぱりきつい。

正社員であれば、配置転換とか転勤・出向なんかもあるから、仕事内容を選ぶことはできない。嫌で仕方ない業務を押し付けられるかもしれない。そう考えると、やっぱり正社員とか人に雇われるのは厳しい。

オイラは好きな時にお金を稼いで、正社員なんかより稼いでる。精神的に楽な仕事というか、そもそもビジネスと呼んでいいかも分からないぐらいの内容でも、それだけ収入は入ってくる。わざわざ会社に所属して少しばかりの安心感を得ることを辞めれば、誰でもこんな生活を送れるはずなのに。

ネットで給料以上に稼げるようになって、会社を辞めた友達が何人かいるけど、やっぱり精神的に楽だという。周りから見ると、サラリーマンの方が安定しているように見えるらしいけど、自力で0から稼げる方が気持ちの上でも余裕がある。いざとなったら、再起できるわけだから。

当たり前だけど、会社を辞めれば出勤の必要もないし、上司とか同僚との人間関係の問題もなくなる。すごる気楽なんだけど、そういう生活を送る人がむしろ少数派なのは、日本人の性格の問題なのかな。

目の前にチャンスがあるのに、わざわざ逃してしまうのが、オイラには分からない。精神的に抵抗があるのかな。人と違う道に進むのって。サラリーマンって、そんなに幸せそうにも見えないけど、そっちの集団の方にいたいものなのか。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



会社をズル休みする時の言い訳・口実

バイトやサラリーマンにとって、会社をズル休みするのは権利のようなものだけど、その時には上手に言い訳というか理由をつけなきゃいけない。挙動不審になったり、不自然な口実を付けてしまうと墓穴を掘るので、注意点を紹介しておく。

まず、会社をズル休みを言い訳や口実を作るときの鉄則は、余計なことを言わないこと。下手な嘘はボロが出るので、最初からムダな内容は伝えずに、最低限の理由だけを口にすればいい。

たとえば、親戚の法事を口実にして会社をズル休みをするのなら、それだけ伝えればいい。昔世話になったとか、相手が叔父であるとか、法事がどこで行われるかとか、そんなことを口にすると、いざという時に言い訳ができなくなる。

法事の場所を伝えてしまえば、他の場所で目撃された時に言い訳ができない。相手との関係性を事細かに話せば、後日、矛盾が出るかもしれない。ズル休みがばれる理由になるので、無駄に情報は与えないのが賢明。

もちろん、相手が聞いてきたら、応えるのを拒否するのも不自然なので、最低限の範囲で話す。向こうからしたらズル休みだとは知らないわけだから(薄々感じていても強く突っ込む理由は持っていない)、口実を告げておけば十分。

ちなみに、ズル休みの理由が外出の場合、風邪で休むといった口実は止めておいたほうがいい。会社の同僚だけではなく、社外の取引先や顧客も含めて、誰が見ているかわからないから。ばれたとしても、病院に行ったと言い訳ができないこともないが、家から離れているところで見つかれば厳しい。

それよりは、ズル休みの口実として法事のような他人が興味を持たない行事を入れて、外出するのを自然にしておいたほうがいい。これなら、見られても出先で着替える予定だったと言い訳もできるから。

仕事を頑張ったところで報われない従業員としては、ズル休みをして、たまには羽をのばすのもいいと思う。根を詰めて働いても、儲かるのは自分じゃないんだし。ただ、さぼったのがばれて辛い状況に陥らないためにも、いざという時に言い訳ができるような口実を、はじめから用意しておいた方がいい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



会社の無断欠勤の言い訳


サボるのは雇われる側の権利だから、会社を無断欠勤するときの言い訳ぐらいは持っておかないと損。というわけで、具体例をいくつか挙げておこう。

パターン1:急に家族や親類が倒れた(亡くなった)

この場合なら、慌てていて携帯電話を家に忘れて出てしまい、会社に連絡が取れなかったと言い訳できる。事情が事情だけに、無断欠勤をするのもやむをえない。

ただし、この言い訳で無断欠勤を頻繁にすると、さすがに疑われるので会社をサボることが習慣化していない場合にしか使えない。急病や不幸を使い分けても、さすがにあやしまれる。

パターン2:自分の急病または怪我

急に入院してしまうことになり、その時に携帯電話を忘れてしまったことにする。この方法なら、何日か無断欠勤を続けた場合にも言い訳として使える。会社に連絡する余裕がなかったことにできるし、退院日として設定した日から数日、さらに休みを取ることもできる。

どちらにしても、会社に連絡を取れなかった言い訳を用意できないといけないので、緊急性があって携帯電話を取りに戻れない状況であることが、無断欠勤の言い訳としては望ましい。

はっきりした理由付けをせず、曖昧に言い訳をしながら会社を無断欠勤した理由をごまかす方法もあるが、これはかなり精神的に負担になる上、会社の雰囲気、あるいは上司によっては厳しいのでおすすめはできない。

ちなみに、無断欠勤をすると給与が差し引かれたり、ひどい場合には解雇されることもある。ただ、無断欠勤でいきなり解雇されるような会社の場合、過去にも同じことがあって対応が整ってるわけだから、ブラックの可能性もあり。その意味では、解雇されてラッキーかも。

考えてみると、ブラック企業で会社を辞めたいと思って退職届を出したら、上司に退職届をビリビリに破られて捨てられた、っていう話があるけど、勝手に無断欠勤を続けて、理由も言い訳もなしに休み続けたら、辞められるんじゃないのかな?連絡が来ても無視すればいいんだし。さすがに会社だって給料払い続けるわけにいかないでしょ。

ただ、そうなると懲戒解雇になるから、次の就職先を探すのに不利になるのか。サラリーマンって辛いな。オイラみたいに好き勝手に暮らすなら、そんな心配いらないんだけどね。そもそも休みたい時に好きなだけ休めるし、稼ぎたい時に稼げばいいだけだから。

後になって気まずい思いをするぐらいなら、ずる休みをするよりも、さっさと会社を辞めても暮らせるようになった方がいいのかもしれない。怠け者の世界は楽しいよ(笑)

怠け者として暮らしたいのなら、そのためのバイブルも作ったので、こちらも参考に




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



バイトを無断欠勤しても許される言い訳


バイトをズル休みしたいけど、連絡はしたくない時、あるいはすでに無断欠勤してしまった時、上手に言い訳すれば怒られないし、気まずい思いもしなくて済むので、その例を紹介しようと思う。

まず、バイトを無断欠勤した言い訳としては、連絡が取れなかった理由を付けなきゃいけない。単純に休んだだけではなく、連絡してないわけだから。

そうなると、急な体調不良で病院に行った際に携帯電話を持っていくのを忘れた(それどころではなかった)ことを理由にすると、バイト先でも突っ込みづらい。元々、バイトなんてそれほど信用されてないわけだから、無断欠勤を疑われても言い訳がしっかりしてれば、それ以上追求しづらいというのもある。

ただ、無断欠勤した日にバイト先の人に目撃されたりしてると、この言い訳は使えない。そこで使いたいのは、親族の不幸。これは万能だし、急な出来事だけに、無断欠勤も仕方ないことになる。もちろん、たびたび親類に不幸があれば、さすがに不自然なので、頻繁にサボる場合には厳しくなってくる。

無断欠勤の言い訳として万全じゃないけど、確実にダメージを減らす方法としては、バイトが入っていたことを忘れていたことにする、という方法もある。シフト制なら把握の際に間違えていたことにできるし、決まった曜日にバイトが入っているとしても、曜日を間違えたと言い切る手もある。フリーターや学生だと、意外に曜日感覚がなかったりするわけだし。

