楽して稼ぐ怠け者倶楽部

怠け者倶楽部 > <07>せどり

タカダ・サンタマリア


アジア・太平洋地域の
怠け者界を代表する男。
タカダ・サンタマリア

詳しいプロフィール

利用上の注意

当サイトは怠け者専用。


働き者の方、真面目な人は
これまでの価値観との矛盾に悩む、
強い不快感を感じる、
真剣に生きているのが
バカバカしくなるといった
問題が生じるので、
速やかに退出することを
お勧めしておく。


それでも怠け者の世界を
垣間見たいなら、
まずはここからどうぞ

【怠け者完全バイブル】


正社員の同年代よりも稼ぎ、
苦労や努力はしない。


そんな生活を送るための
具体的な方法を伝授。


今なら無料公開中


バイブル入手はこちらから

人気記事

人気ブログランキング
3冠達成!

■カテゴリー

<楽して稼ぐために何をすればいいか?>

×だめノウハウ

いまいちノウハウ

まあまあノウハウ

そこそこ優良ノウハウ

☆☆☆怠け者倶楽部一押しノウハウ


※最高評価の一押しノウハウを見る時は要注意。

楽して稼げることがわかってしまうので、
まともにサラリーマンやバイトをする気力が
なくなってしまう恐れがあるので。

ハオロン式リセリングとせどりキングを比較

ハオロン式リセリングとせどりキング。

ハオロン式リセリング

せどりキング


一見するとこの2つの手法は似てる。

どちらの方がいいのか質問がきたので、
それに対して回答してみようと思う。


それぞれの特徴から。

まずハオロン式リセリングの場合、
梱包や発送、入金管理をアマゾンに丸投げできる。

このメリットは大きい。

そして、サポートが充実している。

売れている商品情報も随時流れてくるし、
ハオロンさんのサポート体制が熱い。

結果として、初心者でも成功しやすい。



せどりキングの特徴は、
仕入れを自宅で(ネットで)完結できること。

ハオロン式のように家電量販店やCDショップ等で
仕入れを行う必要はないので、
そうした店に行く機会がない人に向いてる。

サポートはハオロン式リセリングに比べると弱いので、
自分で成功する自信のある人向き。



仕入れの面で言えば、
色々な場所に行く機会がある人は
ハオロン式リセリングを使うと、その機会を活かせる。

逆に、あまり店舗がない場所に住んでいたり、
同じ場所にしか行かない人はせどりキングのほうが
仕入れはしやすい。


このあたりの性質を考えて、
どちらがいいかを選べばいい。

ちなみに、両方を一度に買っても、
中途半端な結果になってしまうので要注意。

一方だけに絞って、
しっかりやり込んだ方が結果が出やすいので。



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



ハオロン式リセリングの弱点

これまでのせどりやオークション系とは
手間・効率の面で一線を隠しているハオロン式。

梱包や発送等の余計な作業がないのは、
本当に嬉しい。

購入者専用のフェイスブックページも
頻繁にやり取りがされ、盛り上がってる。

稼ぐまでに挫折しないためには、
こういう仕組みは本当に大事だし、
かゆい所に手が届いてる。

実際に会ったハオロンさんもいい人だったし、
この辺のきっちりした仕組み作り、
人を稼がせようという信念が伝わってくる。


ただ、ハオロン式を実践していたら
弱点があることも分かった。

というのは、新品を仕入れた時はいいけど、
中古品を仕入れると利幅が小さくなること。

新品って、アマゾンの目立つ位置に掲載されるから
高くでも売れやすい。

でも、中古品だと目立ちづらいし、
当然新品より価格も下がる。

そうすると、仕入れ値は安くても、
結局利幅が大きくは取れなくなりがち。


この点はハオロン式だけじゃなくて、
従来型のせどりとかも全く同じなんだけど。

ただ、中古品についてはオイラも
これまでのせどりとかの経験で、
利幅を広げる秘策がある。

その名も、
「中古商品の利幅を上げるリセリング強化術。
32分の設定を1回行うことで、
その後の利益幅が継続的に増加!」


これをオイラからのプレゼントにしようと思う。

ここからハオロン式を買った人は、
ノウハウと一緒にダウンロードできるので
最大限に活用してもらえたら、と。


ちなみに、これまでのメールですでに
オイラから購入した人も、
もちろん特典はダウンロードできるようになってるので、

インフォトップの購入者画面から
(ハオロン式をダウンロードするページ)
特典をダウンロードしてほしい。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



