楽して稼ぐ怠け者倶楽部

怠け者倶楽部 > <18>コミュニケーション

タカダ・サンタマリア


アジア・太平洋地域の
怠け者界を代表する男。
タカダ・サンタマリア

詳しいプロフィール

利用上の注意

当サイトは怠け者専用。


働き者の方、真面目な人は
これまでの価値観との矛盾に悩む、
強い不快感を感じる、
真剣に生きているのが
バカバカしくなるといった
問題が生じるので、
速やかに退出することを
お勧めしておく。


それでも怠け者の世界を
垣間見たいなら、
まずはここからどうぞ

【怠け者完全バイブル】


正社員の同年代よりも稼ぎ、
苦労や努力はしない。


そんな生活を送るための
具体的な方法を伝授。


今なら無料公開中


バイブル入手はこちらから

人気記事

人気ブログランキング
3冠達成!

■カテゴリー

<楽して稼ぐために何をすればいいか?>

×だめノウハウ

いまいちノウハウ

まあまあノウハウ

そこそこ優良ノウハウ

☆☆☆怠け者倶楽部一押しノウハウ


※最高評価の一押しノウハウを見る時は要注意。

楽して稼げることがわかってしまうので、
まともにサラリーマンやバイトをする気力が
なくなってしまう恐れがあるので。

プロポーズの返事待ちの後にすぐ行うべきこと

大きな決心をしてプロポーズをして相手からの返事待ちをしている期間は、かなり落ち着かないと思う。これでOKをもらえると、多くの男は安心して力が抜けてしまう。これからの結婚生活で彼女が(つまり奥さんが)上機嫌でいられる思い出を作るチャンスであることも気付かずに。

プロポーズの返事待ち終わったら(結婚するという場合に限定)、数日以内、できれば翌日かその次の日に行っておくべきことがある。それは、サプライズプレゼント。相手が幸せを感じている時にダメ押しをしておけば印象が強いので、その後も思い出として残る。そうなると、これから何かあった時でも、彼女はあなたを信頼したり、好意を持ち続けてくれる。

では、プロポーズの返事をもらってから行うサプライズプレゼントは何がいいのか?指輪やアクセサリーのような普段の誕生日にも渡すようなものは論外。印象に残らないし、このタイミングで渡す必然性もない。

プロポーズが終わり、OKの返事をもらったということは、多くの人はこれから結婚式・披露宴を迎えるはず。そこでベストなサプライズはブライダルエステ。つまり式のためにキレイになってもらう体験が、物よりも思い出に残る。

女性の結婚式に向けての意識は男よりも数段強い。ブライダルエステをプレゼントすれば、女性の気持ちに理解を示したことになる。しかも、プロポーズの後という印象的なタイミングだけに効果は絶大。

たとえ結婚式の日時が決まっていなくても、まずはブライダルエステをプレゼントすることをはっきり伝えることが大切。先に予約しておいて、日付は後日決める旨を伝えておけば、口先だけの話じゃないことが彼女にも伝わる。

プロポーズの返事をした直後であれば、彼女もあなたの行動の速さに熱意を感じるはず。最初に好印象を与えておくことで、今後の結婚生活でかなり大目に見てもらえることもあるので、ここは外せない。

なお、式場や結婚式の日取りが決まってからにしようと思うと、式場からブライダルエステを提案される場合があり、これでは受け身になってしまうので効果は激減してしまう。あくまでもプロポーズの返事をもらった直後(ただし当日ではなく翌日以降)がベストであることはお忘れなく。

なお、ここで肌にトラブル等が起きると大きな汚点になってしまうので、失敗しないエステならブライダルエステ専門店『ヴァン・ベール』にしておくのが無難なところ。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



会話が苦痛なら

人との会話が苦痛なら、解決法は2つ。まず一般的なのは話し方を磨いたり、対人関係への苦手意識を解決する方法。

もう一つは苦痛になるような会話をしなくても暮らしていけるようにすること。たとえば、仕事での人間関係が嫌なら、会社で働く必要はないわけだし、ネットで稼ぐようにすればコミュニケーション能力なんて求められない。

ある意味、お金があればかなりの問題は解決するわけで、会話が苦痛になっているのであれば、話さないで済ませてしまえばいい話。無理に会話を使用とするからストレスも溜まる。

自由な立場じゃなければ、どうしても会話を続けようと努力しなくてはならない場面もある。たとえ苦痛になるとしても、立場として避けられないケースがある。逆に言えば、自由になれば嫌なことはしなくていい。

