楽して稼ぐ怠け者倶楽部

怠け者倶楽部 > <04>対人関係

タカダ・サンタマリア


アジア・太平洋地域の
怠け者界を代表する男。
タカダ・サンタマリア

詳しいプロフィール

利用上の注意

当サイトは怠け者専用。


働き者の方、真面目な人は
これまでの価値観との矛盾に悩む、
強い不快感を感じる、
真剣に生きているのが
バカバカしくなるといった
問題が生じるので、
速やかに退出することを
お勧めしておく。


それでも怠け者の世界を
垣間見たいなら、
まずはここからどうぞ

【怠け者完全バイブル】


正社員の同年代よりも稼ぎ、
苦労や努力はしない。


そんな生活を送るための
具体的な方法を伝授。


今なら無料公開中


バイブル入手はこちらから

人気記事

人気ブログランキング
3冠達成!

■カテゴリー

<楽して稼ぐために何をすればいいか?>

×だめノウハウ

いまいちノウハウ

まあまあノウハウ

そこそこ優良ノウハウ

☆☆☆怠け者倶楽部一押しノウハウ


※最高評価の一押しノウハウを見る時は要注意。

楽して稼げることがわかってしまうので、
まともにサラリーマンやバイトをする気力が
なくなってしまう恐れがあるので。

無口キャラが歓迎されるのは二次元だけ

オイラも子供の頃は無口キャラだったことがあるけど、今では普通に話せるようになった。まあ、話下手だったのも、それなりに治ったし。

ただ、いい年して無口キャラの人を見ると、やっぱり直したほうがいいのに、と思う。やっぱり、何だかんだで損をしてるわけで。だって、2人きりになったりしたら気まずいし。

一人で話せる人だったら、相手が無口キャラでも関係ないかもしれない。でも、よっぽど限られた人以外は、そこまで神経太くないと思うし。相手に負担をかけるということは、やっぱり関係が悪くなるんだよね。険悪にはならなくても、疎遠になったり。

オイラも、友達の友達ですごい無口キャラな人と先週会ったけど、友達がトイレ行ってる間気まずかったし。せめて返事とか、反応をしてくれればいいけど、それもあんまりだし。

自分が無口キャラだったから、いきなりうまく話したり、リラックスして雑談するのが難しいのは分かる。ただ、せめて返事ぐらいはしないと、やっぱり人間関係はうまくいかないんじゃないかと。愛想よくしてみるとか、それだけでも感じが違うし。

無口で無表情だと、何か圧迫面接でもされてる気分になるし。「こっちが悪いの?」と思ったりするから。

結局に、二次元では無口キャラが人気になっても、現実世界では厳しいのかな〜と思う。普通に気まずい沈黙が続くと、もう会いたくないと思うし。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



世間体を気にする意味があるのか

仕事の有無とか、いい年して結婚してないとか、離婚したらどうなるとか、世間体を気にする人は多いみたいだけど、そんなに意味があるのかな?世間体はあくまで主観的な話なので、客観的にムダであるのは言うまでもないわけで、それとは別の視点から考えてみようと思う。

オイラの場合、近所から見ると完全にニートと思われているという特殊な(結構普通?)立場にある。そこで、そんなオイラから見て世間体を気にするのがどうなのか、どうしても気になってしまうのかを考えてみたい。

昼間からフラフラいくコンビニとか、食事に行くファミレスとかから見れば、いかにもニートに見えてしまうのは意識してる。でも、世間体を気にして働いているフリをしようとかは思わない。というのは、きっと勝ってると思ってるからだと思う。

はっきり言って、オイラの収入はバイトよりもはるかに高いわけだし、ファミレスの店長なんかよりも上。そうなると、彼らがどう思ったところで、負け犬の遠吠えぐらいにしか思わない。別に向こうも負けてるとは思ってないわけだけど。

世間体がどうであろうと、圧倒的に優位な立場にいると思えば、その状況を楽しむことができる。だって、ニートだと思っている奴が、実際は自分の何倍も稼いでるなんて面白いでしょ。別にオイラも実害ないし。よく思われる必要なんかないんだから。

世間体を気にしないようにするんじゃなくて、もっと別の楽しみ方を見つけたらいいんじゃないかな。ただ逃げているだけよりも、その方がストレスがたまらないし、むしろ楽しいから。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