怠け者がハオロン式リセリングを活用すると

ハオロンさん自身が
人生を楽しんでるのを見て、
オイラもハオロン式を始めたわけだけど、
これは使い方次第で大きなメリットを生む。

最小労力最大収入を生むためには、
自分の動線を活用できるかどうかが重要。



ハオロン式を解剖してみると、
バーコードリーダーを使っての仕入れ、
アマゾンへの発送の2つの作業がある。

商品が売れた後の発送とかの作業は
アマゾンがやってくれるので
自分でやる必要はない。


アマゾンへの発送はまとめて1つの荷物で送れるので、
別に面倒じゃない。

宛名もアマゾン宛のを1回書くだけだし。

購入者の宛名や住所はアマゾン側が書いてくれる。




残るのは仕入れの手間。

ここで注意したいのは、
仕入れのためだけに出かけないこと。

ハオロン式を本業にしたいなら別だけど、
そうじゃないなら
何かのついでに仕入れをするのが鉄則。

遊びに行ったついででも、
買い物のついででも、
仕事帰りでもいい。

とにかく、「ついで」を使うこと。


少しぐらいの遠回りはいいだろうから、
ちょっと普段とは違う道を通って、
CDショップとかゲームショップとか、
家電量販店とかに寄ると面白い。

店によって置いてある商品は違うので、
色々なところに行くと仕入れの幅も広がる。


1つ売れ筋商品が見つかると、
その店に置いてあるものは買い占めて、
他の店でも同じ事をやることもある。

値崩れが恐いので、オイラは慎重にやってるけど、
ハオロンさんは同じCDを数百枚売ったりするらしい。

この辺は経験を積んでからかな。

あと、オイラはゲーム中心なので、
CDほどには数がはけない。

その分利幅が大きい商品は多いので、
別にCDに転向しようとは思わないけど。



ただ、ゲーム中心とはいえ、
実際はCDやDVDにも手は出す。

自分の通る道にCDショップがあれば入るし、
バーコードリーダーがあるので
商品知識は必要ないから。


CD・DVD・ゲームの中から
最優先で取り組むものを決めて、
残りの2つは余力でやる感じにするのが
一番効率がいい。



この方法は副業向きだけど、
極めれば普通の30歳サラリーマンの月収ぐらいは
十分に超えるポテンシャルがある。

ゲームとか買うのが好きなら、
自然に興味も持てるだろうから面白いんじゃないかな。


すでに十分な収入を得られているのに、
オイラがハオロン式を始めた理由。

それはハオロンさんの生き方が
うらやましかったから。

そして、あまり時間を使わずに収入の柱を増やすのに
効果的な方法だったから。

「ついでに」仕入れをするという姿勢で取り組むと、
ハオロン式を実践するのに使う時間は
大した負担にはならないので、
最小労力最大収入の考えにうってつけ。



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



微笑ましい親子

いくら娘を溺愛したとしても、
年頃になったら父親なんて汚いもの扱いだし、
嫁に行っちゃうし、
娘を持つ父親って大変だと思う。

オイラの友達でも、
まだ子供が1歳にもなってないのに
幼稚園で彼氏ができたとか言い出したらどうしようとか、
真剣に心配してたりするし。

まあ、最近は本当に幼稚園児でも
そんなこと言うみたいだから、
気持ちは分からないでもないけど。



そんなこともあって、
親になるのも大変だと思ってたけど、
そういうことばかりでもないらしい。

ハオロンさんと会った時に聞いた話は、
なんか微笑ましかった。


父親が自分でやろうと思って、これを買った。

そしたら、娘と奥さんが興味を示して、
実際にやり始めたという話。

父親がその道では先輩になるので、
高校生の娘が色々聞いてくるようになったらしい。

そして、頼られることが父親としては嬉しくて仕方ないと。


たしかに、下手したら口も聞いてくれない年頃なわけだから、
娘から話しかけてくれたら、それは嬉しいよね。

先輩ということで、ちょっと父親の威厳も保てるだろうし。

結局、母と娘が一緒に買い物に行って
ライバルのように競い合って、
父親が仕事から帰った後にアドバイスしたりするらしい。

収入がどうこうよりも、
家族仲が良くなったことを何より喜んでたって。



たしかに、売れる金額はデータがあるので、
ツールでバーコードを読み込めば予測できる。

普通なら目利きができなきゃいけないわけだから、
バーコード読みこむだけで済むって、
本当にいい時代だなぁ。

膨大な商品知識とか、絶対無理だからね。


あとは商品を仕入れて、
アマゾンにまとめて送るだけ。

これだけのことなら中学生でもできる。

賢い小学生でも大丈夫なはず。


それでも時給が800円なんてことはないから、
明らかにバイトするよりいいんだよね。

自分で稼ぐ感覚も体験できるし。


販売する時に名前を出す必要がないから、
サラリーマンでもできる。

別に顧客対応とかするわけじゃないから、
高校生や中学生でもできる。

携帯電話(ガラケーでもスマホでもOK)を使えれば
老人でもできる。

そういう仕組みが、このハオロン式リセリング


オイラも子供がいたらやらせたいな。

完全に任せるのが不安な年齢なら、
一緒に行って教えながらやってもいいし。

一人で仕入れに行くよりも楽しそうだな。


そんな子供がいないオイラとしては、
まずは嫁探しから始めないと。


とりあえずは暇そうな友人を誘ったりもするけど、
単純に仕入れの効率が悪いんだよね。

商品を分け合う形になるから。

家族で仕入れにいけるのはいいな〜。



いい商品を仕入れられたり、
大きな利幅で売れた時には、
購入者限定のフェイスブックページで
成果を自慢したりはしてるんだけどね。

それだけでもやる気出るし。

ちなみに、一応自慢ではなく成功報告という名目で。

さすがに自慢全開だと嫌なやつなので(笑)




