楽して稼ぐ怠け者倶楽部

怠け者倶楽部 > <16>海外投資

タカダ・サンタマリア


アジア・太平洋地域の
怠け者界を代表する男。
タカダ・サンタマリア

詳しいプロフィール

利用上の注意

当サイトは怠け者専用。


働き者の方、真面目な人は
これまでの価値観との矛盾に悩む、
強い不快感を感じる、
真剣に生きているのが
バカバカしくなるといった
問題が生じるので、
速やかに退出することを
お勧めしておく。


それでも怠け者の世界を
垣間見たいなら、
まずはここからどうぞ

【怠け者完全バイブル】


正社員の同年代よりも稼ぎ、
苦労や努力はしない。


そんな生活を送るための
具体的な方法を伝授。


今なら無料公開中


バイブル入手はこちらから

人気記事

人気ブログランキング
3冠達成!

■カテゴリー

<楽して稼ぐために何をすればいいか?>

×だめノウハウ

いまいちノウハウ

まあまあノウハウ

そこそこ優良ノウハウ

☆☆☆怠け者倶楽部一押しノウハウ


※最高評価の一押しノウハウを見る時は要注意。

楽して稼げることがわかってしまうので、
まともにサラリーマンやバイトをする気力が
なくなってしまう恐れがあるので。

ニートが海外不動産を買えるようになった理由

平日の昼過ぎ、寝起きの目をこすりながらフラフラと家を出て食事に出ていく。住宅街をこんな時間に歩いている働き盛りの男なんていない。

スーツなんて持ってないし、いつも普段着しか着ない。しかも、毎日働いているように見えないのだから、どう考えてもニートだと思われてるだろう。

実際、よく行くラーメン屋で「今日は休みかい?」と最初のうちは聞かれたこともあるけど、最近は気を使われてるのか、聞かれることもなくなった。それもそうだ。これだけ平日からブラブラしてるんだから。あまり触れちゃいけない話題にも思うだろう。

幸いなことに、別に近所の目を気にする性格でもないので、世間体とかくだらないことにはこだわらないし、同い年のサラリーマンでオイラより稼いでる人に会ったことはない。まあ、そんなにサラリーマンと接することがないというのもあるけど、正社員の平均年収とか見ても、可哀想に感じちゃうのは事実。

どう考えてもニートにしか見えないオイラが、世間に名の通った上場企業に勤める友人よりも稼いでいて、海外に不動産まで買えるようになってしまったのか。その稼ぎ方をメルマガで発信しているので、興味があれば読んでほしい。

一応伝えておくと、何か高度な技術とかは要らない。オイラもそんなもの持ってないし。後、あやしい方法とか法的・モラル的に問題があるような稼ぎ方でもない。あ、ネットで稼ぐってこと自体があやしいと言えばあやしいか。

なんにせよ、無料の講座だし要らないと思えばいつでも解除できるので、興味があれば登録して欲しい。怠け者のニートでもできるほど効率化された簡単な稼ぎ方だけを紹介しているので。



<無料メール講座>
怠け者が楽してサラリーマンより稼いでいる方法
1日数分の作業で、月に30万円以上を稼ぐ非常識な方法と
その先の稼ぎ方

お名前
メールアドレス



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



お金にお金を生ませる

楽して収入を得る究極の方法、それはお金にお金を生ませること。つまり、自分が労働して稼ぐのではなく、投資によって自然に増えていく仕組みを作るのが、もっとも楽な方法となる。

ただ、銀行に預金をしても利息は言い訳程度の微々たる金額。これではまったく意味がない。かと言って、国内で株式を買っても長期的に見れば右肩下がり、不動産だって少子化や経済縮小で価格は下落してる。

つまり、日本国内で投資をしたところで、負ける可能性が圧倒的に高い。こんな状況で投資をするのは、ほとんど自滅のための策になってしまう。

かつては日本も株式やマイホームがどんどん値上がりしてた。高度経済成長からバブルへ、ここまではサラリーマンでも大きな恩恵に預かれた。でも、バブル崩壊後は散々な状況になってる。

でも、これは分かりやすい解決策があるので、実はどうということはない。

成長する国はどこか?