実際にオイラの場合には仕事で人と話す必要がない。だから、会話が苦痛になることは、今ではなくなってる。ただ、昔は口下手だったから、気持ちは分かる。話が弾む人を見ていると、どうして自分にはできないのかと思ったこともある。

根本的に会話下手を解決したいのなら、このサイトを見てほしい。詳しい情報が載っているので、参考になるはず。この方法を使っても人と話せないのであれば、もはや会話上手になるのはあきらめてしまうしかないと思う。

会話が苦痛だから生き方を変えるのか、それとも話がうまくなるようにトレーニングをするのか。どちらが正解というわけではないので、自分に合った方を選んでほしい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



会話術のポイントは3つ

無口で口下手だった過去を思い返すと、人と話すのがストレスで仕方なかった。でも、今ではそんな状態を克服できた。会話術に大した技術は要らなかったし、結局、要点は3つだけ。それさえマスターしておけば、大部分は押さえたも同然。

ただ、この会話術の要点はそれぞれをバラバラにマスターするだけでは意味がない。というのは、人と話す時にはトータルで考えなければならないから。たとえば、話し方はまともでも、変な顔をしていたら全然ダメなのと同じこと。これは極端だけど。

そんなわけで、会話術に自信がないのなら、以下の3つのポイントを全て意識しておくと効果的。

聞き上手の意味を間違えるな

会話術の基本は、相手とのコミュニケーションを成り立たせること。一方的に話を進めるだけではいけないし、相手が話すのを聞いているだけでもいけない。両方のバランスが揃ってこそ、初めて意味を成す。

よく聞き上手になるのが会話上手の近道というけど、これは本当。ただ、よく意味が取り違えられてる。というのも、相手の反応も見ないで聞いているだけでは、行き詰って当然。

たとえば、初対面の相手と二人きりなのに、自分から話題も提供せず、アクションも起こさずに聞き手に回ろうというのは、会話術でも何でもなく、ただの手抜き。相手だって初対面なんだから話しづらい。

初対面なんだったら、まずは自分の話題を話しておくことが大切。それで相手が話し始めたら、そこからは聞き手に回る。これが基本。

初対面かどうかに関わらず、聞き上手と無口は違う。相づちだって単調なら相手は話すのが嫌になるから、変化をつけながら、時々大きなリアクションを入れたり、質問を返す必要がある。これが会話術を取り入れた聞き上手のポイント。

ただ聞き役に回ればいいなんて、そんなのは嘘。相手が地蔵のように黙りこくっていたり、興味のなさそうな反応しかしなかったら、相手だって話すのが嫌になるから、気をつけなきゃいけない。

話し方以前の問題

相手と話す時に、どんな気持ちでいるのか?

この点は意外に重要な意味を持つ。特に口下手や内向的な性格を意識しているような人の場合には、この点に問題があったりする。

基本的には好き嫌いは確率論だと思うこと。誰からも好かれる人は世の中にいない。すべての人から嫌われる人もいない。会話術のポイントは、その確率をコントロールするだけで、どんな時でも好感を持たれるようになるわけじゃない。

だから、時には不快な思いをさせたり、嫌われても構わないと思うぐらいの方が、案外うまくいく。何しろ、自分を出さない人間には、相手も警戒するから。人見知りや内向的な人の場合には、会話術のテクニックの前に、この心構えを持っておくと、案外楽に喋れるようになるはず。

いくらコミュニケーション能力を磨いても、百発百中はありえないから、そこまでを望む必要はない。これは会話術以前の問題だけど、しっかり意識すればリラックスして話せるようになるはず。

話題の探し方

定型的な話題(たとえば天気)をいくつか持っておくと雑談が途切れなくて済むという話は聞くけど、これだけでは不十分。相手に合わせて話題は変えていかないと、現実問題として通用しないから。

そうなると、最初から準備万端に決まり文句のような話題を持っておくことは勧められない。これは会話術というよりも、単なるマニュアルの一つ覚え。もっとも、少しポイントをずらすと、この考え方はうまくいく。

誰にでも通用する話題をあらかじめ用意しておくんじゃなくて、相手に合わせてどんな話題を探せばいいか、このポイントを知っておけばいい。人間の心理なんて意外に単純なので、まずは糸口を見つけられるような話題を振り、後は相手の反応で話を展開するだけ。これが本当の会話術。

具体的な方法はここでは紹介しきれないので、興味がある人はこっちを見てほしい。元々は無口で人見知りだったのに、今では肩の力を入れずに雑談が続くようになったのは、実はこの方法のおかげ。偉そうに言っても、ここに書かれているのが全てだったりする。