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



ハオロン式リセリングでドラクエの世界にルーラ

今でも耳に聞こえてくる音楽。

それはなぜかドラクエ4。

それ以降のドラクエも全部制覇してるのに、
なぜかいまだに4の音楽が一番耳に残ってる。



なんでそんなことを言い出したのかというと、
ハオロンさんの教材を買ったら、
フェイスブックのグループページに入れるようになった。

そのグループページが、ドラクエそのものだった。

しかも、この教材自体、
ドラクエの世界にルーラで入ってしまうようなもの。


自分のレベルに応じたモンスターを倒し、
(稼ぐための段階ごとの活動を行い)
最終的に月に6万円以上を安定して
稼げる能力を身につけるというもの。

フェイスブックのページの構成と言い、
下される指令と言い、
ドラクエ好きにはたまらない。

しかも、主人公は自分自身だし、
モンスターと戦って得られるゴールドは
ゲーム内のお金ではなく、円。

経験値も自分自身にたまっていく。



これって、ドラクエよりも楽しい。

ドラクエのオンラインゲーム化に影響を受けたのか、
フェイスブックでそれぞれのプレーヤーが
自分の成果や情報を持ち寄って
情報交換する仕組みもできてる。

しかも盛り上がってるし。


一人で黙々と作業をするのって苦しいけど、
こういう仕組みがあると辛い時も励みになるし、
うまくいったら自慢ができる。

こういうのってモチベーション維持のために
大きな意味を持ってる。

ドラクエだってパーティー組むわけだし。


しかも、ハオロンさんという指導者が
驚くほどまめにサポートしてる。

実際に会った時には完全に遊び人属性だったけど、
世界のどこにいてもサポートはしてるらしい。

遊び人が賢者になった感じだなあ。



で、結局この方法って何なのかというと、
稼ぐ仕組みはCDショップとか
ヤマダ電機とかの家電量販店なんかに行って、
専用のアプリ(ガラケーでもスマホでも動く)の
バーコードリーダーで高く売れる商品を仕入れる。

基本は新品。

それをまとめてアマゾンに発送。

購入者への梱包とか発送は
全部アマゾンに丸投げ。

このシンプルな仕組だけど、
中古品ばかり対象にするせどりよりも
利幅が大きい上に、
梱包等の作業が要らないので楽。


実際、ハオロンさん自身が
あっちこっち旅行に行ってるぐらいだから。


この仕組みを身につける方法が、
ステップ・バイ・ステップでドラクエ風に
語られているというわけ。


扱える商品はCD、DVD、ゲームが基本なんだけど、
ドラクエ属性は完全にゲーム狙いでいいと思う。

まあ、オイラ自身なんだけど。

興味のない分野よりは、
自分の好きな分野の方が見てて面白いし。

やっぱりCDがたくさん並んでるより、
ゲームが並んでる方がテンション上がるんだよね。

買った時の満足感とかも高いし。

仕入れなのに(笑)



おいらも色々ゲーム見てて、
関係ないのに買ったりしちゃった。

遊び終えたら他のゲーム(ちゃんと仕入れたやつ)と
一緒にアマゾンに送って売れたので、
結果的には8割引きで買ったのと同じだった。

ちなみに、新品で仕入れたのに、
つい遊びたくなって開封しちゃったけど、
遊び終わって中古品として出品しても利益が出たゲームも。

というか、オイラはどんだけ意思が弱いんだ・・・

これ、完全に職業遊び人だな。

しかも賢者になってない。

明らかに利益より遊び優先だからね。

別にいいんだけど。




まあ、こういうバカなことをしなければ、
オイラより効率良く稼げるのは間違いない。


途中で遊びの誘惑に負けまくっても、
ちゃんと利益出てるから。

わざわざ仕入れのために出かけなくても、
たまに遊びに行ったついでに仕入れるだけで、
月に7万円はすでに越えたし。

一応6ヶ月かけて月に6万円以上を稼げるレベルが
目標ということになってるけど、
そのレベルが最高峰なわけじゃないから。

ちゃんとやれば、もっと上だって全然狙える。



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



ハオロンさんは真の怠け者なのか?

日本中を車で周り、
さらには世界を転々とする男、ハオロン。

かつて「あいのり」で一世風靡し、
鎖骨骨折でその名をはせた男。

今でも街を歩いていて、
「骨折の人!」と呼びかけられることがあるそうだ。

その呼び名はどうなんだ(笑)


もう40になろうとしているのに金髪に染めた髪は、
どう見ても普通のサラリーマンじゃない。

次は銀髪にする予定らしい。


このハオロンさんと会う機会があったので、
その時のことを。

初めてハオロンさんに会った時に聞いたのは、
世界中を遊び歩いて、
しかも行った先々の国で知人の家に泊まるという
かなり奇行に近い行為を日常的に行なっているという。

知人といっても、
知り合って数日の人の家に泊まることもあるらしい。

たしかに見た目も普通の社会人じゃないし、
人生を楽しんでる感が出てる。

年齢の割に見た目が明らかに若い。

オイラよりは10歳近く歳上なので
さすがに年下には見えないけど、
5歳は若く見えるよね。

子供がそのまま大人になった感じで、
楽しそうな生き方だと思った。

他人に憧れることのないオイラが、
珍しく憧れを感じたぐらい。



ちなみに、ハオロンさんはTwitterを
驚くほどまめに更新してるので、
それを見るといかに自由に生きてるかが分かる。

https://twitter.com/haolong0720

さすがにここまで好き放題な生活をしてる人は
なかなかいないと思う。

オイラが会った時も
昼間から遊び歩いていたみたいだし、
結局終電がなくなるまで飲んでた。

エネルギッシュなんだけど、
その情熱は仕事より遊びに向かってる(笑)