かつての日本が急速な経済成長を遂げていたように、今成長している国に投資をすれば、やはり株価や不動産が右肩上がりになっている。つまり、成長国の案件に参加するのが、投資で利益を出すための鉄則。

ただ、日本の証券会社で株式を買っても手数料が高いし、結局は不利な条件を突きつけられる。その一方で、海外に目を移せば年利10%以上は大きなリスクを取る必要もなく得ることができる。

だからこそ、オイラは海外投資を始めることにした。それも小手先の方法ではなく、すでに投資で資産を作った人の方法論を学んで。

投資に詳しい人って言うと、株式やFXを勉強しているイメージがあるけど、投資の全体像が見えている人は少ない。

たとえば、株式やFXが持つメリット・デメリットが何なのか、特徴は何か、資産形成はどんな割合で何を組み合わせるべきなのか、こういう全体像が見えないと、個別の案件に参加する時に失敗する。だから、オイラはそこから学んだし、それが一番の近道だと思う。

海外投資なんて聞くとハードルが高そうだけど、別に英語ができなくても平気だし、実は難しくない。むしろ、イメージで敬遠してる人が多いからチャンスだったりもする。

海外投資について学ぶなら、このメール講座を読んでおくと全体像がしっかり見えるようになるので、これだけで世の中の人の上位10%には入れると思う。無料メール講座なので、読んでおかないのは損。

今すぐに海外投資を始めるきはなくても、まずは学んでおくとこれからの人生が見えてくるはず。自分は寝てても遊んでてもお金が入ってくる生活ができれば、会社に縛られる必要もないし、働かなくてよくなる。そんな人生を実現するためにも、この無料メール講座は良い。

楽して生きて行くためには、ある程度の知識が必要になるから、このメール講座はちゃんと読んでおくと、この先の人生を怠けてもお金に困らなくて済むようになるはず。

30日投資大全
名字
メールアドレス



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



サラリーマンに投資をする資格はないのか?

圧倒的な資産を持つ経営者の中には、「サラリーマンが投資をしたって少ない金しか動かせないんだから意味がない」と語る人もいる。しかし、これは間違い。

そもそも、すでに資産がある人の場合、投資の目的は主に減らさないで守ることになる。これに対し、サラリーマンが投資をするような場合なら、上手に資産を増やすことが目的になる。

はっきり言って、大した給料をもらっていないサラリーマンだからこそ、投資でお金を増やしでもしない限り、一生貧乏なままなわけで、一生懸命働いているだけでは何の解決にもならないということ。

そういうことを無視して、手元の資金が少ないからサラリーマンの投資は無駄とか言ってしまうのは、富裕層のおごりだとしか思えない。貧乏だからこそ、お金を稼がなきゃいけないんだから。

もちろん、資産5万円のサラリーマンが投資をするのは無駄だろうけど、資産が100万円程度はあるとか、毎月の給料の中から数万円程度は投資のために工面できるのなら、早く始めた方がいい。

投資は期間が長いほど効果が大きくなる。サラリーマンをすぐに辞める勇気がないのであれば、早くに投資を始めてお金に働いてもらうしかない。給料の金額がたかが知れている以上、それ以外の部分で結果を出さないと、本当の意味で負け犬になってしまうのだから。

サラリーマンのままお金を増やしたければ、出世するか、副業をするか、投資をするぐらいしか方法はない。まあ、相続とか宝くじも可能性が0ではないけど。正攻法で考えれば、選択肢は上記の3つぐらい。

どれが自分に合ってるのかを考えて、早めに始めた方がいい。もちろん、サラリーマンであり続ける必要もないんだけど。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



日本の銀行の貯金がヤバイ件

銀行に貯金しておけば安全だと言われてきたけど、あんなに危ない話もない。何しろ、利息は限りなく0に近いし、それでいてリスクはあるんだから。

たとえば、円安になるリスク、デフレが解消されていくリスク。貯金しておけば金額は減らないけど、実質的な価値は下がってく。円高になれば、外貨に換えた時のお金は減るし、デフレじゃなくなれば同じ金額でも買えるものが減る。

そんなリスクがあって、利率がほぼ0。こんな危険な投資もなさそうなものだけど、なぜか安全だと言われてるんだから、世の中何も考えてない人が多いんだと感心するやら、呆れるやら。

でも、そのおかげで少し頭を使えば簡単に稼げるわけだし、投資なんておかしな方向に走らなければ、少なくても銀行に貯金しておくよりも安全なものも多い。分かりやすく言えば、海外の銀行に預けておくだけでも利息は増えるし、日本の銀行より格付けは高かったりするわけだから。

ちなみに、銀行に貯金すると、そのうちの大部分は日本国債の購入に回される。でも、日本国債は世界的に見ても格付けが低いのに、利回りが驚異的に低い。普通に考えれば買い手がつかないものを、無理やり金融機関や生保・損保に買わせてるだけ。その購入費に、あなたのお金も回されてることになる。