嫌われるのが怖いのを克服できた理由

オイラも人の子なので、学生時代は人から嫌われるのが怖かった。むしろ、人よりもその辺の意識は強かったかもしれない。

それが、今となっては人に嫌われるのが平気になったし、それを怖いと思う感情もなくなった。その理由は何かと考えると、オイラが人間的に成長したとか、精神的にたくましくなったわけじゃない。

単純な話、立場が変わったというだけだった。学校に通ってれば、どうしてもクラスメイトと毎日顔を合わせなきゃならない。その状態で嫌われるのは精神的に応える。別に友達になりたいとは思わなくても、わざわざ嫌われるのは避けたいと思ってたから、そういうのは怖かった。

でも、今は人間関係を選べる。付き合いたくない相手とは一切合わないし、友達とかその友達とか、一緒にいたい相手とだけ付き合ってる。だから嫌われるのが怖いとか思わない。お互いに友達になりたいと思わなければ、2度と会わないだけだから。

自分を偽ったり、無理に相手のペースに合わせるのは面倒だし、どうせ長続きしない。だったら、こっちのペースを押し付けてみて、波長が合うか試したらいいと思ってる。それで嫌われるんだったら、縁のない相手ってことだし。世の中に腐るほど人はいるんだから、わざわざ相性の悪い人と付き合わなくていいと思う。これはオイラのためでもあるし、相手のためでもある。

気を遣わなきゃいけない場面であれば、相手から嫌われるのが怖いというのは当然の感情だと思う。それを克服するのは難しいと思うし、そういう感情を持つこと事態、あまりコミュニケーションが得意じゃないんだろうから。それよりは、自分の立ち位置を変えた方が人間関係は楽になる気がする。まあ、サラリーマンとかやってると無理だから、誰でも簡単に実行できる話じゃないのが難点だけど。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



プレゼントで嬉しいフリをするのが辛い

どういうわけなのか、去年の誕生日は友達からプレゼントをもらった。普段はそんなことないんだけど。その時は、嬉しいというより驚きだったので、うまくリアクションが取れなかったのが申し訳ない。

と言いつつも、その後に発覚したプレゼントの内容を考えると、嬉しいフリもできないだろうと思う。アジアン雑貨的な雰囲気の木の彫り物で、仮面を付けたシャーマンか何かなんだけど、これをどうしろというのだろう?

ひょっとしてウケ狙いかと思いきや真顔だし、その後にも特に笑わせようという意図は見えない。ひょっとして、タイとかベトナムとか旅行にでも行ってきて、そのお土産を誕生日プレゼントとしてくれたのかもしれないと思って聞いてみたけど、旅行に行ったわけじゃなくて、なぜか町田にある雑貨屋で買ったらしい。

初めてのプレゼントで嬉しいような、微妙なものをもらってしまったような、何よりも目的というか、なぜ突然誕生日プレゼントをくれたのか分からないという複雑な気分だった。ちなみに、その友達は男なので、そういう意味での好意ではないだろうし。

疑問だったので、なんで去年だけ誕生日プレゼントをくれたのか聞いたけど、「何となく」と言うばかりで、納得できる答えも返ってこない。謎だ・・・




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



体育会系男子は引くが、女子はOK?

高校時代にも帰宅部だったオイラにとって、体育会系の男子なんて目の敵のようなものだけど、女子だったら別にいいのかと思ってた。スポーツ好きでも問題ないイメージだったし。

ただ、その考えは甘かった。体育会系なんて男子とか女子とかの話じゃなくて、やっぱり生理的に受け付けないらしい。

こないだの飲み会で、いわゆる体育会系の女子が来てるんだけど、なんか大学時代のバレーボール部のノリをこじらせてて、すごい痛かった。もう社会人になってるはずなのに、会話の内容が常に部活や筋トレの話で。

スポーツ好きの女子なら別にいいけど、ここまでの体育会系だと痛い。一体いつまでそんな感じでやっていくのか分からないし、そもそもプロにもなれてないでしょ。いい加減、運動部ノリは卒業すればいいのに。

体育会系男子は暑苦しくてやだけど、女子でもキツイ。というか、本当にもう会いたくないし、そういう人が出てる飲み会には出たくないぐらいだった。付き合いで飲みに行くことはないから、こういう気分になるのは珍しい。