Twitterとかフェイスブックは好きみたいで、
まめに書き込んでたけど。



この人も怠け者なのかと思ったけど、
この情熱の持ち方は怠け者とは少し違う。

むしろ遊び人と行ったほうがいいのかもしれない。

別に悪い意味ではなくて、
ドラクエ的な意味での遊び人。

オイラは自由にどこでも行けると言っても、
面倒だからめったに旅行とか行かないし。

そういう意味で、微妙な違いがあるのは事実。


ただ、面白い人だったな。

こんな大人もいるんだと思ったし。

疲れた顔で電車に乗っていくサラリーマンとは
輝きが違った。

こんな大人になりたい、と思った矢先、
でも金髪じゃなくていいやと思った(笑)





ただ、ここで疑問がわく。

この人はどうやって生きてるんだろう?

収入があるのかな?


そのことも聞いてみたんだけど、
ちょっとエゲツない金額の返答が返ってきた。

人の収入をべらべら喋るのもどうかと思うので、
一応ここでは言わないでおくけど。

オイラも普通のサラリーマンにはまず負けないけど、
ハオロンさんには負けた。


それで、どんな稼ぎ方をしてるのかを教えてもらった。

その時に聞いたのが、
前回のメールでもちょこっと触れた
アマゾンFBAを利用した仕組み。



ハオロンさんは商品を安く仕入れて、
それをアマゾンで売ってる。

ただ、あっちこっち転々としてるから、
梱包とか発送の作業ができない。

そこで、アマゾンFBAを利用して
アマゾンに代行してもらってるという話。


そもそも、商品はどこで仕入れてるのかと思ったら、
普通のCDショップとかゲームショップ、
ヤマダ電機とか、そういうところらしい。

てっきりブックオフかと思ってたら、そうじゃない。

この辺がすごいんだけど。



普通のせどりって、
ネットでそこそこ高く売れるものを安く仕入れる。

いかに中古品を安くで仕入れるかが肝。


でも、ハオロンさんのやってるのって、
別に中古品を買う必要がない。

新品を買ってきて、
アマゾンで定価より高く売るという方法だから。


なんで新品を買ってきて、
アマゾンでより高く売れるのか意味がわからなかったんだけど、
実はアマゾンって、オークションに近い仕組みになってる。

安いものは安くで売ってるけど、
高いものは定価より高い。

つまり、価値のあるものは定価よりも
高くで売ってることがある。

そう言えば、人気のゲーム機とか、
一部のCDとか漫画って定価以上で売ってることがある。

いわゆるプレミア品なわけだけど、
これを定価で手に入れてアマゾンに出すのが
ハオロンさんのやってる手法だった。



色々教えてもらったので、
ハオロンさんの出してる教材も買って、
実際にやってみることにした。

教材というのはこれ


その結果とかは、また次回。



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



梱包とかやってられるか!

いかに楽をして稼ぐか。

これを追求していくと、
自分がやらなくていいことは
極力しないという方向に動いていく。

幸いなことに、ネットやパソコンは
昔なら人間がしてた仕事を代行してくれる。

だからこそ、オイラのような怠け者が
まともな仕事ができるサラリーマンより
稼ぐことができてる。


結局、できるからと言って何でもやっちゃいけない。

自分の強みだけに集中しないと。

時間なんて有限なんだし、
雑用に追われてるうちに死んじゃうから。



そう考えた時に、
せどりとかオークションの輸入・輸出って、
とにかく手間がかかるのがネックになる。

梱包・発送・入金管理・・・

「それができないから怠け者なんだよ!」
という思いがよぎる。


もちろん、時給800円で他人を儲けさせるために
泥沼にはまって働き続けるよりはいい。

もっと大きな金額を稼げるんだし、
自分で稼ぐ力が身につくし。



でも、やっぱり嫌なものは嫌という部分もある。

特にオイラは梱包とか嫌なんだよね。

バイトにやってほしい。

でも求人とか人の管理とか無理だし。

だから友達にやらせたりしても、
自分が本格的に参戦することはできなかった。



でも、それは視野が狭かったと反省してる。

自分が不便に思ってることは、
他の人も同じように感じてるかもしれない。

そうなれば、その不便を解消するサービスは
すでに存在してるのかもしれない。

そこまで想像してなかった。


ただ、事実として解決法が存在してたんだよね。

しかもアマゾンがやってた。

アマゾンFBAというサービスを使うと、
梱包や発送・宛名書き、入金管理とかを
アマゾンがやってくれる。

こっちとしては、
一括で荷物をまとめてアマゾンに送って、
売れたらアマゾンが勝手に発送してくれる。

つまり、梱包とかの作業から
完全に解放されるわけ。


まあ、いきなりアマゾンFBAを使いこなすのは
事実上無理だと思うんだけど。

これだけだと、単なる思いつきのレベルだし。

ただ、この仕組みを利用して
限りなく自由に稼いでる人がいる事実もある。

実は、そんな人に直接会うことができた。

次回は、その時の話をしようと思う。



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



かけ算マーケティングせどりにスペシャル特典

澤村俊湯之氏のかけ算マーケティングせどりには、これまでのせどりノウハウと同じように、やはり弱点がある。それは、仕入れ、出品、販売という流れで終わってしまうこと。

それがせどりの流れだと言えばそうなんだけど、せっかくなら一歩先に進めると、労力を減らして利益をアップさせることができる。かけ算マーケティングせどりも労働の部分は多いので、おのずと限界が出てくる。その先に行くには、効率良く利益を上げる方法が必要。