ちなみに、それ以前にもいくつかの会話術を試してみたけど、内容は効果のないものばかりだった。そのおかげで、どれだけの時間をムダにして、どれほどむなしい思いをしたことか・・・。

そんな思いはしてほしくないから、中途半端な会話術なんて相手にしない方がいい。どうせ効果も検証されてない聞きかじっただけの知識なんだから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



内向的な性格だった

今は普通に人と話せるけど、2年ぐらい前までは内向的な性格で、人見知りな上に親しい相手とも雑談があまり続かなかった。人とくっついていたいとは思わなかったし、自然に一人を好んでいた。

他人と一緒にいると息が詰まってしまうんだから、仕方なかったと思う。内向的な性格を直せという人もいたけど、具体的な方針も示さないでそんな事言われても、それは無責任にしか感じられない。自分でも努力はしてたんだし・・・

この性格で損をしたこともあれば、得をしたこともある。まず、恋愛では内向的なのが完全に災いした。顔でモテるほど美男子でもないのに、性格は引っ込み思案。これでは接点を作ることすら難しい。共学に通っていたにもかかわらず、思春期の思い出は閑散としている。

これに対し、仕事や就職は内向的な性格が完全に幸いした。と言っても、他人から見ればマイナスにしかなっていないのかもしれない。何しろ、就職してないのだから。

なぜ、就職してないのが幸いだったのかというと、同じ年代のサラリーマンよりも稼げる仕事を見つけたし、圧倒的にストレスが少ないし、時間も短くて住んでいるから。はっきり言って、就職してサラリーマンとして仕事をしても、不幸になるとしか思えない。

この意味では、内向的で口下手なのがプラスに働いたと思う。何の疑問も持たずに就職したら、ある意味でサラリーマンとして変な職業意識を植えつけられるんだから。そうなったら、楽して稼ぐことに罪悪感を覚えかねない。

仕事については内向的でも関係ないからいいんだけど(一人でパソコンに向かうだけなので)、恋愛はさすがに思春期だけの問題じゃない。それに、いい年して人見知りというのもどうしたものかと。そんなわけで危機感を持ったのが、約2年前。

内向的なのは原因があった

単純に性格として片付けてしまうと、それを直すのは恐ろしく大変になる。何しろ、持って生まれた人間性を変革しなきゃいけないんだから。でも、実は内向的なのって、他のところに理由があったりする。

実際に試して分かったのは、話下手であることと内向的な性格には関連があるということ。これは机上の空論でも何でもなく、実体験によって分かったこと。元々、無口で口下手だったけど、これが原因になっていたことが分かった。

初対面の人と話す場面で会話が続かないと気まずい思いをする。それが続けば避けたくなる。雑談が苦痛になって、人との関わりを避けるようになる。こんなサイクルを、子供の頃から繰り返していたんだと思う。

でも、会話が自然に続くようになると、もっと言えば話していて相手のテンションが上がるのが分かるようになると、それが楽しみになる。そうなると、人と話すのがストレスじゃなくなるから、自然に内向的な性格が直っていった。

とは言え、いきなり話し上手になろうと思っても、意外に難しい。実際、色々な方法を試したけど、ほとんどは効果がなかったし、かえって落ち込んだだけだったから。

ただ結果としていえば、会話がうまくなるのは、ある方法を使ったら驚くほど簡単だった。やっぱりプロが作ったノウハウと、素人が無責任にネット上で書き込んでいるだけの内容では、まったくレベルが違うことを、改めて思い知らされた。

1週間もかからずに口下手が改善されていったノウハウは、こっちのページを見てほしい。詳しく内容が載っているので、それを参考にしてもらえればいいんじゃないかな。内向的な性格に悩んでいるのなら、1ヶ月もたたないうちに、悩んでいたことが嘘のように思えるはず。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



無口が直った

寡黙な男がモテるわけもなく、無口な性格のおかげで女子とは仲良くなれず、暗い青春時代を過ごすはめになってしまった。中学・高校と共学だったものの、女友達もいなく、人見知りな性格も手伝って満足に同性ともコミュニケーションが取れなかった。

小学校の頃から無口でおとなしかったので、それは自分の性格だと思ってたし、しゃべるのは苦手だったけど、そんなに気にしてなかった。本気で直そうと思ったのは、やっぱり中学の頃。この頃には、どうしても女子と仲良くなりたいからね(笑)。

しかし、結果としては無口が改善されることはなく、雑談を続けるのにも苦労した。話題は見つからないし、会話となると緊張して疲れてしまうし、ろくなことがなかった。それでも頑張ってみたものの、やっぱり口下手が直らず、高校の途中で完全にあきらめてしまうことに。

こうして思春期や青春と呼ばれる時代は、完全に無口な男として過ごす結果になった。たとえしゃべるのが下手でも、イケメンなら関係なかったのかもしれない。でお、オイラのルックスでは黙っていても向こうから寄ってくるようなことはないわけで、閑散とした青春だった・・・。

無口は直るのか?