ペイオフで1000万円までは保証されていると言っても、日本の銀行に貯金しておくなんて、ハイリスク・ノーリターンにしか思えない。銀行を信用していた子供の頃がなつかしい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



もっとも楽にお金を稼ぐ方法

自分で働いているうちは、まだまだ甘いと思う。最終的にはお金に働いてもらうようになるのが、もっとも楽して稼ぐ方法になる。つまり、投資ということ。

ただ、投資では詐欺話も多いし、大きくお金を失う危険もある。これではお金を増やしたいのか減らしたいのか分からない。かと言って、書店に行っても「株式で1億以上稼いだ方法」とか「FXで資産が100倍に」とか、そんな運が良かっただけの人の手法が並んでるし。

ネット上で売られてる情報教材について、よく詐欺商材なんて言われてるけど、本屋に並んでるそんな本も再現性がないという意味で同じレベル。ただ、なぜか本だと買ってしまう人が多いのは不思議な話。結局は、本質が見えてないんだと思う。

今は自分でも投資をしてるし、基本的に日本よりも海外の投資に目を向けて参加してる。ただ、それにはハードルもあるし、誰にでもチャンスがあるわけじゃない。

チャンスを得るために必要なのは、なんといっても情報。結局は、そこに尽きると思う。

ただ、チャンスかどうかを判断するには知識がなきゃ話にならない。そうじゃなきゃ、うまい話にだまされてお金を失うことになるし。というわけで、無料で投資を一から学べる投資口座があるので、紹介しておこうかと。

100億円不動産王ことチャーリー・タカ氏のメッセージを含めて、投資を基礎からお伝えしているメール講座なので、これから投資をしたい人、貯金が100万円以上あって減らしたくない人は必ず見ておいた方がいい。

注目の無料投資メール講座はここから




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



CLUBチャーリーを避ける理由

自分で必死にお金を稼がずに生きていくためにも、海外投資は重要だと思う。その世界で成功しているチャーリーTAKA氏も信頼している。それでも、CLUBチャーリーに入ろうとは思わない。

その理由は単純で、二番煎じの感が否めないから。すでに半年ぐらい前にチャーリーTAKA氏の直轄する投資クラブとして、100億円不動産王倶楽部が発足して、実際の投資案件も提供されてる。その中で、わざわざ同じチャーリーTAKA氏のCLUBチャーリーに入る理由が見つからない。

運営者が違うようなので、別々に集客し、それぞれが運営していくという意味でCLUBチャーリーと100億円不動産王倶楽部は別物のようだけど、個人的には先にスタートして、すでに信頼できるだけの内容になっている100億円不動産王倶楽部でいいと思ってる。

単純に好き嫌いで選んでもいいと思うけど、最終的にはチャーリーTAKA氏が統括する投資クラブという意味で言えば、根本的に違いはないんだろうけど、常識的に考えて、限られた人数しか参加できない投資案件がある場合、先に発足している方に回される方が高いような気はする。

おいしい話が必ずしも多数にまで行き届くわけじゃないし、むしろリスクが低くて大化けしそうな案件ほど、上流で止められるのが投資の常識。そう考えると、最近発足したばかりのCLUBチャーリーにその話が行くのかどうか?

さらに言うと、CLUBチャーリーは最初から10年後に1億円の資産を持つことが目標。つまり、そこまで頑張らなくても達成できる目標に共感する人だけを集めてる。

100億円不動産王倶楽部の場合には、10年後にチャーリーTAKA氏のように100億円の資産を築くのが目標なので、達成可能性は低くても、その過程で1億を越える資産を持てる可能性は高い。そして、意識が高いメンバーが集まっていれば、そちらに案件を流したほうが、募集者としては効率がいい。

というわけで、わざわざ条件の悪くなりそうなCLUBチャーリーに入る気はないし、100億円不動産王倶楽部の選択がベストだと考えてる。どのみちチャーリーTAKA氏が統括してるなら、初代のクラブの方が思い入れも強いだろうしね。


100億円不動産王倶楽部の詳細はここで




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



CLUBチャーリーには入らない

チャーリーTAKA氏が運営する100億円不動産王倶楽部に入っていたら、CLUBチャーリーという組織が新しく立ち上がるというので、気になって調べてみた。

100億円不動産王倶楽部と同じくCLUBチャーリーもチャーリーTAKA氏が直轄する組織であることに変わりはない。ただ、実際に運営するメンバーはまったく異なるということで、いわば手足が違うらしい。