そうなると、せっかく買ってくれた人に対して、プラスアルファの提案をしたい。ここで商品がさらに売れれば、当然ながら利益が上がる。そう聞くと、関連商品を一生懸命アピールしたりするけど、仮にそれで売れたとしても、梱包とか発送の作業が増える。しかも関連商品の提案って、意外に面倒くさい。1人1人に合わせて提案しなきゃいけないわけだから。

かけ算マーケティングせどりをやる上で提案したいのは、最初に30分ほどの初期設定をすれば、あとはほとんど自動に近い形で追加購入の提案をして、さらに商品の発送等の手間もかからない方法。

というのも、人の商品を半自動で紹介するため、売れたら紹介料が入ってくるだけで、自分で作業をする必要はない。まずはかけ算マーケティングせどりの方法で商品を仕入れ、販売する。その後のことは、自分で行う必要すらない。

というのも、商品の提案の文章はプロのコピーライターが書いた文章を使える仕組みがあるし、売れるまでの方法も設計済み。つまり、約30分の作業を1回行えば、かけ算マーケティングせどりの方法に、さらにかけ算で利益を増やせるというわけ。

せどりは労働力の限界と密接に結びつくビジネスモデルになってる。たしかにかけ算マーケティングせどりは効果的な方法だけど、それだけを素直にやっていたら限界がある。そこで、さらなるかけ算として、購入者にもっと商品を買ってもらう仕組みを付け加えた。

この仕組みは、かけ算マーケティングせどりの特典として付けたので、活用してほしい。イメージとしては、かけ算マーケティングせどり×もう1回かけ算というところなので、一気に加速できるはず。

かけ算マーケティングせどりをパワーアップさせる特典はこちらから




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



【Erika式】 韓国輸入バイブルのリスク

【Erika式】 韓国輸入バイブルをやっていく上でのリスクについて考えてみようと思う。マイナスの面も見ておかないと、足元をすくわれることになりかねないので。

まず、仕組みの部分なんだけど、これはイーベイを使う方法と変わらない。違うのは、イーベイはアメリカを中心に世界展開しているので、市場もライバルも多い。これに対し、【Erika式】 韓国輸入バイブルが担当する市場は狭い反面、ライバルが少ない。

この点が吉と出るか凶と出るかは、市場の分析次第。オイラの判断だと、イーベイを使った輸入・輸出ビジネスは日本人以外の参入が多い。韓国の場合は関与している人が少ないので、市場規模の小ささ以上にライバルが少ないと判断してる。

あとは国同士のいさかいとか、反感の問題だけど、ここはそこまで大きなリスクにはならないんじゃないかと。実際、こういう時でも韓国料理の店とか普通にあるわけだし、東京なら新大久保なんて韓国街になってるんだし。

ただ、利益率があまり高くないので、その点は注意が必要。利幅を大きくする方法は、オイラが特典を作ったので参考にしてほしい。【Erika式】 韓国輸入バイブルの独自特典はここで確認を




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



せどりの市場は飽和する?

「せどりって飽和するんじゃないですか?」
という質問メールをもらったので、
その回答を。


結論として言えば、
個別のブックオフの店舗とかなら
簡単に飽和する。

仕入れの対象となる商品は限られるので、
1回行けばしばらくは行ってもしょうがないし、
ライバルがいれば取り合いにもなる。


でも、市場全体としては飽和なんてありえない。

本とかゲームとかDVDって、
数千億の市場でしょ?