人の紹介だと、この辺は事前に分からないから難しいんだよね。イラッとしたにしても、いきなり席立って帰るとかは友達にも悪いし。しかし、そう考えて周りを見渡してみると、体育会系色が強いのは男女を問わずいないという事実が分かった。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



小心者を克服する簡単な方法


気弱で小心者な性格だから、学生時代なんかはそれを気にしてた。ただ、克服しようと思っても簡単な治るわけじゃなかったし、そのまま大人になってしまった。

大人になってから性格を変えるなんて難しそうだけど、意外にもあっけなく小心者は克服できた。しかも、改善しようとして頑張ったとか、特別な方法を使って治したわけではなく、自然に克服してしまった。

というのは、オイラの場合には自分の強みを見つけられたから。学生時代だと、顔が良いとか、勉強ができるとか、運動ができるとか、話が面白いとか、そういうことがステータスになる。でも、大人になると人からの評価で地位やお金の占める比重が高くなる。

オイラの場合、まともに働かずに同年代の正社員の倍以上の金額を稼いでるから、余裕もあるし、ムダに努力して消耗してる人を見ても残念にしか思わない。その自信が、いつの間にか小心者を克服させてくれた。

今では、誰と会うにしても大して緊張しない。自分の人生の方が効率的で楽しいと思ってるから、自信が持てる。結局、自分の生き方を見つけると、ついでに小心者も克服できてしまった。

勉強やスポーツを頑張ったところで、社会に出たら役に立たないわけだから、稼ぐ能力を身に付けてしまうのが、自信をつける手っ取り早い手段だと思う。周りが安い時給でバイトしたり、正社員として忙殺されてる間に、自分は片手間で稼いでしまえば、自分を卑下する理由がなくなるし、小心者も治るはず。

それと、サラリーマンのような他人に影響を受けやすい立場ではなく、自分で稼げるようになれば嫌な場面とか、望まない場面は基本的に避けられる。そうすると、コンプレックスになるような要素がなくなるので、なおさら堂々としていられて、小心者が治っていくのを感じられるはず。

学生時代に小心者だった友達が、社会人になったら堂々としてるなんていうのは普通にある話。結局、自分の置かれてるステージによって必要とされる能力も変わってくるし、その中で自信を付けたりできるわけだから。

社会に出てからも気が弱いのが直らないなら、やっぱり自分に合わせた生き方をしたほうがいいんじゃないかな。対面セールスが苦手なら、セールスされることを防ぐとか。新聞の勧誘が来ても、出なきゃいいわけだし。

人と同じ生き方をするために性格を直すよりは、小心者である自分を認めるのも1つの方法かと思う。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



人付き合いが面倒

昔から人付き合いが面倒だったので、このまま会社に就職してサラリーマンになっても、ストレスが溜まるばかりで幸せにはなれないだろうと思ってた。だから、社員になるのはあきらめてしまった。

フリーターにしろ派遣にしろ、面倒な人付き合いは基本的にある。むしろ、正社員に比べて弱い立場だけに、かえってストレスは多いのかもしれない。これでは就職しなかった意味がない。

そこで、面倒な人付き合いなしでどうやって生きていくことにしたかというと、ネットで稼ぐ事にした。格好良く言えば個人事業主、悪く言うとニートのような生活だけど、収入だけ見れば同じ年代のサラリーマンの平均月収より稼いでる。

ネットで稼げるのかどうか、最初は疑ってた。面倒な作業をこなせば稼げるだろうとは思ってたけど、楽してお金が得られるかは謎だったので、ここは疑問だった。人付き合いがなくても、他の部分で面倒な要素が多かったら意味がない。

色々な方法を試してみたけど、結果として感じたのはネットは楽に稼げる。ただ、そんな方法は埋もれてしまっていて、判別が難しい。多くの情報は稼げないか、膨大な作業量を必要としてるから。

人付き合いが面倒な人にとって、一人で稼げるようになるのは魅力的な話だと思う。ただ、それで成功する人が限られているのも事実。面倒なのにサラリーマンになって生きていく人が多いのには、それなりの理由があるんだろうね。

要領がいい人なら、ネットで稼ぐのも、サラリーマンをやるのも楽かもしれない。でも、オイラみたいに要領が悪いと、人付き合いは面倒だから嫌だし、ネットで稼げるようになるのも時間がかかった。ただ、大変だったのは正しい方法を見つけるまでで、そこから先は楽勝。一線を越えてしまえば、人生は変わるのかもしれない。