で、実質的に何が違うのかというと、どうやら情報の出し方。CLUBチャーリーでは、月に1回のチャーリーTAKA氏によるライブ。これに対して、100億円不動産王倶楽部は毎日、進行している投資・ビジネス、経済動向等について情報発信がされている。

実際に毎日のSNSを見ているけど、リアルタイムで情報が上がってくるのは価値が高い。同じニュースを見ていても、自分とチャーリーTAKA氏では見方が違うし。

しかも、投資案件についてはリアルタイムな裏側を見せてくれるのが、CLUBチャーリーとの違い。投資案件には必ずリスクもあるから、良いところだけではなくて、マイナスの面も見て判断しておきたいところ。これは100億円不動産王倶楽部じゃないとできないところ。

先に発足したということで迷わず100億円不動産王倶楽部に入ったわけだけど、それについては後悔はしていない。もしも同じ時期にCLUBチャーリーが発足しても、同じ決断をしただろうから。


100億円不動産王倶楽部の詳細はここで




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



田塩享寛氏の正体を調べ尽くす

会社にも行かずにネットでお金を稼いでいると、人に会って仕事を進めることもないから、騙されるとか、そういう感覚が普段はない。だから、結構無防備だったりする。でも、田塩享寛氏については、調べなくてはならない理由があった。

というのは、オイラは今まで、自分でお金を稼いでたけど、お金に働いてもらうためには投資をしたほうがいい。そうすれば、自分は何もしなくていいから。そこで、海外投資をしようと思ったら、田塩享寛氏が重要人物として出てきたし、実際に参加しようと思った投資案件も、田塩享寛氏の会社が提供していた。

さすがに投資詐欺だったら嫌なので、ここは田塩享寛氏について調べつくさなくてはならない。ネットには詳しいので、調査能力は自他共に認めるちょっとした達人クラス。他人に褒められたことはないので、実は自称のみだけど(笑)。

前提としてあるのは、田塩享寛という名前は表には出ていないということ。現在は、チャーリー・タカ名義で活動しているため、実際にはチャーリー・タカ氏について調べていたら、本名の田塩享寛という名前に行き着いた。

田塩享寛(チャーリー・タカ)氏の調査結果

どうやら、昔は主戦場を日本国内においていたらしい。日本の株式市場でも大きな影響力を持っていた経歴があるし、田塩享寛氏が重要人物の一人だったのは間違いない。

昔は日本もネットバブル等があったので、一時的にでも株式市場が活気のある時期もあった。でも、今の日本の株式市場なんて、惨憺たる状況だ。そうなる前に海外に出て、国外投資にシフトした田塩享寛氏の商才は、さすがというべきだろう。

日本が完全に落ち込んだ現在のような状況になる前に国外投資をスタートさせて数十人単位の会社組織も作り、多くの人達が国外投資に眼を向ける頃には、田塩享寛氏はすっかり国外投資のエキスパートになっているし、その道での先駆け的な会社のオーナーでもある。

時代の流れを読んで、実際に先回りしているのって、こういう人なんだろうね。オイラには、そんな実現するか分からない未来のために行動する気力はないな。そこまでしなくても、楽して暮らせるし。

田塩享寛氏の場合には、元々が雇われていた会社で出世したというタイプではなく、自分で起業して稼いできた人なので、こうした新しい分野を開拓していく人物としては向いているのだろうし、大事なお金を任せるなら、田塩享寛氏のような開拓者がいいと考えた。ガンガン開拓していく人の後ろにいれば、楽して進めるからね。

というわけで、実際に田塩享寛氏の会社(グローバル・アジア・インベストメント)の提供する国外投資案件にお金を出すことにした。


田塩享寛氏の100億円不動産王倶楽部の詳細




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



100億円不動産王倶楽部は詐欺か?