そもそも、努力すれば会話は続くようになるのか?これは大きな疑問だった。中学から高校の途中までは、時々思い立ったように親しくもない相手に話しかけ、気まずい思いをしても無口は直らなかった。だからこそ、性格と割り切る覚悟も決めていた。

でも、もしも適切な方法なら無口を直すことができたとしたら。そんな思いが心にくすぶっているのも事実だった。ある時、ネットを調べみると、無口を治す方法や、会話上手になる方法が山ほど見つかった。

その中には、自己流で思いついて行っていたような方法もあれば、とにかく根性で人に話しかけるというノウハウとも呼べないような内容のもの、具体的な話題を示して会話が途切れないようにするものなど、様々なものがあった。

実は、このうちのいくつかは試してみた。

「無口が直るのなら」

そんな思いを抱えながら、何度も挫折することになった。やっぱりうまい話には裏があると思う一方で、もっとしっかりした方法さえあれば、無口は克服できるんじゃないかという思いも残り、あきらめきれなくなってしまった。

そして行き着いたのは、会話コンサルタントの木多崇将氏だった。

会話コンサルタントという肩書きに負けないだけの実績を持っているだけに、木多崇将氏は信頼できそうだと直感した。この手のノウハウは稼ぐ系のものを沢山購入してきたので、本物と偽物を見分ける目を持っていたのは、幸いだった。

木多崇将氏のノウハウを実践することを決めてからは早かった。読み終わった次の日から実践してみたら、たしかに会話が続く。無口だったのは性格というよりも、雑談を途切れさせないテクニックを知らなかったからだと、今なら言える。

この木多崇将氏の会話術の場合には、このノウハウだけを実践すればうまくコミュニケーションが取れるように、総合的な内容になってるのが良いところ。たとえば、話題の見つけ方だけ、あるいは人と話す時の精神論だけ、これではうまくいかない。大切なのは、それぞれをトータルで使いこなすこと。

無口な性格も直ってしまえば過去のもので、今では人と話すのが楽しいし、気楽になった。会話が途切れて気まずい沈黙が流れるのを恐れる必要がなくなったのは、本当に助かった。

最近知り合った人の場合、そもそもオイラが無口な性格だとは思っていないだろうし、1週間もすると完全に効果が現れているんだから、長年悩んでいたのがバカバカしくなってしまう。本当に、変われば変わるもんだね。

無口を直してくれた木多崇将氏のノウハウ。これでダメだったら、それは本当に直しようがないのかもしれない。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



雑談が続くようになった

しゃべるのが得意な人には分からないんだろうけど、無口だと雑談を続けるのは意外に大変。話題が見つからないし、会話も面倒になっていく。結局、人見知りや人嫌いの原因になってしまう。用もないのに人といるのが恐怖になるケースすらある。

オイラも昔は人見知りだったし、雑談ができないタイプだった。昔と言っても、2年前までなので、かなり長かった。完全に大人になってしまっているのに、雑談に恐怖や嫌悪を感じるという有様だったことになる。

こうしたことを考えると、つくづくサラリーマンには向いていないと思うし、会社勤めなんてしなくてよかったと思うけど、雑談ができないのは克服できたので、今は普通に人と話せる。会話が苦手だった子供の頃や思春期の頃が嘘みたい。

色々な方法を試してみて分かったのは、無口や口下手って部分的なアドバイスでは改善されないということ。たとえば、気持ちの持ちようであったり、話題の見つけ方を知ったところで、雑談がスムーズにできるようになるかというと、そんなことはない。

むしろ、いい加減な方法を試して失敗するたびに自信がなくなっていって、人とうまく話すなんて無理な気がしていく。そうなると、どんどん泥沼になって、それこそ雑談なんて恐怖の対象になってしまう。改善の見られない克服法なんて、役に立たないどころか有害ですらあるということ。