これからも嫌いな相手との人付き合いはするつもりがないし、面倒な人間関係に悩まされる人生を送るつもりはない。おかげでストレスなしで暮らせるんだから、幸せなのかもしれない。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



プロポーズ後に男がやっておくこと

一世一代のプロポーズの後、相手から返事をもらえたらやっておくべきことがある。この辺の気遣いの有無で結婚してからの生活が大きく影響を受けるので、絶対に外さないでほしい。

女性に対し男がプロポーズの後でアピールしておかなければならないのは、今後の生活への責任感とか、彼女(新婦)だけを見続けることじゃない。こんな意思を見せようとしても、そんなのは実際の結婚生活が始まってからの話で、今アピールしても無視されるのがオチ。

プロポーズの後のタイミングで考えるべきは、結婚式を大切にする意思と、そこまでに彼女に万全の状態を作ってあげるという気持ち。嘘でもいいので、これらを見せておく必要がある。

男にとって結婚式は面倒な儀式でも、女性にとっては一生に一度(とは限らないけど)の晴れ舞台なので、ここで手を抜くとその後も文句を言われ続けたり、わだかまりが残ったりする。そうならないように、プロポーズの後に協力的な姿勢を見せなきゃならない。

ただ、実際には仕事が忙しかったりすると、式の段取りの打ち合わせは負担になったりする。そこで利用したいのが、ブライダルエステをサプライズでプレゼントすること。結婚式の写真は年をとっても残るものなので、とにかくキレイな姿にしてあげることで、新婦は自信を持って晴れ姿を見せられる。

間違っても、相手からの催促を受けてブライダルエステを申し込んではいけない。これでは何の効果もないので、プロポーズの後、遅くても1週間以内にはサプライズでブライダルエステをプレゼントすること。

これだけで、たとえ結婚式の打ち合わせを新婦任せにしてる部分があっても、かなり得点をかせげる。また、式の準備に関しては、ウェディングドレス選びと席決めだけは参加すること。これを丸投げにすると、相手はかなり怒る。

上記の点をプロポーズの後に押さえておけば、結婚生活は順調なスタートを切れるはずなので、幸せな門出のために忘れないでほしい。

ブライダルエステは色々あるけど、ここに任せておけば間違いないというのは、ブライダルエステ専門店『ヴァン・ベール』。ここがベストだと思う。色々エステはあるけど、肌が赤くなっちゃったりすることもあるみたいだから。

結婚したいな。子供も二人ぐらいはほしいし。別に焦る必要はないし、もう少し先でもいいと思うけど、友達の結婚式とか行くと、やっぱり結婚したくなっちゃう。

それにしても、プロポーズは頑張るのに、その後は式場の手配とかも奥さん任せだったり、手抜きする男が多いのは残念に思う。まあ、忙しいんだから仕方ないけど。オイラはヒマなので、そういうイベントは大事にする。と、ここでなぜかアピールしてみる(笑)




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



プロポーズの後のサプライズ

結婚というと新郎にとっても新婦にとっても一世一代の大舞台だけど、それにそなえるためのサプライズをプロポーズの後に行った友人がいたので、その情報を共有したいと思う。

友人が行ったのは、新婦(この時点では彼女)にプロポーズをして、OKの返事をもらってからブライダルエステをこっそり予約して、彼女にサプライズでプレゼント。これをとにかく早く行ったという話で、プロポーズの2日後には彼女に伝えたらしい。

まだ結婚式までの段取りも決まっていないプロポーズ直後のうちにブライダルエステをサプライズプレゼントされたということで、彼女の喜びようもこれまでの誕生日やクリスマスのプレゼントとは比べ物にならなかったらしい。

これがプロポーズの後で時間がたって、結婚式の日取りを決めた後、それに向けて色々な手続きを勧める中での出来事だったら、彼女の感動もなかったと思う。単純にブライダルエステのお金を出してあげたとしても、サプライズの時とは別のレベルの話であるはず。

男にとっては、結婚式ってそんなに思い入れがないけど、女性にとっては一生の記念という位置づけになることが多いので、やっぱりキレイにしておきたいというのは当然のこと。ウェディングドレスでは背中を出しても、背中を普段出さない女性もいるし、ケアして最高の状態を作るためのプレゼントをプロポーズの後に用意しておけば、一生感謝されるんじゃないかな。