そんなの個人が参入したぐらいで
飽和するわけないじゃん。


普通に考えて、
個人が月に数万円とか数十万円稼いだぐらいで
どうこうなるような市場規模じゃない。

目先の商品だけに注目するから
飽和なんて意味のない不安が出るだけで、
冷静に考えればありえないから。



それだけ大きな市場規模なら
大企業がほうっておかないと思うかもしれないけど、
アマゾンから仕入れてヤフオクで売るとか、
そんな細かいこと大企業はしてられない。

彼らは大きな取引しないと
会社の業績上がらないわけだし。

企業の規模が邪魔になっちゃうわけ。

アマゾンとかツタヤのポジションじゃないと、
大企業は参入しないからね。

細かい差額なんて取ってられない。



だからこそ、せどりは個人のお小遣い稼ぎに
最適になってくる。

こんな小さい市場なんて
普通の企業は狙えないから。

仕入れも販売も小ロットだし、
個別に対応しなきゃいけないし。



逆に言えば、
せどりで大儲けっていうのは難しいんだけど。

月100万円とか稼げるのは
相当に特殊な人だと思う。

逆に月に数万円とかなら、
才能も大した努力も要らないけど。

10万円以上稼ぎたかったら、
それなりに作業時間は取らないと厳しい。


まあ、
それも効率良くしていけば
バイトとかするよりよっぽど稼げるけど。


強力な裏技も付けたので、
せどりを始めるならここからどうぞ



3つのコースがあるけど、
オイラのお勧めは「せどりキング2 MAX」。

これが一番コストパフォーマンスがいいし、
上位版の機能はあまり意味がないので。



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



せどりの利益を自動で増やす裏技

せどりは誰でもできる。

その反面、利益の額が小さくなりがち。


高く売れるものを安く仕入れるという
世の中の差額を埋めるだけなので、
これは仕方ない。


ただ、せどりに1つ仕組みを加えると、
一気に利益の金額が大きくなる。

これはオイラも昔せどりをやってた当時に
使ってた。

せどりを始めた友達にも
この裏技を教えて利益が一気に増えたと喜んでて、
こないだお礼に居酒屋でおごってくれた(笑)

稼いだお金の方がおごってもらった額より大きいと、
なんか安心というか、申し訳なさもないし
お互い気持ちいいよね。


さて、彼はいつまでサラリーマンを続けられるのだろう(笑)

稼ぎ始めると加速してくからね。

その先の稼ぎ方を知ってるオイラが近くにいるし。




それはそうと、
この仕組は最初に設定だけしてしまえば、
後はほとんど作業も発生しない。

それでいて利益が増えるとしたら・・・

当然やるしかない。


というか、
せどりだけをやってるって
すごくもったいない。

それじゃあ利益は小さいでしょ、という話で。


オイラの裏技は、
簡単に言えば他の商品も一緒に
買ってもらおうということなんだけど、
そのセールスは自分でしない。

プロにやってもらう。

しかも最初に2000円弱払うだけで。


商品の発送とかも要らない形なので、
仕組みだけ作っておけば、
あとは勝手にお金が入ってくる。

つまり、
せどりだけやってるのと同じ手間しか
かかってないことになる。


この裏技を使えば、極端な話、
仕入れと同じ額で売ったとしても、
全然OKということになる。

購入者が増えていけば、
それだけ裏技からの自動的な利益の額が
増えていくんだから。

そのおかげで、
普通なら見向きもしない低価格商品も
オイシイ商品に変わる。

低価格商品なら
簡単に購入者を獲得できるので。

あとは裏技で利益を出してしまえば、
万事うまくいくというわけ。




裏技の詳細は、
オイラからの購入特典で付けておく。

特典付きの購入はここから

3つのコースがあるけど、
オイラのお勧めは「せどりキング2 MAX」

ネットせどりのノウハウをこれで獲得して、
利益を上乗せする裏ワザを特典で得る。


これで一気に効率が上がるというわけ。

あとは仕入れのゴーサインが出た商品を買って、
出品してくだけ。

この辺のことは「せどりキング2 MAX」が
細かく教えてくれるので安心していい。



ちなみに、
裏技を実践するために必要な
仕組みを作る時間は1時間ぐらい。

これで強力な仕組みが完成しちゃう。



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



せどりが才能を必要としない理由

本やDVD、ゲームを安く仕入れて
高く売るのがせどり。

最近はブックオフとか言っても、
金額を調べて仕入れてる人を見たりする。

オイラも昔やってた時期があった。


ブックオフって
せどりやってるライバルがいたりすると、
なかなか稼ぎづらい。

基本的に仕入れる商品は一緒だし。


というのも、いくらで売れるかというのは、
過去のデータを見れば予測できるから。

これは専用のバーコードリーダーとかがあるので、
売れる額より安くで仕入れられれば稼げる。

使うシステムにもよるんだけど
たとえば、バーコードにかざすと
平均の売値が出てくる機械とかあるので、
これをブックオフの100円コーナーとかで
繰り返していくというわけ。



ブックオフの買取って
本の状態とかコミックとかの種別でしか見てないし、
棚に並べる時も本の価値とか調べてない。

なので高く売れる本とかが安くで売られてたりするわけ。



ただ、実際に店舗に行くのって面倒だし、
遠くまで足を伸ばせば交通費もかかる。

時間と労力をかけてブックオフとか回るより、
ネットで仕入れて、ネットで売るほうが
メリットが大きい。



というのも、まずは市場の大きさ。

アマゾンとかで仕入れてくれば、
圧倒的に大きな市場がある。

ブックオフ数軒とか回るよりも
効率が圧倒的にいい。


それに、ネット上ですべてを完結させれば
場所にとらわれることがない。

ブックオフが近くにないとか、
あっても規模が小さいとか、
そういう場合でも問題なく取り組める。


これは大きなメリットになる。



このネットせどりって、
たとえばアマゾンで安く買って、
ヤフオクで売るようなモデルになる。

しかも、どの商品なら利益が出るかも
これを使えば簡単に分かる。


「せどりキング2 MAX」で十分なので、
1番高いやつは要らない。



後は仕入れた商品を受け取って
売れた時に発送すればいいだけ。

多少の手間はかかるけど、
普通にバイトするより、はるかに効率がいい。


そして、特別な才能や能力は必要ない。

経営能力とか営業力とか要らないから。


ただ淡々と作業をするだけ。

これならサラリーマンが副業として取り組んだり、
学生がお小遣い稼ぎをするにも
うってつけになる。


ただ、普通にせどりをやっても
稼げる額はそんなに多くない。
(中には月100万以上の人もいるみたいだけど)