驚くほど簡単に会話が続くように

思春期の頃には女子との雑談を何度も試みて、勇気を出して話しかけたはいいものの、その後に話しが尽きて気まずい思いをした経験は一度や二度ではない。当時は、自分の脳をフル活用して状況を打破しようとし他にもかかわらず失敗。雑談の才能がないから会話ができないのだろうと諦めてしまっていた。

そして、人から聞いた方法やネットで見つけた方法を試しても、雑談ができるようになることはなかった。にも関わらず、気楽な会話ができない症候群のオイラをあっさり変えてしまったノウハウがある。

はっきり言って、この方法通りに人に接すれば、雑談が続かなくて気まずい思いをするようなことはないし、それどころか相手も笑顔になってくれる。昔からの友人ではなく、初対面の相手でもこうした反応を引き出せる。

こんなこと、かつてなら嘘だと聞き流していたのだろうけど、実際にそんな変化が起きてしまったのだから仕方ない。嘘偽りのない感想なんだから。

もったいぶっても仕方ないから、具体的な方法はこれを見てほしい。深刻な悩みだったのに、今では雑談ができない時期が合ったことのほうが不思議な気がしてしまう。何しろ、コツが分かれば簡単なんだから。

今までを振り返ってみると、何か歯車がかみあっていなかったのかもしれない。それが噛みあうようになったことで、スムーズに雑談が進むようになって、今があるんじゃないかな。このきっかけを見つけることができて、人と話すのが楽しくなったし、本当に良かった。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



人見知りを克服する方法

今となっては初対面でも平気で話せるけど、子供の頃から最近まで、人見知りがひどかった。直すとか克服するとか、そんな方法を探すこともしなかったし、とにかく性格だと思って諦めてた。

何しろ、物心ついた頃から人見知りだったんだから、生まれ持ったおとなしい性格としか思わないし、それを克服する方法なんて存在すると思わなかった。たしかに不便だと感じることはあっても、それは仕方がない気もしてたし。

無口で口下手な性格も手伝って、人見知りな上に慣れてきてもうまくコミュニケーションは取れないということで、学校の中では浮いていた時期もあった。この頃には、状況を変えたいとは思っていたけど、心のなかで思うだけで具体的な方法が思いついたわけでもない。

ただ、年齢が上がってくると、徐々に余裕でいるわけにもいかなくなる。何しろ、モテたい(笑)。人見知りを克服しないと、ただでさえ女子が相手なだけで緊張するのに、ますます無口で無愛想じゃ希望がない。顔がいいわけでもないし。

イケメンに生まれなかったことを恨めしく思ったりもしたけど、さすがにイケメンをうらやんでばかりもいられないので、意味不明な努力もした。1日1回、隣の席に話しかけたり。結果、人見知りは直らなかったし、クラスの中でじゃっかん変な立ち位置になった・・・。

人見知りを克服した21歳の夏

正確には梅雨の頃から克服のための動きはスタートしたんだけど、なんとなく夏の方が響きがしっくりくるので、一応夏ということで(笑)。

人見知りを克服する方法として実行したのは、人との会話を途絶えなくすること。つまり、気軽に会話を続ける方法さえ身につければ、たとえ初対面でもコミュニケーションが取れるし、表情や手振り身振りは後から付いてくるものと考えた。

とは言え、わざわざ話し方教室なんて恥ずかしい場所に行く気はもちろんなくて、会話術をネットで検索し、いくつか試してみた。残念だったのは、最初のいくつかはハズレだった。春から梅雨にかけては、新しい方法を見つけては試し、会話が続かないし、人見知りも直らないという不毛な時間を過ごした。

そして、梅雨も終わりに近づいた頃、ようやくの思いでまともなノウハウを見つけ、驚くほど簡単に会話が続くようになった。しかも、話が途切れないことと、次の話題も思いついていくから余裕ができるし、話すのが楽しくなってきた。

元々が人見知りだったのが嘘かと思えるほどに、1週間もたたないうちに変化が起きていたので、正直言って驚かされた。これまで、無口を直す方法なんて知らなかったけど、コツをつかめば思うよりはるかに簡単だったとは。

会話が楽しくなっていくと自信がついて、人見知りは自然に克服できた。今では初対面でも抵抗なく話せるし、そうした人が多く集まる場も楽しめる。人におびえて暮らす必要がなくなったのは、ストレスがなくなったし自然体でいられるから、人見知りを克服できて本当によかったと思う。

実践した期間は実質、2週間程度。それでも明らかな結果が出たから、人見知りに悩んでいる人は、会話が簡単に続くようになったこの方法を使ってみたらいいんじゃないかな。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



« 前のカテゴリ  |  次のカテゴリ »
 
外貨MMF