ブライダルエステは珍しいものじゃないけど、それをプロポーズのすぐ後にサプライズで用意しておけば一生ものの思い出にもなる。男性なら、ぜひやっておいた方がいいサプライズなんじゃないかな。


どのエステを選んだらいいか迷ったら、間違いがないのはここ。
ブライダルエステ専門店『ヴァン・ベール』




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



面倒くさい人の遠ざけ方


色々な人と関わっていると、中には面倒くさい人が出てくるので嫌になる。我慢してもストレスになるだけだから、そんな時には遠ざけて距離を置くのが一番。ということで、今回はそのためのテクニックについて。

まずは面倒くさい人との関係の分析。この結果によって、あっさり関係を断てる場合と、策を練らなきゃならない場合に分かれるので、どんなタイプになるのか見てみよう。

まず、利害関係のない場合には心を鬼にして割り切ること。今後面倒くさい人と関わって受ける損失(ストレスや無駄にする時間)と、冷たくして感じる気まずさを比べれば、おのずと結果は出る。連絡が来ても無視する話しかけられても忙しいといって聞き流すといった対応で十分。

面倒なのは、理解関係のある場合。たとえば、会社の人間関係。オイラなら会社なんて辞めて今みたいな自由な生活を目指すけど、それができない人の場合には、上手に相手と距離を取るしかない。面倒くさい人でも、上司や取引先なら無視するわけにもいかないし。

面倒くさい人にも様々なタイプがいるが、しつこく話しかけてくるような人の場合には、とにかく忙しいふりをすること。それでも気にせずに話しかけてくるのなら、具体的な案件を期限付きで言えばいい。

「何時までに◯◯の書類を提出しなければいけないので」

こんな感じで言えば、相手も黙らざるをえない。漠然と忙しいと伝えるよりは、より具体的な直近のスケジュールというところがポイント。ただし、仕事内容を把握している相手には要注意。仕事の仕方等を突っ込まれることもあるので。

また、面倒くさい人にとって絡みづらいタイプになることも有効。たとえば、話しかけやすいから声をかけてきていると思うのなら、周りよりも話しかけづらいオーラを出すこと。面倒くさいと心の中では思いながらも、表面上は愛想よくしていると、相手も勘違いするので。

最終的には、相手が余計なことをしてきづらい雰囲気を出したり、そうしたポジションにたどりつければいいけど、仕事の場合には難しいと思う。社長まで上り詰めても、古参の幹部や面倒くさい取引先はいるわけだし。

そうなると、やはり究極的には仕事で人に使われたり、取引先と付き合ったりしないでも稼げる生き方を選ぶのが、面倒くさい人とかかわらずに快適に過ごす一番の方法だと思う。

実際、オイラもネットで稼げてるおかげで、面倒くさい人なんて周りにいない。うっとうしいと思った段階で付き合いを止めるだけだから。こういう生活を送ると、普通のサラリーマンって本当に無駄なところで頑張ってるなーと、感心するやら、呆れるやら。



後日談:この記事にコメントが来た。その人の言葉では、面倒くさい人と付き合わずに生きていけるほど、人生は甘くないらしい。邪魔くさいのでコメント削除しちゃったけど、残しとけばよかったな。一度削除しちゃうともとに戻せないので。

そのコメントを残してきた人自身が一番面倒くさいのは言うまでもないんだけどね。自分がストレスがたまってるからって、わざわざ人のブログに文句を残していかなくても・・・。残念な人だな〜。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



面倒な人間関係を解消

人付き合いが嫌いなので、人間関係が面倒だと思っていた。そこで、どうにかならないかと試行錯誤した結果、意外に簡単に問題は解決できることが分かってしまったので、ここではその方法をシェアしようと思う。

まず、面倒な人間関係がどんな場面にあるかを整理すること。仕事の関係なのか、友人などのプライベートな間柄なのか。色々なパターンがあるだろうけど、まずはここが重要。

整理してみると、実は面倒な上に意味のない人間関係であったりするので、この場合には連絡が来ても無視することや、相手からの誘いは理由をつけて毎回断るといった対策を徹底することで、自然に距離ができてくる。