そこで、裏技を使ってせどりの利益を
一気に増やす方法を次のメールで伝えようと思う。





詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



せどりは究極じゃない稼ぎ方

楽して稼ぐことを追求していくと、
誰かに働いてもらうか、
お金に働いてもらうことに行き着く。


人を働かせるのは管理とか大変だし、
経営者なんて簡単にできるわけじゃないから
オイラはやりたくない。

というか、できないと思う。

サラリーマンもつとまらないのに、
経営者とかもっとハードル高いし。


なので、オイラの場合には
お金に働いてもらうのが基本になってる。

これが一番簡単だし、
ある程度余裕があるのであれば、
いくつかの方法を組み合わせて
リスクも分散できる。



ただ、資金が少なかったり、
そこまで覚悟が決まってないと辛いという話も聞く。

単純に不安が大きくて厳しいと。


そうなってくると、
ある程度自分で作業を行うなり、
人に任せるなりしなきゃいけない。


オイラの場合、
人の使い方を聞かれても答えられない。

何しろ、やってないし。

今後もやるつもりないから。



で、自分でやるなら何をするか?

もしもの話になってしまうけど、
オイラならせどりをする。

というか、以前はしてたんだけど。


せどりっていうのは、
ブックオフとかで本やCDを仕入れてきて、
ヤフオクとかで売る稼ぎ方。

ヤフオク等で何がいくらで売れるかを
調べるツールも出てるので、
それを使えば単純作業で稼いでいける。



で、何でせどりなのかというのは、
2つの前提がある。


まず、お金を働かせられないということは、
資金の余裕はない(もしくは心理的に抵抗がある)
ということになる。

そうなると、せどりは資金が数千円とかでも
仕入れができる。

タダで始められるわけじゃないけど、
まとまった資金は要らない。

自分の本とかを売るところからでも
始められるし。

これは微妙にせどりじゃないけど。



2つ目の前提はやってることが見えること。

スリーミニッツって、
結局は何が起こってるのか実感が持てない。

そこに不安を感じるのであれば、
はっきり流れを理解できる稼ぎ方がいいと思う。

せどりってシンプルな理屈だから、
この点にはかなってるし。


オイラも昔はやってみたことがあるけど、
たしかに稼ぐことができた。

単純労働になっちゃうから、
もっと効率がいい方法を見つけていく過程で
止めちゃったけど。




実は、オイラの友達がネットで稼ぎたいって言ってきて、
投資系とかは嫌だとか言うから、
せどりを勧めておいた。

彼も会社が終わってからの時間を使って
月に10万円近く稼げたらしいし、
今せどりを始めるなら、これを使っておくのがいいと思う。




あ、これって3つのコースがあるけど、
オイラのお勧めは「せどりキング2 MAX」

費用対効果を考えると、これが妥当かと。

わざわざ最上位版を買う必要はない。



せどりはあくまで労働型の稼ぎ方。

会社とかに行くよりはずっとマシだろうけど、
パソコンの前ですべてが完結するわけではないので、
念のため。

仕入れはパソコンで済ませられても
梱包とか発送の作業はあるので。



詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



おもちゃせどり/いまいちノウハウ

■教材概要■

本やゲームではなくおもちゃのせどりで稼ぐ方法を説明したマニュアル。

■販売者

古道和俊


感想

おもちゃのせどりはオイシイ?

おもちゃを安く仕入れ高く販売するのがおもちゃせどり。今までもせどりのマニュアルは多かったけど、本やCD、ゲームが多かった中、今回のノウハウはおもちゃに特化したもの。

なんだかおもちゃを扱うと聞くと、テンションが上がってしまうのはなぜだろう?

売る前にちょっと遊んでもいいかな?と思ってしまったり。

ただ、実際はパッケージの問題もあるし、おもちゃせどりマニュアルの内容を見ていると、それどころではない印象。おもちゃといっても高額で取引されるものもあるので、仕入れを間違えると大赤字になるし、安いものを仕入れていれば作業ばかりが増えて、結局安い時給で働いているだけになる。

おもちゃせどりも作業ベースなので、マニュアル通りにやるのはしんどい。正直、楽して稼ぐ方法と言うより、単純作業を何の疑問も持たずに続けられる人にしかできないというのが実感。

更に言うと、プレミアの付いた古いおもちゃは見た目がキレイじゃない場合もあるので、せどりの作業として開封したり、梱包したりするのが何だか気が重くなることも・・・。

総合得点

3ナマケ(10ナマケ中)

稼げる方法という意味で言えば、たしかに単純作業といくらかの初期投資(せどりの前段階としての仕入れのためのもの)ができれば、お金は入ってくる。

ただ、楽して効率的に稼ぐという観点からは、あまり高い評価はできない。

評価

夢を売っている感じはあるけど、おもちゃせどりマニュアルを読んでいると、そこにあるのは地道な作業の連続。しかも、発展性がないので、いつまでたっても単純労働から抜け出せない。