アルバイトに高いプロ意識を要求するような無茶な職場もあるけど、基本的にはバイトはいい加減にしか働かないと雇う側も思ってるから、多少の無断欠勤は言い訳次第で目をつむることが多い。安い時給で働いてるわけだから、たまにはサボらないとやってられないしね。

ちなみに、オイラが学生時代にやってたバイトだと、個人経営の弁当屋があったんだけど、そこの店の主人(店長というか、その人の店)がよくシフトを間違えるから、自動的に無断欠勤みたいになることがあった。向こうもそのことが分かってるから、途中から本当にサボった時の言い訳に使ってたけど(笑)

今となっては、シフト制で働くとか、曜日によって仕事をするというのは無理だと思う。自宅で稼ぐことを10年も続けてきたら、まともな社会生活を送って、収入激減とかありえない。

せめてバイトのうちは、たまにはサボって無断欠勤ぐらいしてもいいと思う。もちろん、後から言い訳するよりは、仮病の連絡でも入れといた方が楽だけど。

一回の無断欠勤ぐらいで辞めてしまうのも、次のバイトを探すのもけっこう面倒なので、オススメしない。適当な言い訳をして、さっさとほとぼりが冷めるのを待ったほうがいいんじゃないかと。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



就活から逃げたいのはチャンス

ありもしない志望動機を聞かれて、どこの会社がいいのかも分からないのに応募して面接を受けまくる就活から逃げたいのは、まっとうな精神だと思う。

むしろ、ここで何の疑問も持たない人の場合、社会に出てからも人の言いなりになっていく可能性が高いので、結果的にリストラされたり、給料が上がらないまま中年になってから後悔することになる。

そう考えると、就活から逃げたいっていうのは、不毛な苦労をしたくないわけだから、見込みはあると思う。そもそも、お金なんて苦労の量に比例して入ってくるわけじゃないんだし。

オイラも就活はしなかったし、サラリーマンにならなかった。そのおかげで、同年代が安月給で働かされてる中、自分はその倍以上を自宅で、しかも片手間で稼いで気ままに暮らしてる。

就活から逃げたいと言うか、何でそんなことをしなきゃいけないのか分からなかった。そもそも、たかが仕事をするのに、何で数十社も受けなきゃいけないのか。そんな状況から逃げたいと思わずに無報酬で行動できる人の気がしれない。

バイトは何度もしたし、逃げたいと思った。事実、逃げたこともある。今思えば、あんな安い時給で働くなんて人生のムダ使いだけど、就活に至っては報酬も出ないわけだから、もっとひどい。就職したところで、ドブ色の未来しか用意されてないわけだし。

就活を頑張って何かを得たような錯覚にひたっても、社会に出ればぺーぺーの下っ端扱いなわけだし、給料なんてフリーターと変わらない。何となく正社員だから優越感にひたれるかもしれないけど、結局安月給なのは見透かされるわけだし。

自分の人生を他人にコントロールされたくないのなら、やっぱり就活なんて辞めたほうがいいと思う。その時間を使えば、卒業までに稼げるようになるはずだし。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



ワーキングプアから脱出するただ1つの方法

頑張って働いたところでお金がないワーキングプアだけど、非正規雇用から正社員になれば脱出できるとか、完全に見当違いの方向に努力している人が多いので、そのことについて触れてみたいと思う。

ワーキングプアっていうのは、そもそもの原因として雇用主が労働力を安く買い叩きたいと思って生まれたわけで、これは正社員になっても同じ方向性のまま。もちろん程度は違うけど、根本的な解決にはならない。

現状としてワーキングプアなら、すでに社会のシステムで最下層に組み込まれてるわけだから、少しぐらい上位階層に上がれたところで、たかが知れてる。いつ落とされるかも分からないわけだし。

東大卒をはじめとして、高学歴でもワーキングプアが当たり前の時代に、大した学歴も職歴もなかったら、まともに相手にしてもらえると思ってる方が間違い。

そこで、どうやってワーキングプアから脱出するかということだけど、そもそも今の仕組みの中で戦わないこと。つまり、人に雇われて給料をもらうという仕組みから抜けださないと、いつまでも搾取され続けることになる。

雇われてお金をもらうシステムだと、専門職でもない限り、極力安い賃金で雇おうと雇用主は思う。別に日本人じゃなくてもかまわない仕事もあるし。そういう仕事しかできないからワーキングプアなわけで、このポジションの中で評価を上げようとしても、所詮は取って付けたような対策しか出てこない。

だったら、人に雇われずに自分でお金を稼げばいい。このサイトでもネットでお金を稼ぐ方法は解説してるけど、正社員になって競争に勝ち抜いていくより、確実に簡単だから。しかも、正社員の給料なんて簡単に追い抜けるし。

ワーキングプアが正社員になっても、結局は安月給であることに変わりはない。いつワーキングプアに逆戻りするかも分からない。でも、自分で稼げるようになってしまえば、もう他人の評価とか、労働力を買い叩かれるとか、そんな面倒なこともない。むしろ、サラリーマンなんて軽く超えられるんだから、この道を進まない理由が見つからない。

何となく人に雇われるしかないと思ってるんだろうけど、そんなのは思い込みでしかないし、そんな理由で可能性を狭めてることがワーキングプアに甘んじてる原因だと早く気づいてほしい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



ジョブチャンネル@SOHOでわざわざ稼がなくても・・・

家で手軽にできる仕事を探せるサイトで、ジョブチャンネル@SOHOというサイトがある。簡単に言うと、仕事を任せたい人と、その仕事を受けたい人を結びつける役割をしているのがジョブチャンネル。

どんな仕事があるのか見てみたら、記事を書いてほしいとか、事務作業をしてほしいとか、サイトを作ってほしいとか、そういう案件がジョブチャンネルに多く登録されている。

世の中の道理として、人に使われると安い報酬しか得られない。特別な能力がない場合には。で、ジョブチャンネルの場合、要するに内職を募集しているわけだけど、この場合には当然報酬が安い。何しろ、雇われる人間のランク付けで言うと、サラリーマンの下に契約社員や派遣社員、その下にパートやアルバイト、さらに下に内職があるから。

昔から内職なんて低賃金労働の代名詞だし、形式上は労働契約ではなく請負になるため、都道府県ごとに決められている最低賃金より明らかに安い時給になる仕事も、ジョブチャンネルにはゴロゴロしてる。もちろん、募集時には時給ではなくて、完了した場合の報酬が書かれてるんだけど。

ここで応募して仕事をしたところで、本当に時給500円とか、下手したら時給数十円なんていうこともある。簡単に出来る仕事も多いので、ジョブチャンネルを見て魅力的に感じるのは分かるけど、楽して稼ぐという観点から見れば、あまりにも非効率。

わざわざ低賃金で他人を儲けさせなくても、ネットを使えるなら簡単にお金は稼げる。その可能性に気付けるのであれば、自宅で空いた時間を使うだけでサラリーマンより稼ぐこともできるのに・・・




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



子供の近視が治るとは

友人の子供(小2)が近視になってしまい、メガネを買ったらしい。さすがに視力が落ちる年齢としては早すぎるんじゃないかと思うけど、クラスメイトにも何人かいるということで、珍しくはないそう。

ただ、友人が心配していたのは、子供がメガネをかけて走りまわったりしてると、転んだり友達とふざけている時にメガネが割れて、目を傷つけないかどうかということ。たしかに、そんなことになれば近視どころか失明になりかねない。