同僚や上司、取引先といった仕事に関連する人間関係が面倒な場合、働いている人には多いだろうけど、このケースでは人間関係に左右される仕事を辞めることが、長い目で見てベストな選択だと思う。

極端な解決策に思えるかもしれないけど、今の時代、サラリーマンを止めてネットで稼ぐ方が儲かったりするのだから、何も面倒な人間関係でストレスを溜めながら働くよりも、もっと大きなお金を組織の力なしで稼いじゃえばいい。

そんなことできるわけがないと思うかもしれないけど、実際にオイラは達成してる。特別な技術もなければ知識もない。華々しい経歴もない。そんな状態でも人間関係で面倒な思いをすることなく、何不自由なく暮らせるだけの収入があるんだから、イメージだけにとらわれてしまうのは、あまりにナンセンス。

仕事に付いてくる人間関係の場合、残念だけど面倒くさいものがほとんど。しかも、定年まで働くと仮定すると、それまでに長年我慢しなきゃいけないことになる。この部分を解消させることができれば、本当に負担は大きく減少する。

ちなみに、オイラが楽して稼いでいる方法はこちらのページで細かく書いておいたので、興味があるなら見てほしい。ネットさえつながれば、パソコンの使い方もろくに分からない人ですら、この稼ぎ方なら実行できる。実際にやってみて分かったけど、ちょっと破格の稼ぎ方だと思う。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



人付き合いが面倒くさいなら

昔は人と話すのが嫌いだったし、人付き合いが面倒という理由で就職を止めてしまったけど、おかげで同世代の正社員よりも収入の多い生活を手に入れることができた。普通なら、フリーターになるか、無職になるのだろうけど、他にも道はある。

人付き合いが面倒なのはバイトも同じ。職場によっては、妙に仲間内の結束が強くて、サラリーマン以上に息苦しい場合もあるので、こんな生活は送りたくない。バイト代なんて細かいお金のためにストレスをためるなんて、何のために生きているのか分からない。

そんなわけで、面倒な人付き合いをしないで稼ぐ方法を追求していったら、ネットを使って稼ぐことになった。しかも、何のスキルもなくてできること。残念なことに、パソコンの知識なんて人よりも持っていないぐらいだから(笑)

順風満帆どころか、最初から沈没船に乗って出航したようなスタートだけど、進み始めれば楽なもんで、ある方法と出会ってからは簡単に稼げるようになった。仕事と言うほど面倒なこともしないし、ネットを介しての人付き合いすら不要。まさに楽してお金を稼ぐ方法。

人間関係にも、さらに言えば時間や場所にもとらわれず、ただネットがつながる環境ならどこでもいいので、面倒な制約に悩む必要がない。世の中、人付き合いも含めて面倒なことが多すぎ。もっと自由に生きたほうがいい。

人付き合いが面倒だとしても、それは治す必要がない。むしろ、漠然と就職して安い給料で暮らしたり、不満を抱えながら生きていく方が大問題じゃないかな。何しろ、幸せな人生を送れる可能性が限りなく低いんだから。

ちなみに、オイラが楽して稼いでいる方法はここでは詳しく書かないけど、以前にこちらのページで細かく書いておいたので、興味があるなら見てほしい。別にお金もかからないし。


それにしても、社会人の友達と会うと、本当に人間関係のストレスが多いのが話を聞いてて分かる。オイラも中学や高校の時は人付き合いが面倒になったりしたこともあるけど、それ以降は楽の極みみたいになってるので幸せだな〜。

嫌いな人と付き合わないって、究極的な対策だと思うし。オイラが普通の職場にいても、きっと和を乱すことになるのかな。上司を立てるとか、そんな意識ないし。というか、万が一就職するようなことになったら、年下の上司とかもありえるんだ。恐いな(笑)。就職しないからいいけど。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



子供がどもるのは問題?

子供がどもるから将来が心配だという話を聞いた。たしかにスラスラ話せないのは親として不安だろうけど、まともに話せて人生が上手くいかない可能性はどうなんだろう?