各国の要人や大企業・銀行すらも一目置いてしまうほどの資産・発言力を持つチャーリー・タカ氏と、ネットビジネス界で名を馳せる真田孔明氏・J(ジェイ)氏が作った100億円不動産王倶楽部だが、すぐに申し込もうとして、慌てて立ち止まった。

というのも、巨額の資金を集めて逃げてしまう詐欺ではないかと思ったから。100億円不動産王倶楽部が魅力的であることは間違いない。しかし、問題は事の真偽。最終的に詐欺では意味がない。

この部分について、組織と参加メンバーの観点から検証してみた。

倶楽部の組織について

まず、100億円不動産王倶楽部の組織は、チャーリー・タカ氏の会社のスタッフをはじめとして、複数の人が関わっている。すでに会社名等も出ているので、逃げ出してしまえば大きなリスクを負うことになる。

組織としてみた場合、海外投資の達人であるチャーリー・タカ氏のスタッフを使って詐欺を働くよりも、正当なビジネスをして稼ぐほうが客観的に見ても妥当だろう。

100億円不動産王倶楽部参加メンバー

チャーリー・タカ氏、真田孔明氏、J(ジェイ)氏の3名だけでも、すでにそれぞれの道で成功しているエキスパート。彼らが詐欺によって逃げることになれば、正当なビジネスで得られた収益を捨てることになり、とても割に合わなくなる。

さらに、100億円不動産王倶楽部にてビジネスのサポートをするメンバーとして名乗りを上げている面々も、ネット界で活躍していたり、実際に店舗を複数経営しているような人たち。最低でも年収が数千万円はあるであろう人たちが、わざわざ36万円をだまし取るために詐欺をするのは、明らかに損だし、バカげている。

結局のところ、まともな商売をしなかった場合に失われる信頼や、その代価を考えれば、100億円不動産王倶楽部が詐欺である可能性は限りなく0に近いだろうし、オイラ自身、申し込みを決断した。もちろん、内容を保証するわけではないので、申し込みするなら自己判断で。


100億円不動産王倶楽部に入って怠けて暮らすならこちら
(満足できなければ返金されるらしい)




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



チャーリー・タカって何者だ?

ネットでお金を稼いで生きているものとして、情報収集は日頃からしているんだけど、その中で気になっていたのが100億円不動産王ことチャーリー・タカという人物。海外投資の達人でこの名前だから、ハーフかと思ったら日本人で、本名は田塩享寛というらしい。

おいおい、あやしいぞ。いくら何でも、本名が田塩享寛なのにチャーリー・タカはまずいだろ。これって詐欺じゃないのか?

そんな印象だったので、スルーしようかと思ったのだが、よくよく調べてみると、別に偽名としてチャーリー・タカを名乗っているわけではなく、海外で仕事をするには普通らしい。日本人の名前のままだと外人が覚えづらいので、英語っぽい名前を付けるというわけだ。

たしかに、田塩享寛と名乗られても外人には覚えづらいだろう。ついでに、日本人でも読みづらい。チャーリー・タカならアメリカ人っぽいから、覚えやすいというわけだ。

とりあえず名前のあやしさから詐欺を疑った関係で、これまでの実績についても調べることになった。その結果として、東南アジアの不動産投資会社のオーナーであり、その業界では絶大な力を持っている人物である事がわかった。

現地での大手デベロッパーであるメガワールドとのつながりもあるらしく、どうやら信頼できる人物であるのが、調べるにつれて分かってきた。チャーリー・タカという名前で疑わなかったら、ここまで裏を取らなかったかもしれないので、結果オーライか。

なんだかんだ言って、チャーリー・タカ氏の経営するグローバルアジアインベストメントという会社の提供する投資案件にも参加してしまったし、もしかしてあやしい名前も興味をひくための釣りだったのか?だとしたら恐ろしいほどの商才だが、さすがにそこまでではないだろう。それとも、もしかすると・・・


チャーリー・タカの100億円不動産王倶楽部とは




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



100億円不動産王の訓え(おしえ)はイマイチ?

楽してお金が入ってくる話には目ざといので、100億円不動産王の訓え(おしえ)というメール講座にも、食いついてみた。

最初に思ったのは、なんで訓え(おしえ)なんて難しい字を使ってるんだろう?という疑問。素直に教えでよさそうなのに。訓えじゃフリガナでもないと読めないから。

それは著者のこだわりなんだろうけど、これを書いているのは真田孔明という人で、この人が100億円不動産王なわけではない。あくまで訓え(おしえ)を受けた人。

真田孔明氏に教えを授けたのはチャーリー・タカ氏で、本名は田塩享寛氏というらしい。突然カタカナの名前が出てきてあやしい限りだが、海外でビジネスを営むなら、外人に覚えてもらうために常識らしい。部屋から出るのも億劫なオイラには関係のない話だが。

実際に100億円不動産王の教えを読んでみたんだが、無料メール講座だからイマイチな内容だろうと甘く見ていたところ、引きこまれてしまった。これを書いた真田孔明氏、やり手かもしれない。あるいは、訓えを授けたチャーリー・タカ氏の力だろうか?