年齢が年齢だから、友だちとふざけてて手や肘が顔に当たることもあるだろうし、子供だとこれから何十回(何百回?)と転ぶんだろうから、その時にメガネが割れない保証はない。とは言え、視力が落ちて近視になってしまった以上、メガネかコンタクトレンズを使わないわけにはいかないだろうし。

そんな相談、というよりも世間話を聞いてから、何か子供の視力を回復させる方法がないのか調べてみた。そこで見つかったのがこの方法 なんだけど、早速友人にメールを入れておいた。


参考程度に送っただけなので、実際に試さない可能性の方が高いと思ってたけど(そんな方法も見つかったという報告だけで、別に勧めなかったし)、どうやらやってみたらしい。子供の近視を治したいと思う親の気持ちの強さだろうか。

その結果として、3ヶ月たったところで視力検査を受けてみたら、もうメガネが要らないと言われたとのこと。それ以前にも、子供が裸眼でもよく見えるようになったと言い始めたり、メガネをかけると見えづらいと言っていたということなので、その時点で近視が良くなって視力が回復してきていたのだろう。

メガネって作った時点の視力に合わせるから、そこから視力が大きく落ちたり、逆に回復してくると度が合わなくなってくる。今回の場合には、近視が改善するという嬉しい方向に動いたのが理由で、友人の子供が使っていたメガネの度がずれてきたみたい。

視力回復のためのトレーニングなんて子供が嫌がったんじゃないかと思ったけど、実際はゲーム感覚でやれたので、最初だけ一緒にやってたら、後は勝手に続けてたらしい。近視の回復のためと言い聞かせても聞かないんだろうけど、子供は遊びなら好きだからね。

そんなわけで、目が悪くなって近視と診断されたからといって、すぐに子供にメガネをかけさせてしまう必要はないというのが、今回の結論。もちろん、すべての近視が回復するとは限らないんだろうけど、視力が回復する可能性があるのであれば、その可能性を意味もなく捨てる必要はないと思う。

大人に比べると、子供の視力は落ちたり回復したりしやすいという話なので、一度近視になったからといって、それが全てではない。このことを知っておくだけでも、子供の今後が大きく変わってくるので、覚えておいてほしい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



バイトをばっくれるのは悪なのか?

安い時給で働いているのに、バイトをばっくれるのは社会的に許されない行為みたいな風潮が一部にある。たしかに突然辞められたらバイト先は困るだろうけど、それは店側の都合という見方もできる。

ただでさえ安くで働かされてるんだから、辞める自由ぐらいバイトに残されていてもいいという言い分もある。一定の割合でばっくれるのは、本来的に雇う側も計算済みということだ。

結局、バイトから見れば、ろくな待遇じゃないんだからばっくれるのは勝手。店から見れば、そんな無責任な行動は許されない、という利害対立がある。

で、オイラなりの結論。ばっくれる必要のあるバイトをしている時点で負け組。逃げ出しておいて、自分を正当化したところで、そもそも不利な条件で働いている時点で負けは確定。

店側はばっくれないバイトを探す目を養うなり、穴が開いてもやっていけるシステムを作る必要がある。バイトの質なんてたかが知れてるんだから、最初からばっくれる可能性は考慮しておく必要がある。

バイトをばっくれるのは、必ずしも悪ではないと思う。ただ、そんな人生を送っている時点で、残念ではある。稼ぐ力がないんだし、苦労してるってことなんだから。

人に雇われれば苦労もするし、嫌な思いもする。だから雇われない生き方をする方が楽しいと思うんだけど、なんで皆バイトをしてばっくれて他の職場に移ったりるるんだろう。ばっくれた後、ネットで稼げるようになれば、簡単に負け組から抜け出せるのに。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



英単語の記憶法の効率の悪さにドン引き

中学時代に教わった英単語の記憶法。それは書いて暗記するというものだった。今思えば唖然とするほどに無能な方法だし、そんな指導しかできない教師が給料をもらっていること自体、バカバカしくて仕方ない。

学生の頃なんて英語の勉強をまともにしたことなんてないし、英単語の暗記なんて面倒くさくてやらなかった。でも、大人になってから効果的な記憶法や勉強法を使って少し学べば、ある程度英会話だってできるようになる。

オイラの場合は仕事で必要とかではなく、半分趣味というか気まぐれで英語を勉強しただけなんだけど、さすがに必死になって英単語を記憶する気にはならなかったので、効率のいい記憶法を探してみた。

その結果として、21日で3000の英単語を暗記できるという触れ込みの記憶法にたどり着いた。

実践してみた感想としては、学生時代に勉強しなくて本当によかった。記憶法を変えるだけでこんなに簡単に英単語を暗記できるんだから、教師の言うことなんて聞かなくて正解。

今の時代、書いて覚えるとか、声に出して暗記するとか、そんな幕末にやっていたような英単語の記憶法を提唱すること自体時代遅れだし、まったく意味がない。何のために学習法が研究されているのか考えないといけないし、どうせ学校では昔ながらの勉強法しか教えないんだから、時間の無駄だったってことだね。

英語や英会話の勉強において、英単語の暗記はかなりの比重を占める。でも、この部分は効率化すれば短時間で済ませることができるので、記憶法についてはしっかりこだわっておくことをお勧めしたい。

苦労して覚えても、効果的な記憶法で暗記しても、結局は同じ事なんだから。

ちなみに、オイラが使ったのは英単語カンタン記憶ソフトV6000 。迷ったら、これを使っておくのが間違いないと思う。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



サラリーマンの平均年収を苦労なしで越えた方法

全世代共通の統計だと、サラリーマンの平均年収は2010年の段階で412万円らしい。年齢や業種によって違いはあるにしても、この数字が会社員の収入の一つの基準になるのは間違いない。

で、そのサラリーマンの平均年収を聞いて思ったのは、とにかく安いし割りに合わないということ。

たしかに暮らしてはいけるだろうけど、大したゆとりもない金額だし、頑張って働いてもらうような対価ではないと思う。はっきり言って、なんでこんな平均年収の仕事に就くのか意味が分からない。

オイラの場合、まともにサラリーマンとして働いたこともないし、仮に就職しても1週間もつか分からない。それでも、ネットからの収入でサラリーマンの平均年収なんて余裕で越えてしまう。

相当な苦労をして起業をした、というわけでもなくて、ネットサーフィンの延長線上で稼げるようになってしまった。楽して稼ぐ方法を探したから効率的に稼げるというのはあるんだけど、その方法はこのサイトでも明かしてるし、別に能力が必要じゃないことは明らか。

そんな目から見ると、サラリーマンを続けるという選択肢の意味が分からない。はっきり言って、平均年収の倍を稼げるようになったところで、大したことないわけだし。

せめてサラリーマンが将来安泰の仕事だった時代なら、そのポジションにしがみ付く理由もある。でも、それすらも揺らいでしまった今、サラリーマンでいることに何のメリットがあるのだろう。

若い世代だと、平均年収にすら届かない人が大半のはず。未来に希望がなく、平均的な結果を出しても残念な生き方をするのが何のためなのか、自分自身に問いかけてほしい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



なぜ人は重い水を運ぶのか?