どもるのがなくなったからバラ色の人生が始まるわけでもないし、職がなくて路頭に迷うかもしれない。今の子供がオトナになる頃には生活保護だってまともに支給されているかどうか・・・

そうなると、子供がどもることが悪いことかどうか、迷ってしまった。結論としては、他人に左右されずに生きて行くのがベストだと思う。オイラなら、どもりや吃音があったとしても、収入は1円も減らない。ネットで稼いでるだけだから。

将来のことを考えれば、稼ぐ力を身につけるべきで、やっぱりネットを使うのが一番だと思う。コミュニケーション能力もあった方がいいのかもしれないけど、オイラのように好き勝手な人生を送れる収入源を持つのがベストな選択なんじゃないかな。これまでの人生を振り返っても、そう思う。

とは言え、さすがに子供がどもると学校で他の子供からいじめられたりするんだろうから、親としては放っておけないだろうね。少なくても、あと何年かは学校の中でつまらない共同生活を送らなきゃいけないんだし。子供は残酷だし、めちゃくちゃやるから。

それなのに、意外にどもりについては克服や改善の方法が進んでいないらしい。医療の分野かどうかも微妙だし、空白地帯のようになってしまっているのが現状なんだろうね。

と思いきや、実はどもりの克服については研究している人もいた!ただ、子供や自分がどもるのを気にしていても、情報を集めないとたどりつけないから、ずっと悩み続けたり、コンプレックスになったりしちゃうんだろうね。

子供のどもりを治したければ、これを見ればいいよ。効果がなければ返金保証も付いているから安心だし。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



パワハラから簡単に逃げる方法

ネットなんかで色々な事例を見ていると、サラリーマンにとって上司からのパワハラの被害は深刻だし、それが原因で鬱になってしまう人も少なくない。中には裁判を起こして慰謝料を取る強者もいるけど、それは限られているだろうし。

そうなると、パワハラに耐える以外になくなってしまう、そんな悲惨な生活を送っている人もいるんだよね。でも、本当に解決策がないかというと、そうでもない。

何しろ、パワハラをしてくる上司がいなくなればいいわけだから、簡単に言えば会社を辞めればいい。生活が成り立たないと思うかもしれないけど、意外にそうでもない。

だって、ネットでサラリーマンよりも明らかに楽してお金を稼いで、普通の会社員の給料以上の金額を稼ぐことって、難しくないんだから。方法を知らなかったり、誰かが教えてくれなきゃ始めないという姿勢が、パワハラを受けても会社に行くことにつながってるだけ。

給料よりもネットで稼げれば、パワハラの慰謝料なんて小さな額に思えるだろうし、仮に裁判を起こすにしても、社内に残って上司と顔を合わせながら慰謝料を請求するよりも、よほどハードルが低いはず。何しろ、裁判においては、弁護士に任せられるんだし、さすがに裁判の場で上司がパワハラを行うとは考えづらいから。

パワハラが横行しているような会社に未来はないだろうし、我慢してサラリーマンを続けたところで、どれだけの価値があるんだろう?それよりも、もっと楽に生きればいいのに。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



対人関係が苦手でもストレスはない

学生の頃は対人関係が苦手だったので、どうしてもストレスも感じたし、面倒な思いもしてた。でも、今はそんなことはない。それはコミュニケーション能力が高まったわけではなく、環境が変わったから。

まず、自分が関わりたくない人と接しないといけないから、ストレスを感じる。つまり、対人関係が苦手なら、わざわざ苦労して克服するよりも、それが問題にならない環境で生きていけばいいだけ。

オイラの場合、インターネットで稼ぐから、対人関係で悩むことはない。だって、人と接する必要がないから。苦手だったかどうかすら忘れちゃうぐらい。

対人関係が苦手な人って、営業の仕事は避けるぐらいの配慮はするのに、会社で働くことは既定路線なことがほとんどだよね。そのおかげで、少ない給料しか稼げない上、ストレスを抱えて苦しい思いをするのに。

色んな人間が集まれば、摩擦やストレスが生まれるのは当然。繊細な神経の持ち主や、対人関係にストレスを抱えやすい人は、もっと楽に生きる道を見つけるほうが幸せだと思う。

会社にしがみつけば安定した人生が得られる時代じゃないんだし、オイラは自分らしく生きるよ。就職するつもりもないし、インターネットでこれからも稼いでいくつもり。

いつまでも対人関係に悩むよりも、苦手を克服しようと四苦八苦するよりも、もっと生きやすい道を探さない?




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



« 前のカテゴリ  |  次のカテゴリ »
 
外貨MMF