俯瞰的に、つまり全体を冷静に分析して日本のリスクを説明しているし、具体的な行動指針も出てくる。意外にも100億円不動産王の訓え(おしえ)の名に負けていなかった。

簡単な情報を与えた後、売り込みをかけるだけのメールではないので、投資を学ぶにはおすすめ。100億円不動産王の訓えでは、未来の日本を変えるために力を持つことがメッセージだけど、オイラは未来も楽して生きるためにお金を稼ぐことに、この教えを使わせてもらおうと思う。


100億円不動産王倶楽部に入って怠けて暮らすならこちら
(満足できなければ返金されるらしい)




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



怠け者、海外不動産を買う

楽して暮らせるように考えていくと、究極的には自分が働かずに暮らしていくのがベスト。今でも楽に稼いでいるけど、もっと楽に、もっと楽に、と追求していったら、海外の不動産に投資するという結論に至った。


日本なんて沈んでいく国に投資するなんてバツゲームだし、銀行に預金してれば間接的に日本国債買っちゃうし。日本は住むにはいいけど、投資対象としてはありえない。


とは言え、海外なんて行ったことないし、英語も話せないし。そんな海外の不動産を買うなんて、夢物語かと思ってた。でも、実際にネットで調べていると、にやりとする情報があった。


海外不動産の中でも、途上国なら物件の価格が安いのは当然。それでも1件数百万円台後半はするけど、それを細分化して投資できるようになっていれば、数十万円でも参加できるようになる。


そんな案件を見つけてしまったから、参加しないわけにはいかない。例によって、パソコンの前から一歩も動かずに情報をチェック、海外に行くこともなく、人生初の不動産投資に申し込めてしまったから、世の中知らなきゃ損。


サラリーマンなんて会社での仕事が忙しくて、こんなこと調べるヒマないんだろうね。かわいそうだよね。大した給料でもないのに。


サラリーマンとして出世していくわけでもなく、自分で会社を作るのでもなく、怠け者として効率化を求めていくだけで、お金持ちになれそうな気がしてきた。海外不動産に限らず、上手に投資をして不労所得を得られれば、あとは・・・


不労所得という怠け者が大好きな言葉が現実的になってきた以上、海外不動産投資は試すしかないでしょ。ちなみに、オイラが申し込んだのはフィリピンの不動産で、月々3万円、合計で60万円のみの支払い。こんなの、ネットで簡単に稼げちゃうお金だからね〜。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



海外不動産投資を怠け者が始めた理由

本当なら一切働きたくないけど、今でもパソコンの前で数分間の作業はしてる。それはお金のために。海外不動産投資に興味を持ったのは、それすら面倒になってきたから。

毎日、少しの作業でサラリーマンの月収を超えることもできる方法は、このページで詳しく説明したから、もう省略するけど、要は自分が働くのではなくて、海外不動産投資によってお金が働いてくれれば、本当の不労所得を得られることになる。

自分が何にもしなくても、ただ寝ているだけでも、漫画を読んでいても、マンションの下のコンビニに行くのが面倒で悩んでいる間にも、海外不動産投資によって家賃収入が入ってきて、さらに値上がりもしたら楽で仕方ない。

そんなわけで、傾いた日本の国内にお金を預けるよりも、海外不動産投資の方が、チャンスがありそうと思った。ちなみに、毎日ぐうたら暮らしてると、意外にお金がたまる(笑)

小口でも始められた

イメージだと、海外不動産投資って大金がかかりそうだけど、毎月3万円出すだけで、しかも20ヶ月で購入できた。なんだか、ちょっとした積立で海外不動産投資って始められるのが意外だった。

オイラはフィリピンに投資したけど、海外旅行なんて面倒だし怖いから、行ったこともない。わざわざ安全で快適な日本を出なくても。部屋から出るのもおっくうなのに。

それでも、インターネットで申し込みもできるし、わざわざ現地に行く必要がないから、海外不動産に投資するのも、日本国内でも同じ気がする。

海外の不動産を買うなんて、世界を股にかけて投資をするイメージだったけど、部屋から一歩も出ずに、何ならパソコンの前から微動だにせずに、契約が完了してしまった。

これで海外不動産からのお金が入ってくるようになれば、ますます楽して生きていけるね。もうパソコンの前で数分間の作業をする必要すらなくなるかも。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



« 前のカテゴリ  |  次のカテゴリ »
 
外貨MMF