コンビニに行った帰り道ですれ違ったおばさんが、明らかに重そうな水(ミネラルウォーター)を運んでた。自転車の後ろにかごを付けて、おそらく1.5リットルのボトルが6本ぐらい。ということは、9キロ。プラス買い物袋を前のカゴに積んでた。

別に個人の自由だからいいんだけど、ウォーターサーバーにすれば水なんて運ばなくていいし、ミネラルウォーターの方が高かったりするので、メリットがよく分からない。

結論としては、きっとウォーターサーバーのことを詳しく知らないとか、申し込むのが面倒くさいとか、何となく怖いとかいうことなんだろうけど、そんな理由で思いミネラルウォーターを買いに行って、ヨロヨロしながら自転車で運ばなくてもいいんじゃないかと。

でも、こういう情報格差というか、情報を上手に活用できるかどうかは、世の中の仕組みの至る所に存在してる。たとえば、お金の稼ぎ方にしても、わざわざ安い賃金で人のために働く人もいれば、楽してお金を稼ぐこともできる。

そう考えると、情報格差って本当に怖いのかもしれない。もっとも、自分の意識一つで変えられる問題だから、その人の問題と言えばそれまでなんだけど。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



サラリーマンの生涯賃金が残念

一昔前までは、大卒のサラリーマンなら生涯賃金が2億から3億と言われていたのが、今では平均で2億を切ると言われている。

20代や30代の世代だと、ますます生涯賃金は落ちていく可能性が高く、日本人がどんどん貧乏になっているように見える。

しかし、実際には少し違う。たしかにサラリーマンの生涯賃金は下がってる。この層に関しては、どんどん貧しくなっているし、今後も右肩下がりになると思う。ただ、それ以外の層も登場している。

以前なら起業するには、数百万円の資金を用意するのは当然だった。業態によっては数千万円を要することもある。でも、今は違う。パソコン1台で稼げるようになった。

その結果として生まれたのは、オイラのようにネットを通してサラリーマンの収入を大きく越える層。ネット環境が整うまでは存在のしようがなかった層が、今では当然に存在している。

ネットの世界は移り変わりが激しいので、ネットで稼いでいる層の生涯賃金を算出することはできない。ただ、サラリーマンの何倍も稼いで、それを適切な形で投資しておけば稼げなくなってもお金に困らなくなる。まあ、ほとんどの人が投資というと株式やFX、日本の不動産投資とか、どうしようもないものに手を出してしまうんだけど。

サラリーマンの生涯賃金が下がってる。ここから読み取れる事実は、就職して定年まで勤め上げるスタイルが損をするようになったということ。すでに状況は変わってるんだから、過去の遺産のような仕事の仕方にこだわる必要はない。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



苦労知らずで生きる

「最近の若いものは」なんていう年寄りは無視して、苦労知らずで生きていくのは悪いことじゃない。というより、ムダに努力したり、悩んだりすることに価値があるわけじゃない。

同じ仕事をしても、進め方によって苦労知らずに終えられることもあれば、ひどいストレスを抱えてしまうこともある。当然、前者の方が会社にとっても有益だし、個人としても理想のはず。

さらに言えば、会社で仕事をするのが向いていないのなら、オイラのように個人で稼ぐのも苦労知らずにお金を得る方法。同僚もいなければ嫌味な上司もいない。理不尽な取引先や顧客もいないという環境なら、自然にストレスは感じない。

苦労知らずということは、上手に問題を解決しているのか、そもそも問題を遠ざけているわけだから、それ自体は肯定されるべき性質。ただ、自分が要領よくできない人は、苦労知らずの人を見ると嫉妬するから、無意味に楽して生きているのを見せびらかすと、時には面倒なことになるかも。

サラリーマンとしてしか稼げない人にとっては、定職について会社勤めをするのが正しい生き方と言いたい。そうすると、特別な能力も学歴もないのに、平日の昼間からブラブラできて、並のサラリーマンよりもお金を稼いじゃう人を見れば、文句も言いたくなるんだろうね。

でも、サラリーマンが偉いのかと言えばそんなわけじゃないし、苦労知らずで稼げる方法を見つけるほうが、むしろ価値があると思う。人に使われるだけの人間にしかなれないのと、自分でお金を生み出すのでは、次元が違う話だから。

このまま苦労知らずで生きていくためにも、トラブルは避けなきゃいけないと思う。ただ、お金の問題、人間関係、健康、このへんを押さえておけば、そんなに問題なさそうだから、別にプレッシャーはない。いざとなれば、どうにかなるだろうと思ってるし。ただ、極力ムダな苦労はこれからもしたくない。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



仕事での苦労はムダ

頑張って苦労しながら仕事をしても、残念ながら報われる可能性は低い。昔は終身雇用と年功序列が制度として存在したので、ただサラリーマンになってれば、それなりにお金を持てたんだろうけど、今はそんな時代じゃない。

むしろ、普通にサラリーマンとして仕事をしても苦労ばかりで給料は上がらず、いつクビになるか分からない。しかも、外国人に任せられる仕事は、わざわざ人件費の高い日本人に任せる理由がないし。

そうなってくると、仕事の苦労は美徳でも何でもない。むしろ、旧世代の遺物をそのまま受け継いでしまっているだけで、時代の変化に対応できていない証拠になる。これでは、残念な人生を歩むことになる可能性が高い。

昔は企業の垣根が高かったし、経済が成長していたからサラリーマンでも幸せだったのかもしれない。持ち家を買って、海外旅行にも(昔は高かったのに)行けた。でも、今の時代、サラリーマンとして仕事をしても、苦労が報われるとは思わない。

もし会社をやめられないのなら、極力定時に帰って副業をしたほうが長期的に見れば正解だと思う。ネットを使えば、短時間で稼ぐこともできるし、1日に2時間や3時間で給料を越えることだってできるんだから。仕事で苦労するのが馬鹿馬鹿しくなるぐらい、稼いじゃえばいい。

その上で仕事を続けたければ、無理に辞める必要はないだろうし。会社にいるから全ての人ガ苦労するわけじゃないし、定職に就いてる方が安心する人もいるので、その辺は柔軟に対応したらいいと思う。

ただ、リストラされたら生活が立ち行かなくなるような状況なら、仕事にかまけてる場合じゃない。苦労してるからといって、いざとなったら言い訳にならないので、要注意。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



苦労が絶えない理由

よく分析してみると、苦労が絶えない人は状況を変えるチャンスを持っているのに、それを活かしきれていないことが多い。逆に言えば、そこに気づいて行動できれば、案外簡単に楽な人生を送っていける。

では、苦労が絶えない原因は何なのか?

人によってケースバイケースではあるけれど、よく見られるのは人間関係や仕事、お金の問題、健康などがある。

人間関係で苦労が絶えないのであれば、単純な話、自分と合わない人やトラブルメーカーを避けるのが得策。逆に、これらの人付き合いを切れなければ、その後も苦労が絶えない可能性が高い。

何しろ、世の中には極端な厄介者がいる。それと付き合っている限り、迷惑をかけ続けられる。相手と距離を置くのは勇気がいるかも知れないけど、実際にやってみると案外簡単なので、最初の行動ができるかどうか、ここにすべてがかかってる。

連絡が来ても無視する。会ってもそっけなく対応して、必要以上に話し込んだりしないことで、たいていの人は離れていく。

仕事で苦労が絶えない人は、そもそも職場を変えるとか、自分で稼ぐようにすると楽になる。もしもオイラのような怠け者が普通に就職してサラリーマンになってたら、苦労の絶えない生活になってた上、リストラ対象になってたんだろうけど、ネットで楽に稼げてるから、そんな気苦労もない。