稼げるようになったとしても、いつまでモチベーションが続くかが問題になってくる。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



世界どこでもハウマッチのレビュー・評価

■教材概要■

海外からの仕入れを使ってネットショップを運営するためのマニュアル

■販売者

多田 優之


感想

正当だが面倒なネットショップ運営

「海外仕入れをショッピング感覚で楽しもう」という気楽なキャッチフレーズになっているものの、実際に世界どこでもハウマッチの内容を読んでみると、そんな楽なもんじゃない。

もちろん、それは悪い意味だけではないんだけど。何しろ、本当にショッピング感覚で仕入れなんかしてたら、破産への道まっしぐらだからね。ただ、実際に世界どこでもハウマッチを実践するのは、かなりキツイ。

まず、成功可能性という面で見ると、世界を相手に安全な仕入れをするには、どうしても割高になってしまう。割安で仕入れるには、だまされるリスクが高い。この点は、世界どこでもハウマッチでも解決されていない。

しかも、仮にうまくいくとしても、世界どこでもハウマッチでは海外からの商品の仕入れにお金が必要になるため、元手がないと厳しいうえ、商品をどこで保管するかも考えなきゃいけない。

当然、整理整頓なんてされていない怠け者の部屋では管理できず、何がどこにあるか分からなくなってしまうだろう。世界どこでもハウマッチの実践のために新しい部屋を借りるのは、さすがに無理がある。

内容として悪いわけではないけど、世界どこでもハウマッチに書かれている内容だけを実践しても、十分な収入を得られるネットショップはできないと思う。自分なりの工夫は必要だし、成功しても手間はかかる。

総合得点

5ナマケ(10ナマケ中)

正統派の教材ではあると思う。ただ、世界どこでもハウマッチに関しては手間や金銭的なリスクも少なくないので、このくらいの点数

評価

本格的に商売として取り組むのでなければ、手を出さないのが無難。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



せどリッチ for hobbyのレビュー・評価

■教材概要■

外出する必要もなく仕入れのできるせどりノウハウ

■販売者

株式会社カプセルZ


感想

せどり最強ノウハウ

これまでは、ブックオフ等で安く買ってきた商品をヤフオクやアマゾンに出すのが定番だったのが、せどリッチ for hobbyの場合、家にいるだけで作業を完結できるのが最大の特徴。

つまり、家から一歩も出ずにお金を稼ぐことができる。これは大きい。本当の意味で怠け者にできる方法とは、こういうことだと思う。せどりのためにブックオフで顔を覚えられたり、変な目で見られるのは嫌だから。

せどリッチ for hobbyのように自宅完結型のせどりなら、雨が降ろうが、寒かろうが暑かろうが関係ないし、わざわざ荷物を家に持ち帰る必要もない。自分はネット上で簡単な作業をするだけで、配送業者等が勝手に仕事を済ませてくれる。

こういうノウハウなら怠け者でも稼げる。今までのせどりは熱心な人じゃなきゃ稼げない上、近所にブックオフがなかったり、ライバルが近くに住んでいると不利になっていたけど、せどリッチ for hobbyではネット上が広くチャンスの場となるので、そうした心配もない。

せどりをこれから始めるのであれば、せどリッチ for hobby以外のノウハウを使う理由が現在のところ見つからない。

総合得点

8ナマケ(10ナマケ中)

せどりの中では、文句なしにダントツのノウハウと言える。怠け者でも、好きなときに稼げるのは大きい。

評価

これまでのノウハウの中でも、せどリッチ for hobbyはせどり系ノウハウの中でダントツ。ただし、在庫を抱えるため、部屋が散らかるリスクはある。また、最初に仕入れが発生するので、そこは覚悟しなくてはならない。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



せどりismのレビュー・評価

■教材概要■

せどりによって稼ぐためのお役立ちツール

■販売者

合同会社 ビジョン・プランニング


感想

せどりの決定的な問題点

ここでは、あくまで怠け者として、楽して稼げるかどうかを基準にしていることを考えてほしいんだけど、せどりという方法を使う場合には、せどりismに限らずに問題が生じる。

最初の問題は、住んでいる場所によって、状況が大きく異なること。たとえば、ブックオフを使うにも、近くになければ不便だし、せどりismを活かせない。

2点目の問題として、店に足を運ぶのが面倒。わざわざ外出しなくてはいけないので、せどりismがあればパソコンの前にいるだけで稼げるわけじゃない。

3点目に、ライバルが現れたら厳しいということ。ここでのライバルは、同じ商品の出品者ではなく、同じ地域でせどりを行う人のこと。単純な話、資源が枯渇しかねない。

最後に、見た目が厳しい。せどりismを使っている姿を見て、不審者のような扱いを受けかねない。これって、意外に続けていく上では大事なことだと思う。

総合得点

5ナマケ

内容として悪くはない。せどりismは稼げるんだろうけど、楽ではないという意味で、この結果。

評価

怠けていても稼げるか、という観点からはいまいちの結果。ただ、稼ぐノウハウとしては悪くないので、上記の問題点が気にならなければ、試す価値あり。




詳細はここで確認を!
メールアドレス
(必須)



« 前のカテゴリ  |  次のカテゴリ »
 
外貨MMF