お金を稼ぐ方法は、給料やバイト代を会社からもらう以外にもあることを肌身で分かると、苦労は一気に減っていく。しかも、稼げるようになると、収入を増やすアンテナが持てるようになるので、稼げるアイディアが絶えない。

お金の問題にしても、仕事と同様に対処すればいい。自分で稼げるようになれば会社を退職して独立もできるし、副業でプラスアルファの収入を得ることもできる。本業以上に副業で稼ぐことも十分に可能。

苦労が絶えないと思っているのなら、まずは第三者の立場で客観的に状況を分析してみること。これがスタート。ヒロイズムにひたらずに、現実的に対処すれば、以外に解決策は簡単に見つかるし、ちょっとしたきっかけで、人生は変わるから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



せんたく便を使ってみた


わざわざ服をクリーニング屋に持っていくのが面倒くさいと思ったのがきっかけで、せんたく便という宅配クリーニングサービスを使ってみた。

連絡をすると宅急便のヤマトが洗濯物を取りに来てくれて、それが送られていくことになる。配送センターやコンビニへの持ち込みもできるので、これなら深夜や早朝も含めて24時間好きな時に利用できるのが、せんたく便の強み。

服も何枚か持って行こうとすると意外にかさばるし、冬物だと重くなってしまうので、せんたく便のような宅配クリーニングは実際に使ってみると重宝する。自分の足で持っていく必要がなくなると、なんで以前はそれでいいと思っていたのかがわからないぐらい。

せんたく便は普通のクリーニング屋のように営業時間内に訪れる必要がないから、24時間利用できる。これは残業が多いサラリーマンやOLの人には向いていると思う。受け取りも含めると、2回は営業時間内に行かなきゃいけないし、いい加減な店だと指定した期日になっても終わってなかったりすることもあるから。

安心感という部分で言うと、服を預けることは普通のクリーニング屋もせんたく便も一緒だし、小さな規模の個人商店のような所に任せるよりも、万が一問題が起きた場合、たとえば服にシミができたりした場合の保証はしっかりしてるだろうから、この部分でもせんたく便に軍配が上がる。

ただし、せんたく便にも弱点はある。それは時間がかかること。服が戻ってくるまで、最短でも5営業日かかるので、急ぎの場合には使用は控えておくべき。あくまでも期限に余裕がある時に使った方がいい。そもそも一刻を争うタイミングでクリーニングに出すっていう場面もそんなにないかもしれないけど。


宅配クリーニングサービスならせんたく便




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



アルピナウォーターの注文をした理由


わざわざペットボトルの水を買ってくる手間が嫌で、ウォーターサーバーを使うことにした。そこで選んだのがアルピナウォーターなんだけど、なんでこれを注文したのか、その理由と使ってみた感想を伝えたいと思う。

まず、そもそも浄水器ではない理由だけど、これは放射性物質のことなんかも考えると、そもそも水道水を使うことにリスクがあると思うから。放射能によって体が悪くなったことが何十年後に分かっても手遅れ。そんなリスクを負う必要はないし、アルピナウォーターならこの点の安全性が高かった。

ペットボトルの水を買うと、家で切らして買いに行かなきゃいけない時が面倒な上、アルピナウォーターなら500ml当たり42円以下なので、価格でも勝ってる。配送料も無料なので、何のために自分で思い水を運ぶのか意味が分からない。

というわけで、ウォーターサーバーにしたんだけど、その中でもアルピナウォーターにしたのは水の安全性、コストパフォーマンス、故障等があった時の対応の良さなどの口コミや評判が良かったから。

ちなみに、アルピナウォーターはお湯も出るので、これは便利。わざわざ沸かさなくてもいいので、怠け者向け。注文までは色々調べるのが面倒だったけど、今となってはコンビニに水を買いに行く手間がなくなって、本当によかった。

せっかくコンビニやスーパーで買うよりも安くで水を持ってきてくれるのに、わざわざ買いに行く必要もない。ということで、ムダな苦労をしたくない人は、アルピナウォーターなり、他のウォーターサーバーに申し込んでおくといいと思う。


北アルプスのピュアウォーターをご家庭まで!!
【アルピナウォーター】




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



部活を辞めたいのなら

中学や高校で大きな悩みの一つと言えば、部活を辞めたいということ。言い出せば後には引けなくなるし、これ以上は部員でいたくないというのは、なかなか迷ってしまうのも分かる。

しかも、物事を長続きさせるのが美徳のように言われるから、ますます部活を辞めたいという思いは悪いことのように思ってしまう。でも、実際に長い目で見ると、さっさと止めてしまうのが得策。

たしかに大人になってから昔の部活を自慢する人もいるけど、そんなのは子供の遊びぐらいにしか周りは思わない。たとえ全国大会に出ようと、しょせんはそんなレベル。学校を卒業したら、どうでもいい自慢話にしかならない。

辞めたいと思うのなら、何かしらの理由があるはず。それなら、新しい環境に飛び込む経験をしてほしい。部活から解放される自由を知ることの方が、気に入らない環境で無意味に耐えることよりも、よほど価値がある。

大人になってからのことを考えても、安月給しかもらえないくせにサラリーマンを続けて、不満ばかり抱えている人がいる。その一方で、忍耐なんて無縁に、楽に稼ぐ方法を探して圧倒的に少ない労力で稼ぐ人もいる。

部活を辞めたいといった時に誰かが反対したら、その人がどんな人生を送っているか見てみればいい。大した収入もなくて疲れた人のアドバイスなんか聞いたって、何の意味もないんだから。

ちなみに、部活を辞めたいけど、他にやりたいことが見つからないという人もいるけど、これは悩む必要のないこと。今の時代、ヒマを持て余す心配なんてしなくても大丈夫だから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



コールセンターを辞めたいのは当然

ひたすら電話をかけたり受けたりするコールセンターを辞めたい人が多いのは、定着率の悪さを考えてもよく分かる。友達が働いていたコールセンターでは、最初の1ヶ月で3割ぐらいがいなくなるらしい。

ずっと座ってるだけなので、人によってはコールセンターは楽な仕事に見えるのかもしれない。でも、時給が1200円、あるいはそれ以上のことも珍しくないということは、それだけのお金を出さないと人が集まらない、あるいは辞めたいと思ってしまうような仕事であるということ。

実際、クレームが多かったり、不機嫌な相手と丁寧に話さなければいけないので、ストレスがたまる上、電話は意外に疲れるもの。コールセンターを辞めたいと思うのは、自然な成り行きだと思う。

しかも、多くのコールセンターでは未来が見えない。そこで出世したり、幸せなビジョンを見れないことが多い。100人以上のアルバイト・契約社員・派遣社員などを束ねているのが、契約社員だったりするんだから。これでは将来が見えないので辞めたいという気持ちにもなる。

はっきり言えば、コールセンターで働いている人は使い捨て要員にすぎない。これは経営者側から見た本音。辞めたいなら辞めればいいし、高めの時給でどんどん新しい人を雇える。待遇や今後の雇用に文句があるのなら、去ればいいとしか思ってない。

そんな環境で働くのが、幸せな人生と考えられないのなら、やはり生き方を考えるべき。お金を稼ぐには、何もコールセンターで働かなくても、もっと効率の良い方法だってある。辞めたい仕事をお金のためだけに続けるなんて、人生をムダにしてるだけ。

コールセンターを辞めたいと思っても、それは根気がないとか、社会人としての能力の欠如とか、そんなことじゃない。むしろ、高い時給が物語るように、それだけ神経をすり減らす仕事なんだから、むしろ当然の反応と思ってかまわないので、悩んだり自信をなくしたりする必要はない。


しかも、クレームで怒鳴られまくったりするのが、なぜか末端のスタッフ、それも正社員ですらないバイトや派遣だったりするんだから、理不尽な話。コールセンターを辞めたいと思う人が多いのは、これも理由になってる。

経営陣じゃないどころか、組織の意思決定にまったく関与せず、下手したら会社が何をしてるかも知らない非正規雇用のスタッフがひたすら謝るように言われる。こんな仕事は辞めたくなるよね。

企業としては、神経をすり減らせる単純作業(マニュアル通りに謝るだけなわけだから)は非正規雇用にやらせて、クレームを丸く収められるんだから得。でも、そのツケを支払うのは雇われる側だから。

そんな労働をしなくて済むように、怠け者完全バイブルを作った。無料で見れるので、訳の分からない企業のために働かなくて済むように、自分で稼いでみたらどうだろう。

電話取ってるだけで時給が高いなんて楽勝な気がするけど、実際は時給が高いのには理由がある。神経すり減らしてまで、時給で働く理由はないはず。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



足の親指が痛いなら

居酒屋で飲んでいた時に、中学時代の友達が足の指が痛いから歩くのが辛いと言い出したので、色々と聞いてみた。原因は本人にも自覚があって、外反母趾だと分かっているらしい。

外反母趾で足の親指が痛いけど、どうしたらいいと思うか?そんな風に聞かれたので、とりあえずは「知らない」と答えておいた。何しろ、医者でもないのだし、そんな相談をされても・・・

ただ、帰ってから気になったので調べてみると、どうやら外反母趾が原因で足の親指が痛いというのは、よくあることらしい。もっとも、日本全国で見ればたくさんいるはずだから、割合としてどの程度なのかは分からないけど。

何にしても、何千万人に一人の難病と違って、多くの人が足の親指が痛いことで悩んでいれば解決法が研究されているのは当然の話し。というわけで、外反母趾による痛みを和らげて、自然な状態に戻す方法を探してみた。

その結果として見つけたのは、ペダックという靴のインソール(中敷き)。インソールぐらいで外反母趾が治るわけないような気がしたけど、全米足病学協会も認定しているし、どんな商品なのかを見てみたら、なかなか興味深かった。

ということで、友達には一応ペダックを紹介(試してないので勧めてはないけど)しておいた。そしたら、2週間ぐらいたってからメールがあって、足の親指が痛いのが、完全にではないけど消えかかっているらしい。短期間でいきなり外反母趾が治るわけではないだろうけど、無理を軽減してくれてるのかもしれない。

自分の専門外ではあるけど、ちょっとネットを使って友達の役に立てるのは嬉しい。というか、足の指が痛いのなら、自分で調べてみたらいいような気もするんだけど(笑)。まあ、ネットの活用度は人それぞれということで。





詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



苦しみを乗り越えるには

人生の苦しみを乗り越えるには、ちょっとしたコツを知っているかどうかが大きな差になることが多い。つまり、少しの知識や情報によって、苦しみの中で生きていくか、楽しく暮らせるかが決まってしまう。

ここでは、お金による苦しみを乗り越える方法について紹介したいと思う。やはり、悩みの原因によって、アプローチの方法も変わってくるので、多くの人が抱えている経済的な面について、問題を乗り越えるには何をしたらいいのか、この点に特化する。

結論から言うと、収入額を上げるだけではなく、お金の入り口を増やすことが重要。いくら収入の絶対額が上がっても、リストラや転職、倒産などによって唐突にお金の苦しみの中に放り出されてしまうのはよくある話だから。

何か問題があっても乗り越えるには、リスクを分散しておく必要がある。収入が一つ、たとえば会社の給料だけであれば、給料がもらえなくなったら生活できないので、嫌な職場でも辞められなかったり、ストレスや過労によって苦しみ、身体を壊してでも働かなきゃならなくなったりする。

でも、いくつも収入を得るルートを確保していれば、どれかが潰れても全滅しないから生きていける。一時的に収入が下がるだけなら、それほどの苦しみにはならない。必死に乗り越えるまでもなく、問題の規模を小さく抑えられる。

苦しみを乗り越えることも重要だけど、最初からダメージを負わない体制を作れるのなら、それがベストなのは言うまでもない。大きな問題がやってくれば、ストレスだって半端じゃないわけだから。

オイラが怠けてても人並み以上の暮らしが送れているのは、ネットを使って個人として稼げる収入口が複数あるから。おかげで、どれかの手法が使えなくなっても、全然苦しみにならないだろうね。それまでに十分稼げてれば、それで十分に満足だし。

お金による苦しみを回避したり、乗り越えたりするためには、最初のうちは多少の努力が必要。どんな方法があるのかを調べ、実行しなきゃいけないから。でも、軌道に乗ればサラリーマンなんて辞めても給料より多くのお金を楽して稼ぐことができる。これは忘れないでほしい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



「若いうちの苦労は買ってでもしろ」の嘘

若いうちの苦労は買ってでもしろなんて言う人がいるけど、そんな人に限って成功しいているのを見た試しがない。結局、残念な人が描く幻想にすぎないというのが実際のところ。

本来なら、若いうちだろうがそうではなかろうが、苦労なんてしないほうがいい。買ってでもしろなんて馬鹿げた話。そもそも、目的もないのに苦労してどうするんだろう。

真剣に生きた結果として苦労するなら分かるけど、わざわざ苦労することを目的にしてどうするのか?この点は疑問が尽きない。実際のところ、何の目的もなく生きている人、人生に手抜きをしている人が思うことじゃないかと思う。

何となくモラルはあるんだけど、具体的に何をすればいいか分からないまま、年を取ってしまったら、とりあえず若いうちの苦労は買ってでもしろ、なんて適当なことわざを引用して、自分の体裁を整えたいというところじゃないだろうか。

そんなセリフしか用意できない人の話を間に受けたところで意味がないのは当然。若いうちも、年を取ってからも、苦労なんてしないほうがいい。それが効率化した生き方だし、怠け者として目指すべき道。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



苦労人は不幸に人生を終える

日本の感覚では、何となく苦労人は善人でいつか報われるようなイメージがあるけど、これは大きな間違い。たしかに生まれ持った境遇で苦労人になるようなケースもあるけど、世の中の大多数は自分でコントロールできることで、ムダに大変な思いをしてるだけだから。

たとえば、ブラックな会社に入って大変な生活をして苦労人になるのは、そんな会社に入ったこと、いつまでも退職しないことが原因。色々理由はあるんだろうけど、自分の人生は自分で変えないと。

家族の問題がこじれてるのも、苦労人にありがちな話。どうしようもないケースもあるけど、はた目から見たら訳のわからない相手と結婚したり、計画性もなく子供を作ったのが原因だったり、親や兄弟との距離感の取り方がおかしかったり。やっぱり理由はあるケースが多い。

残念だけど、苦労人が失敗する可能性は低い。なぜなら、そもそも要領の悪い方法で物事に取り組んでるから。家族の問題で大変でも、それが満たされた将来につながるような因果関係はない。

仕事にしても、未来の収入のために努力したところで、報われる人はごく一部。大多数は会社に切り捨てられたり、自分の事業がうまくいかないんだから、苦労人になったところで意味がない。

いかにして少ない労力で結果を出すか、これを考えないと大きな成功はない。オイラは最小限の労力で結果を出すことにこだわってるから、別に億万長者になろうとは思わないけど、苦労人になんてなりたくないと思ってるから、ほとんど仕事もせずにサラリーマンより収入が多いんだと思ってる。

いかに怠けるために頑張るか、方法を探すか、ということをしないと、結局は誰かに利用されて無意味に苦労人になっちゃうんだと思う。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



営業を辞めたいと思ったら

他の職種に比べても、営業を辞めたい人は多い傾向にある。仕事の内容を考えれば、当然のことなんだけど。たまに「楽しく営業して稼ぐ方法」のような本なんかがあるから誤解してしまう人がいるけど、楽しめるかどうかは向き・不向きなので、タイプによっては本当にストレスになる。

苦痛にしかならない仕事を続けるのは、人生をお金のために台無しにされるようなものなので、営業を辞めたいと思っているのなら、先延ばししない方がいい。他にお金を稼ぐ方法なんていくらでもあるし、人に雇われるだけが人生じゃないんだから。

周りに相談すると、仕事をなめているとか、十分に営業の醍醐味を理解していないとか、本当につまらないことを言われることがあるけど、辞めたいという自分の気持を何よりも尊重した方がいいと思う。それこそが、どんなに無責任なアドバイスよりも信用できる思いなんだから。

営業を辞めたいからといって、稼ぐ能力がないわけじゃない。むしろ、フィールドを変えれば今の2倍や3倍程度なら十分に稼げる可能性がある。何しろ、本気で辞めたいほどに嫌な仕事で発揮できる能力なんて、たかが知れてるんだから。

一見すると、安定を求めるなら今の職業を捨てないほうが得策に見えるかもしれないけど、辞めたいと思いながら営業を続けられる期間には限界がある。そう考えると、今の仕事に中途半端にしがみついているのは、年齢が上がっていく分だけやり直しがききづらくなって、どんどん不利になっていくとも考えられる。

だからこそ、営業を辞めたいと思うのなら、さっさと辞めてしまって他の道を探したらいいと思う。副業から始める方法もあれば、最初に会社を退職して、次の仕事を探すこともできる。その気になれば、今の日本でお金を稼げないことなんてないんだから、余計な心配をしてる場合じゃないと思う。

たとえば、オイラだって普通の正社員より稼いでるけど、飛び込み営業なんてできない。確実に1日で辞めたいと思うだろうし、現実的に考えて、そもそも出社すらしないと思う。でも、それでも稼げてる事実がある。

営業に苦手意識があっても、その会社の中では簡単に部署を変えてもらえないだろうし、方法は2つ。1つはさっさと辞めて、次の仕事を探すこと。特に、新卒じゃない限りは好きな部署を選べるわけだから、転職すれば営業の仕事はしなくて済む。

もう1つの方法は、今の会社に我慢して勤めながら、副業でも始めること。オイラも怠け者完全バイブルをタダで配布してるけど、これを見ればネットで稼ぐ方法は分かるはず。さっさと稼げるようになって、会社を辞めたらいい。

人生は限りがあるのに、いくらかのお金のためにやりたくない仕事をするなんてもったいない。辞めたいのなら、辞めるために何をすればいいかを考えるべきだし、忍耐こそ美徳みたいな中世的考えはいらない。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



気苦労のない生活

人が大きな気苦労を感じるのは、主に家庭と職場。この2つから解放されると、自然にストレスは激減する。実際、オイラは会社にいかずにサラリーマンより稼いでるし、一人暮らしだから気苦労なんて皆無。

楽して暮らしてると聞くと、ほとんどの人は眉をひそめるし、特に年寄りがこんな話を聞くとネガティブな反応を示すけど、気苦労するために生きてるわけじゃないんだし、自分の人生を最適化するのは当然の話。

ある人が要領が悪いために気苦労をしていたとしても、それは褒められるようなことじゃない。むしろ、能力に問題があるわけだから、残念な目で見られるべきこと。

たとえば、上司とうまくいっていなくて気苦労が絶えないと聞けば、サラリーマンや多くの主婦は同情してくれるかもしれない。でも、オイラに言わせればそんな上司の下で働く以外に能がないんだから仕方ない。

能力があれば、起業するなり転職するなりして、嫌な上司がいない生活を得られるはず。気苦労だってなくなるんだから、それでいい。それが無理なのは、本人にそれだけの価値しかないのか、新しい環境に飛び出す勇気がないんだから、自業自得。

最後は自分で道を切り開かなかったら誰も助けてくれないし、国や会社が守ってくれるわけでもない。気苦労がコントロールできなくて病気になって切り捨てられても、むしろ当たり前だろうね。一応、法律的には会社側が不利になるんだけど。

気苦労の多い人生を送るのか、ストレスのない生活を選ぶのか、これは自分で決めること。ただ、どんな結果になっても、それが自分の責任だと思えないのなら、人間として問題があると言われても仕方ないんだろうね。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



公務員を辞めたいのは賢い

安定した職業の代表格のように扱われ、学生の間では人気の公務員だけど、辞めたいと思う人もいる。これは賢明な考えだと思う。現実を知れば、公務員なんて確実にお金が入ってくる職業ではないんだから。

公務員を辞めたい人が正しい理由としては、一つには日本が右肩下がりの国だということ。ギリシャよりも国の債務ではひどい状態なので、こんな日本で国や地方公共団体の職員でいるなんて、長期的に見て危険で仕方ない。

これからは給料も安くなるだろうし、リストラも開始される可能性がある。将来への展望を少しでも持っているのなら、早めに辞めたいと思うのは当然だと思う。

2つ目の理由としては、副業が禁止されている点。サラリーマンをやるかたわらで、副業で荒稼ぎしている人などを見ると、公務員を辞めたいと感じる人もいるはず。

複数の収入源を確保できるという意味で、副業は経済が衰退する時代には心強い味方になる。その権利を奪われるのは、公務員であることのリスクをいちじるしく大きくしてしまう。

3つ目の理由は、公務員なんて民間企業からは使い物にならないと思われてるから、転職もままならないこと。つまり、他の道へ進むのが、極端に難しい職業になってしまってる。

公務員としての人生への見通しが厳しくなっているのだから、辞めたいと考えるのは当然のこと。むしろ、いまだに就職したい職業として挙げる学生を見ていると、長期的な見通しが甘いと思ってしまう。

公務員を辞めたいと思ったら、すぐにでも辞めてしまうのがベストだと思う。これからの時代、日本という国も守ってくれなくなるし、ネットで簡単に稼げる条件が整っているのに、わざわざ縛られて生きるメリットはないはず。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



離婚で苦しい生活に

慰謝料や財産分与を有利な方向に勧められないと、離婚によって苦しい生活を余儀なくされてしまう。お金の問題は多くの人の人生を台無しにしているだけに、軽く考えていると後悔することも。

そこで、離婚による苦しい生活を打破する方法を考えてみた。大きく分けると出ていくお金を減らすのと、収入を増やす方法があるけど、効果的なのは明らかに後者。節約なんて限界があるから。

収入を増やすなんて難しいと思うかもしれないけど、そんなこともない。離婚が成立したら、揉めて時間を取られることもないのだし、いくらかの時間は作れるはず。その時間をバイトやパートで使ったら微々たるお金しか得られないだろうから苦しい家計の状態は変わらないだろうけど、ネットを使えば効率的にお金を稼げる。

たとえば、毎日数分間の作業しか行なっていないにもかかわらず、月に30万円を稼げる方法だって世の中に存在するし、オイラは実践してる。忙しいのは言い訳にならないので、離婚の後にお金がなくて苦しいのなら始めてみるといいと思う。

月に30万円が上乗せされれば、よほど浪費しない限り、苦しい思いをせずに生活できるはず。離婚して自由を得るのにはお金が不可欠な要素になるので、この部分は手を抜かないのが得策。

離婚は人生を変える大きなチャンスだけど、多くの人は別れたことだけで終わってしまう。本当は、ここから生き方を変えることができるのに、本当にもったいない。

離婚で苦しい思いを一時的に味わっても、お金の面も含めて本当に自由な立場になれれば、その後の人生で幸せになって十分に元を取れるはず。そんな生き方をしてほしい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



英単語の暗記を楽して行う

学生時代から真剣に勉強してなかったけど、一時期海外に出ても生きていけるようになりたいと思って英単語の暗記をしたり、発音や聞き取りの練習をしたことがあった。

その時に分かったのは、学校でやってたような英単語の暗記方法は最悪だということ。教師なんて優秀じゃない人がなるわけだから当然としても、ここまでいい加減な教育だとは思ってなかった。

というのも、英単語の記憶法について言えば、学校で教わったのは何度も紙に書き写すとか、単語帳を用意するとか、何度も目で見て覚えるとか、そんな話だった。

でも、調べてみると1ヶ月もかけずに(通常なら21日で)3000語を暗記する方法もあったので、試してみた。学校での常識が正しいのか、それを打ち砕くほどの記憶法が現実に存在するのか、この時には何とも言えなかった。

結論としては、23日で3000の英単語の暗記に成功してしまった。この間、1日に使った時間は30分以内。しかも、3日か4日、やらなかった日もあったのに、この結果だった。

もし1日5つの英単語を地道に覚えても、3000語を暗記するのに600日かかる。実に1年半以上。しかも苦労して、この結果。これに対し、今回の方法なら1ヶ月もかかってない。

こんな非効率な勉強法をさせてるから、大人になっても社会の常識に縛られて安月給で働くような思考回路が育って、真剣に目的をうまく果たすための発想がなくなるんだと思う。

英単語の暗記なんて時間をかけるものじゃないのが分かったし、学校教育を信じちゃいけないことも痛感した体験だった。


今回使った記憶法




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



生き苦しい

生き苦しいと感じるのには理由がある。しかも、解決策を立てると、あっさり解決してしまったりするので、ここではその点について話してみたいと思う。

まず、なんで生き苦しいと思っているのか?要は悩みの度合いがひどいとか、ストレスを感じる頻度が高いから。慢性的な金欠であったり、家族仲が悪かったり、周りとの人間関係に問題があったりする人が多いと思う。

そんな中、ムダな苦労をせずに快適に暮らすには、生き苦しい理由を取り除く、もしくは遠ざけること。萬年の金欠ならお金を持つ、人間関係に問題があるのなら相手と離れる。この2ステップだけの対策で人生は大きく変わる。

惰性で生きていると気づかないけど、多くの問題なんて、その気になれば簡単に解決する。家族と折り合いが悪いのなら、別居して頻繁な連絡も避ければいいだけ。最初の決断と行動さえできれば、その後はどうってことないはず。

生き苦しいと感じながら、そのままの方針で暮らすのはどうかと思う。それは自分の人生をあきらめていることになるんだし、結局は意味なんてない。

いつまでも息苦しいのを我慢してると、そのうちに人生が終わっちゃう。仮に年を取ってから自由になれても、その頃には身体も動かないし、本当の意味で快適な生活が送れるとは思わないし。

すぐにでも息苦しい状況は変えたほうがいい。そうじゃなきゃ、何のために生まれてきたのか分からないから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



飲み会が苦痛な人へ

お酒がダメで飲み会が苦痛だったり、あの雰囲気が嫌いだったりする人は多い。ただ、日本では大学でも職場でも、アルコールを一緒に飲むという文化がまだまだ根付いているので、苦痛だからといって飲み会を拒否しづらいと思っている人も少なからずいる。

普通なら、どうやって飲み会を楽しむか、それが無理なら乗り切るかをアドバイスしたりするんだろうけど、そういう助言はすでに出尽くされている上、そんな話で解決しないからこそ苦痛に感じているはずなので、ここでは省略する。

ここでは、もっと根本的な話をしたい。そもそも、苦痛になる飲み会に出ないで済む方法。仮病を使ったり、用事があるフリをするということではない。これでは、いつまでも同じ手口が使えないので、いずれ限界が来る。飲み会が苦痛で悩んでいる人にとって、それは不都合なはずだから、その場逃れにしかならない。

では、どうすれば苦痛な飲み会に参加しなくてよくなるか?

周りを見てほしい。事実上、参加を強要されている立場の人はどんな人か?反対に、誰からも無理強いされない人はどんな風に生きているのか?

サラリーマンであれば、最低でもその部署のトップぐらいにならないと、そうした立場にはなれない。苦痛であろうと飲み会に出ないのは職場の規律を見だすとか言われるので、仕方なく出席するしかない。

上に立つようになっても、上司として部下の面倒を見なきゃいけないとか、マネジメントの一環とか、やっぱり飲み会に出る必要があると判断するケースが多いので、サラリーマンを続けても苦痛から解放される可能性は低い。

では、どうしたらいいのか?

その答えは、サラリーマン以外の生き方に目を向けると分かってくる。たとえば、経営者や自営業の人であれば、他人に指図される筋合いはない。苦痛になって収穫のない飲み会であれば、拒否すればいいだけの話。

オイラにしても、無理に飲み会への参加を強いられるようなことはない。気が向けば行くし、苦痛なだけだと思えば断る。それだけの話。

ネットで稼ぐというのは個人が気軽に独立する方法だし、人間関係に縛られずに生きていく方法。まずは小さなところからでもかまわないから、スタートしてみるといいと思う。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



苦しい人生脱却法

苦労しに生まれてきたわけでもないのに、やたらと苦しい人生を送っている人がいる。事故や先天的な病気等のどうしようもない事情の場合もあるけど、大部分はその苦しい状況は変えられる。

しかも、人生はきっかけさえつかめば意外なほどあっけなく変化する。たとえば、会社内で苦しい状況にあっても、個人として稼げるようになればお金のために今の会社にいる必要はなくなるので、余裕をもって転職先を探すこともできれば、自分で稼ぎ続けることもできる。

お金のために苦しい人生を送っている人は、特に多いと思う。別に子供の教育費や住宅ローンの返済に困っていなくても、お金のために嫌な仕事をして苦労しているのも、原因は同じ。

もしお金があれば、こんな苦しい思いをしなくてもいいのにと思いながら生活を送っているのなら、それはお金のために人生を台無しにしていることになる。これからの時代、企業はもっと日本人の採用を減らすだろうから、そんな状況は加速していくはず。

つまり、経済が上昇していた時代の残像を追っている中高年世代の話を聞いても、若い世代はまったく別の道をたどらなければならないということ。旧世代のような人生を送れると思うと、苦労が報われずに首がまわらない状態になってしまう。

苦しい思いをしても、将来が約束されているならいいのかもしれない。心の支えがあるからこそ、頑張れる部分もある。でも、今じゃ自分の人生は自ら守らないと、会社は守ってくれない。政府だって、これ以上財政が悪くなっていけば、どこかで無責任にならざるをえない。

そうなってくると、ネットで稼いで副収入を得ておくというのは、一つの自己防衛手段だと思う。うまくやれば少ない時間で楽して稼ぐことも可能なので、お金のために苦しい人生を送っている人は考えてみたほうがいいと思う。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



« 前のカテゴリ  |  次のカテゴリ »
 
外貨MMF